MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好機到来!大型アマダイ&シロアマダイを狙おう!相模湾 平塚沖

好機到来!大型アマダイ&シロアマダイを狙おう!相模湾 平塚沖

平塚港「庄治郎丸」LTアマダイ船では、開幕から50㎝オーバーの大型まじりで度々好釣果を記録。シロアマダイも5日連続でゲット!一日で2匹取り込まれることも何度か!

シーズン本番で大型狙い!今年は幻のシロアマダイも コンスタントにヒット!

今シーズンから シロアマダイ狙いも!

塚港「庄治郎丸」のLTアマダイ船は、大型のアカアマダイを釣らせる船宿として定評がある。

今シーズンは9月前半からスタートしているが、開幕から50㎝オーバーの大型まじりで度々好釣果を記録している。

そして、今シーズン目を見張るのがシロアマダイの釣果だ。

「幻」と呼ばれ、ワンシーズンに1、2匹釣れるかどうかという魚だったが、これまでのところ顔を見る日が多い。

5日連続でゲットすることもあったほか、一日で2匹取り込まれることも何度かあった。

今シーズンは、この幻級の魚を釣り上げる大チャンスかもしれない。

「ここ数年あちこちの船でシロアマダイが釣れているので、今年から前半の短時間で狙ってみることにしました。そうしたらコンスタントにアタっています」と話すのは「庄治郎丸」の世古勇次郎船長。

アカ&シロのアマダイを狙うタックルについて

アカアマダイもシロアマダイも同じタックルで狙える。

「庄治郎丸」で使用するオモリは60号。

そのため竿は、60〜80号に対応した7対3調子の竿がオススメ。

長さは2〜2.7mぐらい。ゲームロッドやライト用を使う人が多い。

リールは小型電動がオススメ。

とくにアカマダイは水深100m前後のポイントを狙うこともしばしば。

手返しの点から電動リールがオススメだ。

道糸は「庄治郎丸」ではPE3号以下と決まっている。

リールに300m以上巻いておこう。

平塚沖の水深50~100mを広範囲に狙った!リールは小型電動がオススメ

ハリスは太めの4〜5号でもOK!

オモリは60号。仕掛けは2本バリが標準

道糸の先にオモリを装着した片テンビンを介して、その先に仕掛けをつなぐ。

オモリはタックルのところで前述しているように「庄治郎丸」では60号を使用する。

仕掛けは吹き流し式の2本バリ。

基本的なアマダイ仕様であるが、大型アカアマダイやシロアマダイのヒットを想定して、4〜5号という太めのハリスを使うのもOKだ。

「シロアマダイはアカアマダイより大型になります。またアカアマダイでも50㎝を超えると引きが強く、3号ハリスでも切られます」と世古船長。

取材当日も3号ハリスを切られた常連さんがいた。

自信がない人は太めのハリスを使うのが無難だ。

ハリスは3〜5号、仕掛け全長は2m前後。

下から80㎝〜1mぐらいのところから、小型の親子サルカンや三又サルカンを介して枝スを出す。

枝スの長さは30㎝前後。

ハリは丸カイズ、チヌ、マダイ、イセアマなどがオススメ。

丸カイズなら13〜14号、チヌなら4〜5号を使おう。

そして、必ず準備しておきたいアイテムがガン玉だ。

潮が速いときなどに、仕掛けの浮き上がりを抑えるためにハリスに打つのだ。

1〜2号の小さめのほか、B〜3Bの大きめも用意しておくといいだろう。

付けエサはオキアミ。ひとつのハリにオキアミ1匹を付けるのが基本。

下のイラストのとおりに、ハリの軸に対してまっすぐ付けよう。

付けエサはオキアミ。ハリの軸に対してまっすぐになるように付ける

タナはオモリを海底から仕掛け長の半分巻き上げる

投入合図が出たら、海中に仕掛けを投入し、オモリを着底させる。

オモリが底に着いたらタナを取るが、海底から仕掛けの長さの半分くらい巻き上げた位置が基本のタナだ。

仕掛けの長さが2mなら、タナは海底から1m。

仕掛けの長さが2.2mなら、タナは1.1mだ。

これは、アカアマダイ狙いでも、シロアマダイ狙いでも同じだ。

そして、あとは状況によって微調整していく。

仕掛けにゴミや泥などが頻繁に付いてくるようなら、仕掛けが海底を引きずっているので、少し高くす
る。

またアジやサバなどが頻繁に掛かるときは、少しタナを下げよう。

よくトラギスやムシガレイ、ガンゾウビラメが掛かるときはタナが低いと言われる。

しかし近年では、これらの魚に加えアカボラなどが釣れていればアマダイも釣れると言われるようになってきている。

底付近にいるゲストがまったく釣れないよりは、コンスタントに釣れていた方がアマダイのヒット率は高いようだ。

誘い、アワセ やり取りについて

上のイラストで示したのが、タナを取ったあとの誘い方だ。

世古船長によると、アカアマダイもシロアマダイも誘い方を含めた釣り方は同じだという。

誘いの基本的な動作は、竿をゆっくり起こしながら誘い上げ、そしてゆっくり元に戻すだけ。

とくに難しいことはないので、タナを取ったら積極的に誘ってみよう。

ただし誘ったあとは、食わせるために少し間をおくこと。

一回誘ったあと、すぐに次の誘いに移行するのは避けよう。

タナの取り直しも重要な動作。

水深が変わる場所を狙うこともあるからだ。

またタナの取り直しは、誘いにもなる。

タナの取り直し直後にアタることも多い。

アタリがあったら即アワセはスッポ抜けるので厳禁。

アタったら、ひと呼吸おいて、ゆっくり竿を起こして聞きアワセする。

竿を起こしていく途中で重みを感じてからしっかりアワせるといいだろう。

ハリ掛かりしたら巻き上げるが、いきなり電動で巻き上げるのはNG。

最初の10mは手巻きで巻き取って、掛かった魚の大きさを判断すること。

掛かった魚が大きければ、ドラグを調整しながら、そのまま手巻きで最後まで巻き上げるのが無難だ。

取材当日は53㎝の大型アカアマダイが取り込まれた。

そのときの釣り方を示したのが下のイラストだ。

オモリの着底後、オモリで海底をトントンと叩いていたらアタったという。

前述した誘いに加え、こちらの誘い方も組み合わせてみるといいだろう。

【相模湾・平塚沖】アマダイ&シロアマダイ 釣行レポート

いよいよ本格シーズン到来!大型アマダイを狙おう!今シーズンはシロアマダイもコンスタントに顔を出している!!

平塚沖の水深50~100mを広範囲に狙った

取材当日は大型が取り込まれた!

ヒット!これは大型アマダイの引きだ!!

大きなアマダイが浮上!

45cm!

53cm!

「そ~れ!」とアマダイを抜き上げる常連さん

慣れた常連さんたちは、手堅く良型を釣り上げていく!

鈴木新太郎さんも本命ゲット!

巻き上げ途中に何度が強く抵抗するのはアマダイだ!

アマダイはとても美味な魚だ!

釣り方が合うと連発もある

10月31日に取り込まれたシロアマダイ。今シーズンはコンスタントに取りこまれている!
(画像は船宿ブログから)

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」

相模湾のアマダイは好シーズンに突入している。

広範囲で好釣果が記録され盛り上がっている。
 
今回の取材は平塚港「庄治郎丸」で敢行。

当宿はオモリ60号とライトタックルで狙っているが、取材当日も好釣果に恵まれた。

アカアマダイは53cm、45cmの大型が取り込まれたほか、35〜40cmクラスが数匹取り込まれた。
 
取材当日は顔を出さなかったが、今シーズンはシロアマダイがコンスタントに顔を出している。

釣れるときは一日に船中で1〜2匹だが、50cmを超える良型が多い。

「庄治郎丸」の世古勇次郎船長によると、「シロアマダイは掛かれば大きいのが多いので、ハリスは4〜5号を使うのがいいですよ」と話す。
 
今シーズンはアカアマダイのほかにシロアマダイも期待できる「庄治郎丸」のアマダイ釣り。

どちらも大型狙いでチャレンジしてみよう!

以上の記事は「つり丸」2020年12月01日号の掲載記事です。

関連記事
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
最新記事
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
センサーアイ付きでボトムタッチが分かる小田原型のカラーシンカー「快適船シンカーSN」
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル