本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!


潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れる。糸の伸ばし方が鍵

この良型のキンメダイがアベレージサイズ。まさに南伊豆沖は深場釣りの最高峰エリアだ。

朝イチは須崎沖の一級ポイント“石廊アワセ”に漁船、遊漁船が集中。まずはここで確実に釣果を得よう。

キンメは釣りたては身が銀色だ。風にしばらくさらしておくと、真っ赤になる。

アタリがあったら道糸を出して多点掛けを期待する。一度に10枚以上掛かることもザラだ。

こんな大型の3点掛けとは贅沢。こんなサイズばかりのときもよくある。

貴重な1枚はタモですくう。

こちらはアコウダイ。500mの深場でまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」。

激うまの大型キンメダイが釣れる南伊豆沖。「地キンメ」とか「新島キンメ」という名称で名実ともに全国に知れ渡っている。とくに伊豆半島ではブランド魚として取り扱われている。
下田港に水揚げされるキンメダイが全国に流通しているが、そのキンメダイを釣ることができるのが南伊豆だ。
「潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れるよ。糸の伸ばし方がカギ」とは、手石港「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹夫大船長。銭洲を開拓した有名船長の腕はまだまだ健在だ。
ポイントは、南伊豆沖水深300〜500m。朝イチに浅場で数を確保して、中盤から後半にかけて水深400〜500mで大型キンメを狙う撃つというのが、半日のスケジュール。
深場釣りの経験がない人でもレンタルタックル、エサ付きの仕掛けもあるので、気軽にチャレンジできる。ぜひ、この師走に激うまキンメを釣り上げて味わってみてほしい。

慌てず治具を沖側に向けて、オモリを海に投入する

深場釣りではこの投入が第一関門。慌てないで落ち着いて行おう。

船上では、仕掛けの投入が第1の関門。
伊豆沖では基本的に、右舷に釣り人が並び、ミヨシから順に仕掛けを投入する。
投入時、誰かが失敗すると、次の人が投入できないばかりか、船長が狙い打つポイントを通過してしまう可能性がある。慌てず着実に仕掛けの投入を行わなければならない。
もし、治具にトラブルが発生し投入に失敗したら、1回分の流しはお休みする覚悟も必要だ。それくらい投入は重要なのだ。
確実に投入を成功させるには、自分の釣り座のポジションを明確にしておくこと。手元足元には、よけいなものは置かない。
さて、いざ投入。
リールの左側、つまりミヨシ側に立ち、右手に治具。左手にオモリを持って投入を待つ。
船長の合図とともに、オモリを軽く沖目に放り込む。
その後は、仕掛けが治具から出るままにして、けして左手は放出している糸周辺には近づけないようにする。勢いよく出続ける仕掛けのハリに手が刺さりでもしたら、大変なことになるからだ。
多少、仕掛けが絡んだまま、落下していってもそこは諦めることが肝心。安全第一だ。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


銭洲は中ムロアジの泳がせ釣りが面白い! (南伊豆忠兵衛丸)

銭洲は中ムロアジの泳がせ釣りが面白い! (南伊豆忠兵衛丸)

大物釣りの聖地“銭洲”。数々のドラマを生み出したフィールドだが、これから秋のシーズンに注目したい。


人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

今回は東伊豆・富戸沖でキンメとアカムツを狙った。札幌からはるばる来てくれた内山夫妻に、いいお土産を持ち帰らせることができるか!?


激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。


3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

ミヨシ2番の平間さんがアブラボウズとの息詰まるバトルが繰り広げている最中、ミヨシの小野寺さんが連ねた見事な緋色に湧き上がる歓声と溜息。新島沖の夏キンメを釣る。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読