MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ショウサイ&アカメ 両方狙えて型もいい!東京湾フグ連発中!

ショウサイ&アカメ 両方狙えて型もいい!東京湾フグ連発中!

東京湾のフグ釣り〝湾フグ〟が好シーズン!!金沢八景「野毛屋」では、ショウサイフグとアカメフグの両狙いで好釣果を連発中!トラもまじって美味フグアラカルトだ!

美味しいフグ2魚種プラス1!! さらに高級ゲストでお土産いっぱい

一年を通しフグ乗合を出船させている金沢八景の「野毛屋」。

本格的な秋の訪れと共にフグ船のメニューに「アカメ」の文字が登場した。

アカメ専門の日もあったようだが、10月上旬現在はショウサイ&アカメ。

ショウサイフグの旨味もよし、アカメの締まった身質もまたよし、ってなわけで台風休み明けの12日、刺身に炙りに干物に唐揚げ、漬けにムニエルカルパッチョ…と呪文のように唱えながら、「野毛屋」さんへと向かった。

本命2魚種に高級ゲストの絶好調スタート

台風通過後初日の月曜日とあってか、釣り人は私を入れて9人。

「野毛屋」のフグ船としては空いている部類での出船となった。

船は平潟湾を出て、八景島シーパラダイスを越えると北に針路を取る。

と、ものの数分でスローダウンし「この辺りからやっていきますからエサを付けて準備しておいて」とアナウンス。

細かく位置を微調整したのち「じゃあやってみましょう。水深は15m。大体この辺りはおんなじような水深ですから」で釣り開始となった。
 
フグは一投目しかも何回もシャクらないうちに掛かり出す。

まずは左ミヨシ2番、続いて同トモ2番とショウサイフグが上がり、右のトモではアカメフグも上がった。

シケ後の底荒れを心配したが、フグは元気そのものでいきなりのモーニングサービスだ。
 
ショウサイとアカメの本命だけでなく、2㎏級のマダイ、当日の紅一点西野さんには良型のトラフグと出血大サービス。

なんと45分ほどで全員が本命の顔を見、良い人はすでに4、5匹のフグをバケツに泳がせている絶好調スタートだった。

ポイント移動が奏功!アタリが増えてゆく

撮影も一段落でここから私も竿を出す。

船長からは「潮はそこそこだからシャクリは3秒に1回くらいで」と指示が出ていたので忠実にそれを繰り返すが(そのつもり)、アタリはおろかか一向に反応がない。

私だけならともかく、あれだけ釣れていた船中も突然の沈黙タイムだ。

前回に続き、自分が竿を出すと食いが止まる取材あるあるの再現である。
 
なんとかせねばなのだが、湾フグ釣りにおいて、私の引き出しはそう多くなく、愚直に丁寧にシャクリを繰り返すのみ。

そのうちにシャクった竿がグン!と止められ、安堵の1匹を手にしたがその後は続かず、この日初めての移動となった。
 
次なる場所は南本牧。

マダコ釣りで狙うような際を狙って行く。

実際貝殻を釣ることも多く、自分の湾フグ釣りのイメージにはなかった場所だが、ここで中型サイズのアカメを2匹釣り、船中では良型のショウサイフグもポツポツと上がった。
 
昼前には八景沖へと戻り、八景島周りやドッグ前、白灯周りとピンポイントで狙っていく。

目標物が近いので分かるのだが、船長の山ダテは実に緻密で細かく船を流し変える。

「特に根はない」とのことなので、毎日出船している強み、経験値の積み重ねなのだろう。

そのポイント設定のおかげで釣果はまた徐々に上向いて来た。

ただ順調と言えないのが自分の腕。

久々の湾フグという言い訳もあるが、アタリに対して手が動かなかったりビックリアワセになったりだ。

アタリが遠く空シャクリを繰り返している時にコツン!なんて単発アタリが出た時にそんなミスが多い。

それでもたまにはゼロテンで待っている時にコツコツ!と来てスッ!と竿を立てるとグン!とハリ掛かり。

アタリにアワセて釣った1匹は、釣った感、してやったり感山盛り。

空シャクリでいきなりグン!の何倍も嬉しい。

良型ショウサイとアカメでお土産十分!

八景沖はゲストも多彩で、朝イチに続きまたも2㎏級のマダイが上がった他、東京湾カレイ大会なら入賞間違いなしと思われる40㎝越えの大型マコガレイも2匹釣れた。

船長によれば今や東京湾では幻級の大型アイナメも釣れることがあるのだとか。
 
この日は朝イチバリバリ、中ぱっぱ、後半またもうひと盛り上がりと言った好況。

トップは右トモの中村さんで18匹。

紅一点の西野さんも10匹にトラフグと大健闘で、船中の釣果は7~18匹。
 
ちなみに「野毛屋」ではサバフグはもちろんだがコモンフグもカウントせず、釣果はショウサイフグとアカメのみの正直申告。

このあたりにも船長の心意気が伺えるというものだ。
 
私の釣果はリリースを入れて11匹。

炙り刺しと唐揚げ、一夜干しで久々の激旨湾フグを堪能したが、呪文の残り「漬けにムニエル、カルパッチョ…」までは量的に回らなかった。

これには未練たらたらで早期再チャレを虎視眈々と狙う今日この頃である。

ショウサイ&アカメ!湾フグ 釣行レポート

両方狙えて型もいい! 湾フグ好シーズン!! トラもまじって美味フグアラカルト

朝の船長の釣り方レクチャーは必聴。

この釣りのキモでもあるエサの付け方もしっかり聴いておこう

色々まじって大型ぞろい!湾フグ好シーズンだ

ショウサイフグ

ショウサイフグの型がいい!釣り応え、食べ応え、ともに満足のサイズが主体だ

アカメフグ

アカメはこれから本格シーズン。これも大型が多く、ショウサイとはまたちがった食味が楽しめる

東京湾のフグ釣りは、アカメフグがおもしろい季節

ショウサイフグも好調で大型が釣れている!

しっかり掛けて数を伸ばそう!!

大型ショウサイは食べ応え十分。これからの季節はフグ鍋が美味しい!!

アカメもとても美味しい。刺身なら、じっくり寝かせて旨みが出てからがオススメ

トラフグも!!

なんとトラフグもまじってフグ三目釣りに!ショウサイ、アカメ、トラのフグを食べ比べできたら超ゼイタク!!

もちろん釣ったフグは船長がさばいてくれるので安全に食べられる

ゲストも多彩

ゲストで見事なマダイ

この日は良型のマダイが2枚も上がった

こちらは貴重な大型マコガレイ。これも刺身が絶品、煮付けもウマイ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」

東京湾のフグ釣り〝湾フグ〟が好機を迎えている。

周年フグ乗合を出船させている金沢八景の「野毛屋」では、ショウサイフグとアカメフグの両狙いで好釣果を連発中。

「近場のポイント中心にやってショウサイもアカメも同じ場所で釣れてます。この時期は釣りやすいから入門にもオススメですよ」とは湾フグのカリスマ黒川健太郎船長だ。
 
ショウサイフグ専門狙いだとアンカーを打ってのカカリ釣りになることが多く、潮の速い日は糸が立たず(斜めになり)慣れない人には釣りづらいが、アカメも狙うこの時季はエンジン流しで釣るため糸が立ち、釣りやすいとのことだ。
 
また出船前には船長からこの釣りのキモとなるエサ付け、ゼロテンのタナの取り方、誘いとアワセを兼ねたシャクリなどのレクチャーがある。

「これを守ってくれればビギナーだって絶対釣れますから」と船長。ビギナーは必ず、ビギナーならずともおさらいの意味で聞いておこう。
 
目下ショウサイフグは大中小のまじり、アカメは30㎝前後の中型主体だが、今後アカメは大型が釣れるようになり食味もアップするとか。
 
またゲストも豊富で、取材日にも2㎏級のマダイや40㎝超のマコガレイにトラフグと、なかなか専門に狙っても釣れないような高級魚達が顔を揃えた。
 
湾フグはテクニカルな釣りの代表でもあるが、ビギナーだって本命&ゲストゲットのチャンスは大アリ。

釣趣だけでなくグルメ心も大いに満たしてくれる釣り物ですぞ!

以上の記事は「つり丸」2020年11月15日号の掲載記事です。

関連記事
いよいよ茨城エリアの冬の超人気ターゲット・ヒラメが全面解禁!今シーズンは数だけでなくサイズがいいと評判だ。北から南までヒラメ乱舞!この冬の鉄板ですぞ!
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
最新記事
いよいよ茨城エリアの冬の超人気ターゲット・ヒラメが全面解禁!今シーズンは数だけでなくサイズがいいと評判だ。北から南までヒラメ乱舞!この冬の鉄板ですぞ!
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
センサーアイ付きでボトムタッチが分かる小田原型のカラーシンカー「快適船シンカーSN」
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル