MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年も来た!東京湾奥のサワラ祭り!秋の爆釣ゲーム!

今年も来た!東京湾奥のサワラ祭り!秋の爆釣ゲーム!

東京湾奥のサワラゲームがアツい!今年も来た!湾奥のサワラ祭り!レンジ・アクション・スピードを使い分け、激ウマのターゲットを捕獲しよう!!

perm_media 《画像ギャラリー》今年も来た!東京湾奥のサワラ祭り!秋の爆釣ゲーム!の画像をチェック! navigate_next

東京湾奥サワラゲーム!釣行レポート

タックルは7ft前後でML級のシーバスタックルが最適。小峯翔太船長は、テンリュウ/ベイブレイズシリーズを愛用。「ガイドが大きめだからノットのガイド抜けがいいよ」。リールは4000~C5000のハイギア、ラインはPE1.2〜1.5号がベスト

ジャークで使う12~14㎝のミノー=「ジャークベイト」に重めのシンキングペンシル、ヘビーシンキングミノーがサワラゲームの3本柱。適時適所のルアーローテで獲るのが「小峯丸」のスタイルだ

解放感抜群のキャスティングゲーム!

当日のポイントは寒川港からすぐの幕張沖~稲毛沖。ポイントの各所でサワラがイワシを追い上げるナブラが見られた。朝マズメのオープンエリアは、解放感抜群!

「小峯丸」はキャスティングゲームの面白さにこだわるから、片舷限定のによる出船。どの釣り座からもオーバーヘッドキャストが可能なのだ

東京湾奥の岸近くのポイントで1mを超えるサワラが出るのが秋の釣り。イワシを飽食して食味も抜群。前日は4.8㎏が2本出ている

「つり丸」読者の俵谷賢さんは、目黒区大岡山で日本料理店「一祥」を営む料理人。朝マズメにしっかり食材?を確保。ヒットルアーはサイレントアサシン120F

初挑戦のバスアングラーに当日最大の4.1㎏がヒット!

船中第一号は、「海のルアーは、この日が初めて」という塩田さん(千葉市)。バス釣りの経験はあるものの、「こんなに大きな魚は初めてです。凄い引きで、まだ手が震えてます(笑)」。獲物は血抜き後でも4.1㎏。ヒットルアーは、ピンテールサゴシチューン

ロケ当日のクライマックス!

ナブラや跳ねにこだわらず、ルアーのレンジ・アクション・スピードを使い分けバイトを引き出すのが「小峯丸」のスタイル。常連の落合さん(江東区)は、その手本を見せてサワラと3㎏弱のサンパクを連続ヒットで見せ場を作ってくれた

翔太船長のフェイバリットルアー。赤金、クリア、シルバーの3色は絶対に外せないカラーだとか

落合さんのサワラはブローウィン140S。

その直後に、同じ潮目でピンテールサゴシチューンにてレンジを下げサンパクを仕留めて、ルアーローテの見本を見せてくれた

イワシの反応にぶつかればシーバスが入れ食いになることも。

これをリトリーブスピードで食わせないこともサワラに近づくテクニック

ヘビーシンキングミノーに食ってきた珍客のトラフグ。2㎏を超える大型だったので、釣った人は専門店へ直行した

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川「小峯丸」

いまや東京湾奥の新名物と化した秋のサワラゲーム。

若魚のサゴシではなく、1m超のサワラが狙って釣れるのは、じつは全国でもかなり珍しいことだそうだ。

東京湾で最初に「ルアーの乗合船」を出してくれた千葉寒川港「小峯丸」では、サワラの回遊が始まったころから、この釣りの確立に力を入れ、独自のスタイルを確立している。

「簡単に釣れるナブラを船で追いかけすぎるのは、魚が沈んで逆効果。たしかに、ナブラにルアーが届けば釣れるけど、潮目やイワシの反応がある周りにもサワラはいるからね。これをルアーの使い分けで食わせるのが、最高に面白いんだよ」とは小峯翔太船長。

人気のサワラが湾奥で釣れ出せば、大小の釣り船が入り乱れてこれを追うが、翔太船長は、船のプレッシャーを下げるために、あえてエンジンを切って流すことさえある。

そのかいもあって、初挑戦の2人も含めて(一人は貸し竿!)3~4㎏サワラにサンパク。

同じく盛期に入ったシーバスは、イワシの反応を釣れば無数にヒットして湾奥の秋を満喫できた。

「サワラは、神経締めまでやってから食べると別物。炙りや刺身で食べられるのは釣り人の特権だよ」。

もう、次の休みは、湾奥のサワラゲームで決まりだ!

以上の記事は「つり丸」2020年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル