沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!


潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れる。糸の伸ばし方が鍵

この良型のキンメダイがアベレージサイズ。まさに南伊豆沖は深場釣りの最高峰エリアだ。

朝イチは須崎沖の一級ポイント“石廊アワセ”に漁船、遊漁船が集中。まずはここで確実に釣果を得よう。

キンメは釣りたては身が銀色だ。風にしばらくさらしておくと、真っ赤になる。

アタリがあったら道糸を出して多点掛けを期待する。一度に10枚以上掛かることもザラだ。

こんな大型の3点掛けとは贅沢。こんなサイズばかりのときもよくある。

貴重な1枚はタモですくう。

こちらはアコウダイ。500mの深場でまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」。

激うまの大型キンメダイが釣れる南伊豆沖。「地キンメ」とか「新島キンメ」という名称で名実ともに全国に知れ渡っている。とくに伊豆半島ではブランド魚として取り扱われている。
下田港に水揚げされるキンメダイが全国に流通しているが、そのキンメダイを釣ることができるのが南伊豆だ。
「潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れるよ。糸の伸ばし方がカギ」とは、手石港「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹夫大船長。銭洲を開拓した有名船長の腕はまだまだ健在だ。
ポイントは、南伊豆沖水深300〜500m。朝イチに浅場で数を確保して、中盤から後半にかけて水深400〜500mで大型キンメを狙う撃つというのが、半日のスケジュール。
深場釣りの経験がない人でもレンタルタックル、エサ付きの仕掛けもあるので、気軽にチャレンジできる。ぜひ、この師走に激うまキンメを釣り上げて味わってみてほしい。

慌てず治具を沖側に向けて、オモリを海に投入する

深場釣りではこの投入が第一関門。慌てないで落ち着いて行おう。

船上では、仕掛けの投入が第1の関門。
伊豆沖では基本的に、右舷に釣り人が並び、ミヨシから順に仕掛けを投入する。
投入時、誰かが失敗すると、次の人が投入できないばかりか、船長が狙い打つポイントを通過してしまう可能性がある。慌てず着実に仕掛けの投入を行わなければならない。
もし、治具にトラブルが発生し投入に失敗したら、1回分の流しはお休みする覚悟も必要だ。それくらい投入は重要なのだ。
確実に投入を成功させるには、自分の釣り座のポジションを明確にしておくこと。手元足元には、よけいなものは置かない。
さて、いざ投入。
リールの左側、つまりミヨシ側に立ち、右手に治具。左手にオモリを持って投入を待つ。
船長の合図とともに、オモリを軽く沖目に放り込む。
その後は、仕掛けが治具から出るままにして、けして左手は放出している糸周辺には近づけないようにする。勢いよく出続ける仕掛けのハリに手が刺さりでもしたら、大変なことになるからだ。
多少、仕掛けが絡んだまま、落下していってもそこは諦めることが肝心。安全第一だ。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


超美味なキンメダイが鈴なり! ライト深場で楽しむ仕掛け(太郎丸)

超美味なキンメダイが鈴なり! ライト深場で楽しむ仕掛け(太郎丸)

「太郎丸」の「アコウダイ五目」で使用するオモリは250号(潮が速いときは350号を使うこともある)。狙う水深は深くても500mぐらいまで。そのため、竿はオモリ250号に対応した深海用がベスト。


狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)

狙いは3kg! 激うまブランドキンメダイを釣る(南伊豆忠兵衛丸)

爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!


ズラズラ〜と数釣りが楽しめる! 極上トロキンメダイ(ほうえい丸)

ズラズラ〜と数釣りが楽しめる! 極上トロキンメダイ(ほうえい丸)

炙りの刺身にしゃぶしゃぶとどう調理しても美味しいキンメ。中でも〝絶品〟と賞賛を浴びる地キンメ(新島沖周辺で釣れるもので、それ以南で釣れるものは沖キンメと呼ぶ)が、シーズンを迎え好調に釣れ出している。


ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

冬将軍が訪れるとキンメダイが食べたくなる。そんな釣り人も多いだろう。煮付けが代表の料理だが、伊豆下田須崎沖のキンメダイは、「新島キンメ」とか「トロキンメ」とも呼ばれ、伊豆の特産でブランド魚。身の脂の乗りが半端なく、刺身はむろん、炙り刺身、しゃぶしゃぶなどで食べたら、誰もが舌鼓を打つこと間違いなし。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


最新の投稿


ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

ブランドジャンボヤリイカ好乗り中! 石花海ヤリイカ仕掛け

石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。


「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

「第20回 JGFA新春パーティー 」2019年1月26日に開催 参加者募集!

1月26日に東京都豊島区のホテルベルクラシック東京で開催される「第20回 JGFA新春パーティー」の参加者募集内容です。


良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

良型or数狙いどちらもOK!ヒラメ仕掛けと釣り方【図解】

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。


基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

基本通りに釣ればこの時期は難しくない! 相模湾ヤリイカ仕掛け

仕掛けはプラヅノ11㎝で組んだブランコ式の5〜7本ヅノが標準。枝スは3号、幹糸は5号。仕掛けの途中に赤白のウキスッテをまぜると有効なときもあるので準備しておくといいだろう。


寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

寒さも忘れて熱くなれる!! アジ五目仕掛けをご紹介(洋征丸)

竿は130号のオモリに対応した、7対3調子の先調子気味で2m前後のもがあればOK。7対3調子のビシアジ用のほか、汎用性の高いゲームロッド、ライト泳がせ用、コマセキハダ用を使う人もいた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読