MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

運を試さなくてもバッチリ釣れる! 実質はマダイ五目&アマダイの豪華リレー釣利。おいしい高級魚でクーラー満タン!!

マダイ五目は怒涛の連続ヒット! アマダイ狙いは49㎝のデカアマダイを筆頭に、トップ4匹、船中15匹で大満足!

キロクラスのマダイを連続キャッチ成功!

これはうれしい超がつくほどの高級魚イシダイ。

イナダとフエフキ。温暖化の影響か、南方系のフエフキが今年は多い。メチャメチャおいしい高級魚だ。

アジやイトヨリなど食べておいしい魚ばかり!

編集タキ、一投目でアマダイをゲット!

49㎝! マダイは葉山沖水深40~80m、アマダイは水深80~100mを狙う。どちらもオモリは80号だ。

編集タキのクーラー。マダイ、アマダイ、イナダ2本、アジ5匹。十分すぎる釣果でした!

ひと流し目から本命! この魚を皮切りに、五目らしいいろんな魚が次々とヒットした。

マダイ用のムーチングロッドでなければならないということはない。ミヨシで比較的硬めの竿を使って釣っていた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」。

「ウチはお客さんにとにかく楽しんでもらいたい! というコンセプトでやっています。マダイを一日狙っていると、必ず釣れない時間帯があるので、その時間をウチはリレー形式で、今はアマダイを狙っています」と話すのは、葉山あぶずり港「秀吉丸」小川敦船長。つまり、釣り物の名目は「マダイ五目」なのだが、実質はマダイ五目“プラスアルファ”のアマダイリレー船というのが「秀吉丸」のマダイ五目なのだ。
まずはメインのマダイ五目へ。
「クソ・ションベン(汚い表現ですみません!)は後にして、時合は短いですから釣れるときに集中して釣ってください!」と小川船長の檄が飛ぶ。
その言葉通り第一投目からマダイが顔を出し、投入ごとにイシダイ、高級魚フエフキ、まん丸イナダなどおいしい魚たちが怒涛の連続ヒット!
そしてお次は今年絶好調のアマダイ狙いへ。49㎝のデカアマダイを筆頭に、トップ4匹、船中15匹で大満足!
宴会やホームパーティーの多い季節、おいしい魚をたくさん釣るなら、この豪華リレーは絶対にオススメです!

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!
アフターコロナのある日、釣り好き女子三人が金沢八景「忠彦丸」でLTアジ釣り女子会を開催!感染防止、船上のマナーについて話を聞いた。
ライトタックルで臨む!外房・大原沖のイサキ&シマアジリレー船!ポイントの水深は大原沖10〜20mと超浅場!誘い方の違いで釣り分けけよう!
ビッグワンが期待できる乗っ込み期のマダイ!日立久慈沖では、これからひとつテンヤ釣法での乗っ込み本番を迎えようとしている。当地ならではのテンヤマダイの攻略法を紹介しよう。
最新記事
泳がせ、キハダのマストアイテム電動リールがさらにパワーアップ 「フォースマスター6000」
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
4月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”!今期のカンパチの状態はすこぶるよく、下田「龍正丸」ではイカorムロ泳がせで良型カンパチが絶好調だ!
あらゆるライトゲームに活躍。スプールがワンタッチ交換可能な小型電動リール「エラン SW DENDO 150PH」
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読