MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶好機!日立久慈沖 テンヤマダイ!青物&根魚ゲストも多彩!

絶好機!日立久慈沖 テンヤマダイ!青物&根魚ゲストも多彩!

茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!

これからがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめる!良型、大型もヒットする!!

ゲストも含めて、アタリ多く楽しめる

取材当日は日立久慈沖の水深20m台~30m前後のポイントを狙った

日立久慈沖のテンヤマダイは、例年、晩秋~初冬にかけてがベストシーズン。

マダイは中小型主体にアタリ多く、数釣りが楽しめる。

そして時おり大型、良型のマダイがまじる。

さらにマダイ以外のゲストも豊富で、これらのアタリも多い。

マダイによく似たハナダイのほか、各種の青物や根魚が掛かる。

全体的にアタリが多いので、ビギナーが挑戦するにもオススメ。

たくさんのアタリを経験すれば、ステップアップにつながりやすい。

今回の取材は日立久慈港「直重丸」に乗船。

水深20m台~30m前後のポイントを狙った。

どのポイントでもポツポツとマダイはアタった。

良型は不発だったが、ほとんどの人が本命の顔を見る結果に。

またゲストはいろいろな魚種がまじった。

日立久慈沖のマダイは、これからますますおもしろくなる見込みだ。

ロッドとリールは何がいい?

竿はひとつテンヤ専用がオススメ。

12号ぐらいまでのテンヤに対応したもので、長さは2.1~2.7mぐらい。

リールは、とにかくドラグ性能がいい小型スピニングリール。

中小型マダイが主体になるが、大型マダイや青物が掛かることもある。

それらのヒット時には、ドラグを駆使したやり取りになるからだ。

道糸はPEラインの0.6~1号。

細いほど潮の影響を受けにくく釣りやすいが、強度は低下するので、自分の技量に合った号数を使おう。

リールには150m以上巻いておこう。

リーダー、テンヤ エサ付けについて

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンラインの2~3号を直結にする。

リーダーの長さは、3~5mくらい。直結の方法はFGノットやPRノットなどの摩擦系ノットが強度があってオススメ。 

そしてリーダーの先にテンヤをつなぐが、強度がある小型スナップなどの接続具を介してもいいし、リーダーに直に結んでもOK。

接続具を介した方が、テンヤの交換時に楽だ。

今回の取材に参加したノリーズプロスタッフの榎戸富さんは、接続具を介している。

前述したように、取材時は水深20m台~30m前後のポイントを狙った。

この水深であれば、10~12号のテンヤの出番は少ないだろう。

それでも、どんな状況にも対応できるように2~12号ぐらいまでのテンヤを用意しておこう。

テンヤは重さだけでなく、カラー、オモリの材質、オモリ部分の形状などもバリーション豊富に用意しよう。

いろいろ試して、アタリが多いものを探そう。

「直重丸」で使用するエサは冷凍エビ。

下に掲載した写真がそれだ。

エサ付けは1匹付けが基本。

上のイラストの右側に示したように、孫バリでエビの頭部と尾部を固定するように付けると、頭部が取れにくい。榎戸さんもこの方法で付けている。

またエビが小さいときや遊動テンビンのように親バリが小さいときは、上のイラストの左側に示したように、2匹付けをするのもアリだ。

ただし、2匹付けはエサの消費が多くなるので注意しよう。

「直重丸」で使う冷凍エビ

底を狙うだけでなく、タナを探ることも

基本の釣り方を示したのが上のイラストだ。

まずは底付近を狙うのが定石。

底付近でアタリがなかったり、エサ取りだらけのときは、上の方のタナを探ってみよう。

底付近を狙う場合もタナを探る場合も、テンヤを投入したら着底させる。

テンヤが落下している最中にアタることもあるので、海中に入っていく糸の変化に注意しよう。

糸が急にフケたり、変な方向に動いたときはアタっている可能性大。

そんなときは迷わずアワせること。

テンヤが着底したら、底付近を狙う場合は、即座に糸フケを取り、50㎝~1mぐらい巻き上げてアタリを待つ。

そして、時々竿をシャクってテンヤを動かそう。

タナを探る場合は、テンヤの着底後即座に糸フケを取り、50㎝~1mぐらい巻き上げる。そこでアタリがなければ、さらに50㎝~1mぐらい巻き上げる。

それでもアタリがなければ、さらに50㎝~1m巻き上げてアタリを待つ。

このように50㎝~1m刻みに巻き上げて、上へ上へとタナを探っていこう。

潮が速いときは、着底のサインは一瞬でわかりづらい。

テンヤの着底後、すぐにテンヤは海底付近を流されていくので、それを見逃さないようにしよう。

速潮時は、ビギナーは着底がわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

重くしても、テンヤの着底後、流されたり、浮き上がるようなときは、下のイラストのような釣り方をするといいだろう。

スイミングテンヤを使った榎戸さんの釣り方

取材当日、榎戸さんはテンヤをキャストして広範囲を探るように釣っていた。

その時の釣り方を示したが上のイラストだ。

榎戸さんが使用したテンヤはエコギア「スイミングテンヤ」の25g。

このテンヤはフォール時にラインにテンションをかけると、カーブフォールしやすいのが特徴。

ちなみにラインにテンションをかけずにフリーフォールさせると、テンヤがスパイラルしながらフォールしていくそうだ。

着水後、カーブフォールさせて着底させる。

そして竿をシャクってテンヤを浮かせ、カーブフォールさせて着底させる。

この後はシャクリ上げとカーブフォールによる着底を繰り返して探ってくる。

テンヤが着底する直前または直後にアタりやすいという。

榎戸さんが使用した「スイミングテンヤ」

【茨城・日立久慈沖】テンヤマダイ 釣行レポート

晩秋~初冬はベストシーズン! アタリ多く数釣りが楽しめる! 良型、大型もまじるぞ!!

ヒット~!!

抜き上げ!

ノリーズプロスタッフの榎戸富さんはきれいなマダイを手にした

榎戸さんはエコギア「スイミングテンヤ」の25gを使用して食わせた

こちらは「オーバルテンヤ」にヒットした

朝イチにジグにヒット!

女性アングラーも本命ゲット

このサイズが多かった

こちらもマダイ

取材当日はハナダイが多数まじった

イナダもまじる

ヒラメもヒット

こちらもヒラメ

これは大型のアカメフグ

胸ビレがきれいなホウボウ

メバルも掛かった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈「直重丸」

茨城エリアのテンヤマダイは、例年、晩秋〜初冬の時期は数も型も期待できるベストシーズンにあたる。

今年もそのベストシーズンに突入した。
 
今回の取材は日立久慈港「直重丸」に乗船。

良型マダイは不発だったが、ハナダイや本命のマダイがコンスタントにヒット。

そのほか多彩なゲストもまじった。
 
この時期はゲストも含めてアタリが多いのが特徴。

本命のマダイだけでツ抜けすることも珍しくない。

アタリが多いので、ビギナーがステップアップするにはもってこい。たくさんのアタリを経験して、スキルアップにつなげよう。
 
また、中小型が多いからといって油断は禁物。

突然、大型マダイや青物がヒットすることもあるからだ。

どんな魚にも対応できるように、タックルやラインシステムは万全の態勢でチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2020年12月01日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
秋は数釣り可能でタイラバ入門には絶好の季節!秋の東京湾タイラバゲームの基本をおさらいする。★釣行レポートは天候不良で急遽、変更になった湾奥のキャスティングゲームを紹介!
沼津沖のタチウオ釣りがアツい!当日は、チャーター船でいま流行りのテンヤ釣りとジギングのみで釣行!ジグに入れ食い!テンヤにドラゴン!沼津沖はこれからが最盛期だ!
東京湾・観音崎沖でテンヤ&タイラバマダイが絶好調!金沢八景「弁天屋」では船中50枚、多いときには80枚も釣れたという。今回は他エリアと少し異なるテンヤ釣りを中心に紹介する。
コマセ船に同乗して楽しむジギングゲームは、手軽にカツオやキメジを楽しめるのが魅力。パームス石井修二さんのカツオ用タックル&ヒットジグも紹介!
最新記事
いよいよ茨城エリアの冬の超人気ターゲット・ヒラメが全面解禁!今シーズンは数だけでなくサイズがいいと評判だ。北から南までヒラメ乱舞!この冬の鉄板ですぞ!
冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!
センサーアイ付きでボトムタッチが分かる小田原型のカラーシンカー「快適船シンカーSN」
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル