MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うま大型キンメダイをジグで攻略!南伊豆沖 秋の陣開幕中!

激うま大型キンメダイをジグで攻略!南伊豆沖 秋の陣開幕中!

新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!

激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?

潮の流れば落ち着いた秋からキンメゲームが本格化

夏が終わり、潮が落ちいてくる日が多くなれば新島沖のキンメゲームの本格シーズンの到来だ。

9月下旬の同船取材でも、素直な潮に恵まれたこともあって、トップ4枚と爆発力こそもうひとつながらも船中全員安打を達成。
 
2㎏アップの大型、しかも食味抜群のキンメが狙えるとあってスタートするアングラーが増えつつある新島沖のキンメゲーム。

しかし、挑戦を考えるアングラーにとって、最初の壁となるのがタックルの準備だろう。

流用が可能なものもあるが、そもそも深場のジギングが初めてという人は専用に揃えるものが多い。

そこで、まずは基本タックルの全体像を紹介していこう。

ベースはスローピッチジャークジギング、ベイトタックルとなる。
 
最重要はラインの選択。

一般的なPEラインでは編み込み形状による伸びのため、アタリや底取りが分かりにくくなってしまう。

そこで、単糸構造で伸びが極めて少ないファイヤーラインや伸度の低い最先端のPEラインを選択して挑みたい。

2号を1000m以上、たっぷり巻き込んでおく。
 
ショックリーダーは根掛かり対策を目的とした逆テーパー仕様が主流。

10号の先端に5~6号をセット、というスタイルだ。

これなら根掛かりした場合、メインラインを失うことなくジグ付近だけをロストするだけで済む。
 
ロッドは500~1000gといったヘビージグを扱えるものをセレクトする。

スローピッチ用ロッドのなかで最もヘビーなものから選ぶとよい。

派手にシャクるわけではないので、硬めの青物用ロッドでも釣りは成立する。
 
リールは堅牢なジギング用大型ベイトリールを使う。

選択肢はそれほど多くはないが、ブルーヘブン、オシアジガー、マーフィックスなどが人気だ。

リールの性能の良し悪しは、特に回収の疲労度に直結する。

吟味したいところだ。

体力に自信がない人はノーマル、パワーギアを選ぶのがおすすめ。

体力自慢はハイギアを選択してグイグイ回収するのも手だ。

使用ジグのウエイト目安は600~1000g強。

メインウエイトは800gといったところだ。

スローピッチ用ジグのなかからセレクトするとよい。

タイプによってアクションが異なるので、形状の違うものを意識的に分けて揃えておくとよい。
 
フックは前後に2本セットするスタイルが基本。

細軸タイプの2/0~3/0サイズを使用する。

根掛かりが多発するようなら、フックポイントをペンチでネムらせるとリスクを軽減できる。

使用ジグのウエイト目安は600~1000g強。メインウエイトは800g

まずはジグをしっかりと着底させ、リフト&フォールで探る

攻略の基本はジグをしっかり着底させること。

まずはこれが重要な第一歩だ。

浅場では簡単だが、深場を狙うキンメゲームでは難しいことも多い。
 
この釣りでよく耳にする「潮が悪い」、ということは二枚、三枚潮が複雑で底取りが難しかったり、潮が速すぎたりすること。

こうした状況下になればなるほど、アングラーの腕の差が出てくる。着底させることができなければキンメはまず釣れない。

そのため、まずはジグを着底させることに集中したい。
 
対応策としては、しっかり糸フケを取ることが挙げられる。

フォール中は必要に応じてサミング、不要なラインの放出を抑制する。
 
着底したと思っても、二度三度、底の取り直しをすることが基本。

これで糸フケを取り、確実な着底につなげるためだ。
 
神経を集中して以上を行っていても底が取りにくい、1回は取れたけれど2回目以降はジグが行方不明…、となることも珍しくない。

こうなれば、ジグをチェンジ。ウエイトをアップする。
 
近年は状況次第で600~800g程度からスタートし、水深や潮の速さに応じてウエイトアップしていくアングラーが多いようだ。

1.3㎏くらいまでのジグを用意しているアングラーも少なくない。

状況に応じてウエイトアップしていけば底取りがしやすくなるはずだ。
 
メインラインを細くする、という方法も底を取りやすくする一案だが、あまりおすすめは出来ない。

「1号とか1.2号と思われるラインが海底で林のように伸びているときがあるんですよね。絡まることも結構あって、ラインが傷むし重いし、キンメを掛けてから絡むとバラシの原因にもなるんです。あまり細くするのは考え物ですよ」とは、あるベテランアングラーの弁。
 
1号、1.2号では少しのトラブルでブレイクする。

とくに劣化していれば一瞬で切れてしまう。

釣行ごとにラインを新品にすることは難しいだろう。

メインラインは2号と定め、そのなかで対応を考えるほうが良策かも知れない。

環境への負担も考慮し、むやみにラインを細くすることは控えたほうがよいだろう。
 
底が取れれば、釣りが成立する。

海底ベタベタから、ときには30mくらい上までをリフト&フォールで探る、というのが定番パターン。

大きくロッドを振ったほうがいいとき、おとなしめに振ったほうがいいときなど、状況次第だ。

根掛かりには要注意だが、恐れ過ぎては釣果はついてこない。この駆け引きが面白さでもある。
 
しっかり魚信を感じることが出来れば巻きアワセで対応する。

よく分からないときも巻きアワセで確認するとよい。

とくに慣れないうちは空撃ちを繰り返し、感覚的な重みを覚えていくしかないだろう。
 
やり取りは一定の速度でゆっくり巻き上げてくることを意識する。

そのために船の上下に合わせて巻く速度を調節、船が波で持ち上げられたときはドラグが滑ってラインを放出、口切れ、身切れを防ぐことができる程度に調節しておくとよい。

やり取り中のバラシも多い釣りなので、丁寧に貴重な一枚をキャッチにつなげるように巻き上げることが大切だ。

もちろん、最後はタモ取りで終わらせること。

キンメはハリが外れたら泳いで行ってしまうことをお忘れなく。

南伊豆沖キンメダイゲーム 釣行レポート

激うま大型キンメダイを狙い撃ち!ディープスロージギングゲーム 秋の陣開幕中!

新島キンメ用に作られているNS-ASROC。一部のショップでも入手可能だ

暗い中での第一投。ヒット率が高いので気合を入れて臨みたい

船は方弦釣り。オマツリは少ない

土砂降りの中、見事にキャッチ!これも立派な新島サイズ

船を回している間に準備を万端に整え、合図を待つのが大切だ

キンメが反応を示すジャークパターンはその日、そのときによって変化する

この笑顔がキンメジギングの楽しさを物語る!?

サイズに限らず、丁寧にネットで掬うのが基本だ

なんでオレは小さいの?と苦笑。新島沖のキンメ用ジグ、NSーASROCをプロデュースする酒井孝幸さん

朝イチヒット&バラシの悔しさを最後に晴らした!

これもナイスサイズ!貴重な1本をキャッチできれば報われる!?

付いているかな、付いていると思うんだけどな?このやり取りが醍醐味だ

回収のキツさを軽減する、お手製の専用回収器。凄い!

ラストを飾った2㎏オーバー!これぞ新島キンメという迫力だ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」

「9月の間はやっぱり潮が悪い日が多くてね。だんだん良くなって来てはいるからどうかな?」
良さそうな? いまひとつのような? そんな近況を教えてくれたのは南伊豆弓ヶ浜、「惠丸」の良川福一船長だ。

一般的な釣り物ならいざ知らず、ディープウォーターを狙うキンメのジギングは、行ってみなければ、ジグを落としてみなければ分からない、というのが本音でもある。

だからこそ、マニアなアングラーは釣況に関わらず、率先して予約を入れるのだ。

とはいえ黒潮の影響を受けやすいため、潮が速く複雑になることが多い夏場はオフシーズン、となるのが基本。

これからが期待の時期なのだ。

取材日は腕達者が揃ったチャーター船に便乗させていただいた。

海上は予報に反し風が強く、スポット的には潮波も高い状況。

しかし、キンメからの反応は思いのほか良かった。

水深300mから落ち込む、比較的浅めのポイントで一日の釣りを完結できた。

移動が少ないこともあって投入回数も伸びた。

結果、全員安打のハッピー釣果。

サイズは特大こそ出なかったが、十分満足できる2㎏クラスもちらほら。

新島沖のキンメゲームとしては十分満足できる結果、と言えるだろう。

これも釣果情報に依らず、積極的にチャレンジした結果。

好機に突入した新島沖のキンメゲーム、挑戦してはいかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2020年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!
東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
最新記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル