本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

本場の「地キンメ」、激うま大型キンメダイがターゲット【南伊豆沖】

伊豆半島沖で釣れるキンメダイは、伊豆を代表するブランド魚だ。その価値は年々うなぎのぼり。上質の脂が乗った身を一口でも味わえば、すっかりキンメダイの虜になること間違いなし。さあ、食卓をホットにする赤い魚求めて、海へ出船しよう!!


潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れる。糸の伸ばし方が鍵

この良型のキンメダイがアベレージサイズ。まさに南伊豆沖は深場釣りの最高峰エリアだ。

朝イチは須崎沖の一級ポイント“石廊アワセ”に漁船、遊漁船が集中。まずはここで確実に釣果を得よう。

キンメは釣りたては身が銀色だ。風にしばらくさらしておくと、真っ赤になる。

アタリがあったら道糸を出して多点掛けを期待する。一度に10枚以上掛かることもザラだ。

こんな大型の3点掛けとは贅沢。こんなサイズばかりのときもよくある。

貴重な1枚はタモですくう。

こちらはアコウダイ。500mの深場でまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」。

激うまの大型キンメダイが釣れる南伊豆沖。「地キンメ」とか「新島キンメ」という名称で名実ともに全国に知れ渡っている。とくに伊豆半島ではブランド魚として取り扱われている。
下田港に水揚げされるキンメダイが全国に流通しているが、そのキンメダイを釣ることができるのが南伊豆だ。
「潮の流れさえよければ、今季は大型が釣れるよ。糸の伸ばし方がカギ」とは、手石港「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹夫大船長。銭洲を開拓した有名船長の腕はまだまだ健在だ。
ポイントは、南伊豆沖水深300〜500m。朝イチに浅場で数を確保して、中盤から後半にかけて水深400〜500mで大型キンメを狙う撃つというのが、半日のスケジュール。
深場釣りの経験がない人でもレンタルタックル、エサ付きの仕掛けもあるので、気軽にチャレンジできる。ぜひ、この師走に激うまキンメを釣り上げて味わってみてほしい。

慌てず治具を沖側に向けて、オモリを海に投入する

深場釣りではこの投入が第一関門。慌てないで落ち着いて行おう。

船上では、仕掛けの投入が第1の関門。
伊豆沖では基本的に、右舷に釣り人が並び、ミヨシから順に仕掛けを投入する。
投入時、誰かが失敗すると、次の人が投入できないばかりか、船長が狙い打つポイントを通過してしまう可能性がある。慌てず着実に仕掛けの投入を行わなければならない。
もし、治具にトラブルが発生し投入に失敗したら、1回分の流しはお休みする覚悟も必要だ。それくらい投入は重要なのだ。
確実に投入を成功させるには、自分の釣り座のポジションを明確にしておくこと。手元足元には、よけいなものは置かない。
さて、いざ投入。
リールの左側、つまりミヨシ側に立ち、右手に治具。左手にオモリを持って投入を待つ。
船長の合図とともに、オモリを軽く沖目に放り込む。
その後は、仕掛けが治具から出るままにして、けして左手は放出している糸周辺には近づけないようにする。勢いよく出続ける仕掛けのハリに手が刺さりでもしたら、大変なことになるからだ。
多少、仕掛けが絡んだまま、落下していってもそこは諦めることが肝心。安全第一だ。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

マダイとイサキの両狙いがこの時期の人気メニューだ!(兵助屋)

今年の南伊豆海域におけるマダイの乗っ込みは、例年になく遅れて本格化。そのぶん長引いており、6月に入っても乗っ込みの個体が釣れている。そしてイサキもおもしろい時期。本格シーズンに突入しており、専門に狙う船は連日好釣果を記録している。


確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

新島沖を舞台にしたキンメゲームが好調だ。「ほとんど出船ごとに型をみているよ。全員が釣ることも珍しくはないしね。みなさん狙いは3㎏クラスって感じで頑張っているね」と話す、弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長。


LT深海試し釣り、深場釣りの可能性を探る!【神子元島〜利島沖】

LT深海試し釣り、深場釣りの可能性を探る!【神子元島〜利島沖】

これまでヘビータックル限定だった「特大トロキンメ」に中型電動リールで手が届く。「次世代深海釣り」の可能性が大きく切り開かれた。


1㎏級が50匹!!  大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

1㎏級が50匹!! 大島沖のキンメ、海況安定でおすすめ!【大島沖】

「最後は深いですよ」、船長がアナウンスした9投目。早朝のウネリがうそのような大島沖で「締めの一投」に臨む。4月5日はチーム7名で、大島沖のキンメダイ狙い。前週までは「一服状態」だった本命ポイントが直前に1㎏級30〜50枚と好転。「大島沖らしい」釣況に期待が膨らむが…。


激熱ポイント多数あり、10㎏オーバーの大型マダイを狙え【南伊豆沖】

激熱ポイント多数あり、10㎏オーバーの大型マダイを狙え【南伊豆沖】

南伊豆海域もマダイの乗っ込みポイントとしては実績があり有名だ。このエリアも他の海域と同じく、今年は乗っ込み開始が遅れ気味だったが、4月中旬ぐらいから乗っ込みらしい釣果が記録されはじめた。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読