MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

鹿島沖は茨城県内でもとくにヒラメが集まる条件が整っているという。平坦な海底にツブ根、砂礫帯、ジャリ場、泥場などヒラメが生息しやすい環境が広範囲にわたってあるのだ。ポイントに入るとヒラメが何層にもなって重なってじゅうたんのようになっているというのだ!

perm_media 《画像ギャラリー》爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

掛かったヒラメは水面でタモ網は使わず、ほとんどが抜き上げて、手返しの早さで数を伸ばすほど、カレイのような釣れっぷり

この日の最大はなんと5.5㎏。6㎏8㎏といった大ビラメも連日キャッチ中だ。

全員キャッチは当たり前。この日はほとんどの釣り人がツ抜けして、エサがなくなり早揚がり。

2㎏級が来た!!

良型キャッチにホクホク笑顔。

常連の山田さんは数釣り王。この日も19枚のヒラメを上げた。今こんな日もザラだと言う。今季最高は29枚!

夜明け前からヒラメラッシュ! 暗いうちは水中ランプ使用がオススメ。

4人同時ヒット中!!!!

まるで高活性時のカレイのように釣れさかる鹿島沖のヒラメ。掛かりどころがよければ、抜き上げオッケー。「タモ網すくいが間に合いませんよ。抜き上げてもらうと助かります!」とは若船長。

大船長もタモ網入れに大忙し。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「大久丸」。

11月に茨城県内ではトップを切って部分解禁した鹿島沖のヒラメ釣り。予想通り、開幕直後からヒラメは荒食い。海底はまるでヒラメのじゅうたんになっているのではないかと、思われるようなシーンがいたるところで見られた。12月1日には、いよいよ茨城海域ヒラメ全面解禁。さらなる好況が予想される。
「実は昨年から鹿島沖にはヒラメが沸いているんだ。うちはヒラメの刺し網漁をやっているからね。ヒラメがどこにいるかが分かっている。だから、ヒラメは釣れるんだよ」とは、ヒラメ釣りを最も得意とする鹿島港「大久丸」の大船長の大川久明さん。息子の若船長、勝久さんとの二人三脚で漁と遊漁船を切り盛りしている。
「船宿と常連さんたちとのアットホームさにどっぷりハマッテしまって……」とは、泊り掛けで連日通いつめる常連の山田さんの弁。彼はこの日19枚のヒラメをあげた。掛かったヒラメは水面でタモ網は使わず、ほとんど抜き上げて手返しの早さで数を伸ばすほど、カレイのような釣れっぷりなのだ。
ヒラメの爆釣をまだ体験していない人は、チャンスはこれからたくさんある。全面解禁に合わせてこの機会にぜひ釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル