MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激アツ沖五目!本命大アラ&オキメバル!新潟 間瀬沖~佐渡島沖

激アツ沖五目!本命大アラ&オキメバル!新潟 間瀬沖~佐渡島沖

新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!

反応で釣らせる大アラ釣りは太&ショートハリスで攻略!脂ノリノリオキメバルは高活性鈴なりでお土産バッチリ!

秋は大アラ&オキメバル シーズン。マダラも

新潟市内に位置する間瀬港。この近くにサーキット場があることで知られるが、ここの沖は中深場釣りでさまざまなターゲットが狙える。

高級魚のアラを筆頭にオキメバル、マダラ、マゾイなどうまい魚が目白押しだ。

そんな魚たちを確実に釣らせてくれるのが間瀬港「光海丸」の小林聡船長だ。

「秋はいろんな魚が狙えます。中深場釣りのメインは佐渡島沖になりますが、みなさんの目当てはアラ。そのアラは時合と反応で狙いますので、それ以外の魚、オキメバルやマダラはおもにポイント釣りします。みんなシーズンなので凪ぎなら出船しますよ」と船長は話す。

アラとオキメバルはオールシーズン。

マダラもオールシーズンだが、これからは白子が魅力。

アラもオキメバルも脂がのっていて絶品だという。

独自の釣法で大アラを釣り当てる小林船長

多くの船長たちは、アラ釣りにおいては、実績のあるポイントを重点的に攻める方法をとっている。

だが、小林船長はちょっと船の流し方が独特だという。

「アラはフィッシュイーターですからね。ベイトの反応をみてピンポイントでアラを迎撃してます。おもに、今の季節のアラのベイトはネギスであることが多いです。この魚は漁でも取れるようです。足が早い魚なので市場取引はないようですが、食べると脂がたっぷりとあるようです。そんなヤツを捕食してるから、アラの身もおいしくなるわけですよ」

当日も小林船長は、「ハイ。どうぞ。この反応は激アツですよ!」とアナウンスしたとたん、アラがヒット。

釣れない人たちもエサを抜かれたり、エサを食いちぎられたりとさまざま。

それらみなアラの仕業だという。

ベイト反応をみながら投入指示を出すというやり方は、小林船長の独特な操船法。

そのため、実際の釣り方も独特だ。

なにせ、実績が論より証拠。

釣り座に関係なく誰にでも平等にヒットチャンスがあるというのもうれしい。

オモリは200号。仕掛けは船宿オリジナルが一番

「光海丸」のアラ・マダラ仕掛けはオリジナルだ。

ハリスがナイロン18号50㎝というのが特徴だ。

「マシュマロボールやパイプなどをたくさん着けた仕掛けを作ってきた人にはまずアタリが少ないですね。うちのオリジナルはハリスが太すぎるし、短すぎるのではないか?とよく言われますが、これにはちゃんと理由があります。まずはハリスの太さ。アラがヒットするとエラの鋭い棘がハリスに接して切られることがよくあります。その対策です。この棘や背びれや尻びれなどの棘には十分に注意してください。刺されたりしたらかなり痛いですから。50㎝というのは手前マツリ回避とエサが確実に動く長さ。潮の流れが緩い日本海ではロングハリスは必要ありません」とのこと。

オモリは200号を使用。タックルはそれに合わせたものをチョイス。

地元では3~4mのロングロッドがサビキの捌きやすさで昔からの定番になっているが、長さ2m前後の7対3調子ほどの中深場用でもよい。

電動リールはシマノ社製なら3000番、ダイワ社製なら500番が最適。

道糸はPE4号を300m以上収納させよう。

エサは冷凍マイワシの1匹付けに敵うものはない

間瀬沖のアラのエサは、冷凍マイワシの1匹付けが最強だと、小林船長は話す。

「アラのベイトはイワシだったり、ネギスだったりします。だから、冷凍イワシがダントツで食いがいいんだと思います。サバの切り身とかさまざまなエサを試しましたが、イワシに敵うものはありませんよ」

ハリ付けはこのイワシを外れないように下アゴから上アゴの硬い部分にハリ先を貫かせる。

大アラ狙いの特エサはこの冷凍イワシ

ベイトであるネギスを食いちぎったアラ。こんなふうにエサががってくることが多い

船長の合図と同時に素早い投入を心がける

さて、釣り方だが、これが大変シンプルなもの。

まずは、船長の合図と同時に素早く仕掛けを投入する。

「カンパチの泳がせ釣りや追っかけアジ釣りと同じで反応をみて投入合図を出していますから、合図と同時に素早く仕掛けを入れることが大事です」

オモリが底に着いたら糸フケをとり、オモリを底から50㎝あげる。

それがタナだ。

これからは放置プレー。

置き竿にしていっさい竿に触れないようにする。

オモリが底を叩くようならリールを1回転ほど巻くのみでいい。

「頻繁にタナ取りする人ほどまずアタリはないですね。タナをとったら放置ですよ。放置!」

何十本も大アラをとっている小林船長がたどり着いた釣法がこの放置釣法だという。

迷わず船長の言葉を信じ、置き竿にしよう。

アワセは鋭くシャープに引っ掛けるように50㎝上げる

「竿先に何か変化がでたら、置き竿のままでいいのでアワセてください」

そのアワセ法は、大きくシャクリアワセる電撃フッキングではなく、竿先を約50㎝ほど、鋭くシャープに引っ掛けるようにアワセるのみ。

「どうしてこんなアワセ方をするかというと、仕掛けのハリスが50㎝と短いからですよ。それにアラはフィッシュイーター。アタリが出たあとにはほとんど一瞬でエサを飲み込んだあとですよ。だから、すぐにこのショートアワセをします。また、アラはアワセないとハリがなかなかフッキングしない口の形をしてますから。ヒットしなければ、そのまま待つか、回収してエサチェックします」

アラが食い損じたエサの状態を見ると、頭部だけ残し胴体を引きちぎられることが多いという。

そんなエサがあがってきたら、間違いなくアラはいるという。

ヒットしたらやり取りは強引くらいでオーケー

アワセ後、フッキングが成功すると、強烈なトルクでアラは引く。

強めのドラグでファーストランに耐えたら、多少強引気味のやり取りで回収を試みよう。

のんびりとさらに細目のハリスでやり取りしているとかなりの確率でエラの棘でハリスを切られることになるという。

オキメバル仕掛けは最低でもハリス5号の専用サビキを

さて、オキメバルの仕掛けだがこの海域の一般的なものは、ハリス3号ムツバリ10本の胴付き仕掛けだが、「光海丸」ではまず、ハリスは最低でもハリス5号以上のものを使う。

張りのある太目のハリスを使うことによりメバルが吸い込みやすいハリスの角度が細いハリスと比べ長い時間保たれるののも食いがいい理由。

エサは、ホタルイカ。

船長に事前に申し込むと鮮度抜群のホタルイカを購入可能だ。

メバルのエサは潮が濁っているときはホタルイカ、澄んでいるときはサバも切り身が基準で秋はどちらでもよい。

ホタルイカは、ツボ抜きしてゲソをハサミで短くカットし、ハリを口から刺し入れハリ先を目と目の間から出す。

サバエサは、できるだけ身をそぎ落し皮だけにして、水中でナチュラルにフォールするようにする。

吸い込みやすいように幅は5㎜と細めで長さは3~5㎝ほどがよい。

メバルのエサはホタルイカゲソ

底から1mオモリをあげたら 誘わない。そのまま待つ

釣り方だが、このオキメバルもアラと同じくちょっと独特だ。

「オモリが底に着いたらすぐに1mあげてください。そこからそのまま静かに待ってください。けして、竿を動かす誘いをしないでください。そのまま、置き竿でいいです」

アタリが出てもそのままにして待つ。

1匹がヒットするとそれにつられて他のメバルたちも活性があがり追い食いするからだ。

小林船長のアドバイスとおり竿を動かしたくなるのをじっとこらえて、静かに待つのがこのオキメバルの釣り方なのだ。

新潟県 間瀬沖~佐渡島沖 大アラ~オキメバル 沖五目 釣行レポート

高級魚のアラが浮上した瞬間は船上に歓声が響きわたる

ベイトの反応を見ながら水中の様子を探る小林聡船長から「アラが来ますよ!チャンスですよ」のアナウンスの直後、ヒットしたこの高級魚アラ

良型のマゾイも常連ゲスト

ムシガレイはアラ釣りでよく釣れる。専門に狙うと束超えしてしまうという

良型多点掛けを目指せ!!

地元アングラーはメバル専用のロングロッドが主流。もちろんショートロッドも使える

まだ水温が高い佐渡島海域。ブルーの海中からメバルがぞろぞろと浮上中

こんな良型がハリの数だけヒット。ここではメバル釣りパラダイスを体感可能だ

サイズもかなりいい。「光海丸」ではこの良型をメインに狙っている

サビキのハリにパーフェクトにヒット!こんな感じで釣れ続く

オキメバルのポイントは佐渡島沖。脂がたっぷりのった個体が多かった

大型クーラー満タンがザラ!

沖五目は大型クーラー必携。たいてい満タンになる

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」

日本海の超高級魚、アラ。この魚を大本命にして、しかも、さまざまな高級魚がザックザックという贅沢なメニューが新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合だ。
 
新潟県のおさかなくんとも呼ばれている小林聡船長は、「幻といわれているアラは、フィッシュイーターですから、ベイトの反応をみてアラを仕留めるようにしています。ポイント釣りと反応の釣りの2種があってそれを時合に使い分けているんです」と、過去何十本もの大アラを釣り上げている彼が話す。

このアラ釣りを本命にして、オキメバルやマゾイ、ときにはマダラを状況に応じて専門に狙うというのが沖五目のスタイルだ。

オキメバルはコンスタントにヒットする場面が多く、お土産にはもってこいだ。

「アラは初夏と秋、オキメバルは冬と春がシーズンというイメージがありますが、どちらもほぼ周年狙えます。だから、沖五目釣りは周年楽しめますよ」とのことで、海さえ凪ぎれば出港可能という。
 
ポイントは港の真沖から佐渡島周りほぼ全域。

さまざまな許可を取得し佐渡島遠征釣りが可能になっている。

「エサ釣りだけでなく、うちではスロージギングも人気です。エサと同船ですが、この海域には未知なところも多いので、みんなでいろんなお魚を釣ってください」とのこと。

エサ釣りはレンタルタックルも充実しているので、「光海丸」の沖五目に興味ある人はぜひ、気軽に乗船してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2020年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
平塚港「庄治郎丸」LTアマダイ船では、開幕から50㎝オーバーの大型まじりで度々好釣果を記録。シロアマダイも5日連続でゲット!一日で2匹取り込まれることも何度か!
最新記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル