MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

爆釣ヒラメ史上最強シーズン継続中! 全面解禁に備えろ!【鹿島沖】

鹿島沖は茨城県内でもとくにヒラメが集まる条件が整っているという。平坦な海底にツブ根、砂礫帯、ジャリ場、泥場などヒラメが生息しやすい環境が広範囲にわたってあるのだ。ポイントに入るとヒラメが何層にもなって重なってじゅうたんのようになっているというのだ!

掛かったヒラメは水面でタモ網は使わず、ほとんどが抜き上げて、手返しの早さで数を伸ばすほど、カレイのような釣れっぷり

この日の最大はなんと5.5㎏。6㎏8㎏といった大ビラメも連日キャッチ中だ。

全員キャッチは当たり前。この日はほとんどの釣り人がツ抜けして、エサがなくなり早揚がり。

2㎏級が来た!!

良型キャッチにホクホク笑顔。

常連の山田さんは数釣り王。この日も19枚のヒラメを上げた。今こんな日もザラだと言う。今季最高は29枚!

夜明け前からヒラメラッシュ! 暗いうちは水中ランプ使用がオススメ。

4人同時ヒット中!!!!

まるで高活性時のカレイのように釣れさかる鹿島沖のヒラメ。掛かりどころがよければ、抜き上げオッケー。「タモ網すくいが間に合いませんよ。抜き上げてもらうと助かります!」とは若船長。

大船長もタモ網入れに大忙し。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「大久丸」。

11月に茨城県内ではトップを切って部分解禁した鹿島沖のヒラメ釣り。予想通り、開幕直後からヒラメは荒食い。海底はまるでヒラメのじゅうたんになっているのではないかと、思われるようなシーンがいたるところで見られた。12月1日には、いよいよ茨城海域ヒラメ全面解禁。さらなる好況が予想される。
「実は昨年から鹿島沖にはヒラメが沸いているんだ。うちはヒラメの刺し網漁をやっているからね。ヒラメがどこにいるかが分かっている。だから、ヒラメは釣れるんだよ」とは、ヒラメ釣りを最も得意とする鹿島港「大久丸」の大船長の大川久明さん。息子の若船長、勝久さんとの二人三脚で漁と遊漁船を切り盛りしている。
「船宿と常連さんたちとのアットホームさにどっぷりハマッテしまって……」とは、泊り掛けで連日通いつめる常連の山田さんの弁。彼はこの日19枚のヒラメをあげた。掛かったヒラメは水面でタモ網は使わず、ほとんど抜き上げて手返しの早さで数を伸ばすほど、カレイのような釣れっぷりなのだ。
ヒラメの爆釣をまだ体験していない人は、チャンスはこれからたくさんある。全面解禁に合わせてこの機会にぜひ釣行していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
最新記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
ジグに装着するだけで簡単にサビキ釣りができるジグ専用サビキ「快適ジギングサビキ」
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読