本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!


潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れる。糸の伸ばし方が鍵

この良型のキンメダイがアベレージサイズ。まさに南伊豆沖は深場釣りの最高峰エリアだ。

朝イチは須崎沖の一級ポイント“石廊アワセ”に漁船、遊漁船が集中。まずはここで確実に釣果を得よう。

キンメは釣りたては身が銀色だ。風にしばらくさらしておくと、真っ赤になる。

アタリがあったら道糸を出して多点掛けを期待する。一度に10枚以上掛かることもザラだ。

こんな大型の3点掛けとは贅沢。こんなサイズばかりのときもよくある。

関連する投稿


日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。


深海のモンスター、アブラボウズ浮上!!!【石廊崎沖】

深海のモンスター、アブラボウズ浮上!!!【石廊崎沖】

「はい、いいよ。落としてー。水深は750m」えっ? と思う人が多いかも知れない。普通、750mもラインを巻いている人はいないだろうから……。


超美味ブランドトロキンメ、同乗者全員堪能!【南伊豆・須崎沖】

超美味ブランドトロキンメ、同乗者全員堪能!【南伊豆・須崎沖】

我々釣人に解放されている大型キンメのポイントはごく一部であり、サイズだけでなく味覚面でも優れた極上キンメを手に出来る釣場はさらに限られるのが実情。その数少ない釣場の中でもサイズ、味覚共にトップランクのキンメが釣れる超A級ポイントが南伊豆の須崎沖。新島キンメとも「トロキンメ」とも称される同地の極上キンメを狙い釣行だ。


お手軽にアコウダイ&キンメを深海釣り【相模湾・沖ノ瀬~城ヶ島沖】

お手軽にアコウダイ&キンメを深海釣り【相模湾・沖ノ瀬~城ヶ島沖】

深海釣りって「マニアックで敷居が高い」というイメージを持っている人はいませんか? はっきり言いますが、それは「誤解」です! 「道糸が進化したので、最近は案外手軽にできるんですよ」と話すのは、小坪港「太郎丸」の高橋良至船長。これが本当にビックリするほど手軽にできるんです! しかも、この釣りは釣れる魚がみんな美味しい! 


これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読