MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

マダイ五目&アマダイの豪華リレー釣り!【相模湾・葉山沖】

運を試さなくてもバッチリ釣れる! 実質はマダイ五目&アマダイの豪華リレー釣利。おいしい高級魚でクーラー満タン!!

マダイ五目は怒涛の連続ヒット! アマダイ狙いは49㎝のデカアマダイを筆頭に、トップ4匹、船中15匹で大満足!

キロクラスのマダイを連続キャッチ成功!

これはうれしい超がつくほどの高級魚イシダイ。

イナダとフエフキ。温暖化の影響か、南方系のフエフキが今年は多い。メチャメチャおいしい高級魚だ。

アジやイトヨリなど食べておいしい魚ばかり!

編集タキ、一投目でアマダイをゲット!

49㎝! マダイは葉山沖水深40~80m、アマダイは水深80~100mを狙う。どちらもオモリは80号だ。

編集タキのクーラー。マダイ、アマダイ、イナダ2本、アジ5匹。十分すぎる釣果でした!

ひと流し目から本命! この魚を皮切りに、五目らしいいろんな魚が次々とヒットした。

マダイ用のムーチングロッドでなければならないということはない。ミヨシで比較的硬めの竿を使って釣っていた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」。

「ウチはお客さんにとにかく楽しんでもらいたい! というコンセプトでやっています。マダイを一日狙っていると、必ず釣れない時間帯があるので、その時間をウチはリレー形式で、今はアマダイを狙っています」と話すのは、葉山あぶずり港「秀吉丸」小川敦船長。つまり、釣り物の名目は「マダイ五目」なのだが、実質はマダイ五目“プラスアルファ”のアマダイリレー船というのが「秀吉丸」のマダイ五目なのだ。
まずはメインのマダイ五目へ。
「クソ・ションベン(汚い表現ですみません!)は後にして、時合は短いですから釣れるときに集中して釣ってください!」と小川船長の檄が飛ぶ。
その言葉通り第一投目からマダイが顔を出し、投入ごとにイシダイ、高級魚フエフキ、まん丸イナダなどおいしい魚たちが怒涛の連続ヒット!
そしてお次は今年絶好調のアマダイ狙いへ。49㎝のデカアマダイを筆頭に、トップ4匹、船中15匹で大満足!
宴会やホームパーティーの多い季節、おいしい魚をたくさん釣るなら、この豪華リレーは絶対にオススメです!

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読