MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
荒食いのピーク!東京湾奥ルアー五目が入門のチャンス!

荒食いのピーク!東京湾奥ルアー五目が入門のチャンス!

荒川笹目橋「けやき丸」では“湾奥ルアー五目”が熱い!「シーバス中心にサワラやイナダも顔を出し、ビギナーさんでも十分楽しめます」とのこと。ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》荒食いのピーク!東京湾奥ルアー五目が入門のチャンス!の画像をチェック! navigate_next

東京湾 ルアー五目 釣行レポート

オープンエリアでレンジを探る!荒食いのピークを迎えた湾奥ルアー五目が入門のチャンス‼

オープンエリアのベイトパターン

イワシやコノシロについたベイトパターンの群れを釣るので、ポイントはオープンエリアとなる。シビアな正確さよりも、飛距離とルアーの使い分けでレンジを探る展開なので、誰もでも釣りやすくルアーの楽しさを体験できる時期だ

タックルは7ft前後でML級のシーバスロッド。スピニングをメインに、重めのメタルジグを縦に使うディープ(水深10m以上)の釣りに備えてベイトタックルも常備するとフォール中のバイトがとりやすく釣果が伸びるのだ

長谷川船長のおすすめのルアー。ボイル打ちでは80マグナム。潮目やイワシの反応では下3つのルアーに各種のメタルジグも加えてパターンとレンジを探るのが晩秋以降のこのゲームだ

イワシを飽食したメインターゲットのシーバスはパワフルなファイトで楽しませてくれる。晩秋に向かってランカークラスの確率も高くなっていくのが恒例だ

先陣を切ったのは、川越市の百瀬さん。コノシロについた河口のシーバスにメタルバイブのビックバッカー80で口を使わせた

埼玉県朝霞市の花井さんは、「けやき丸」のヘビーユーザー。「ここなら帰りの渋滞がないから本当に楽ですよ」。当日は、ジグメインに様々なタックルを使い分けて楽しんでいた

ダイワ/サムライジグ40gのリフト&フォールで攻めていた花井さんにはヒラメがヒット。

ポイントはなんと幕張沖。ベイトが濃い秋にはこんな珍事も起こるのだ

イワシの反応の上でジグを落とした田辺さん(川越市)にセイゴがダブルヒット。これを避けつつ大型のレンジを探るのが当日のパターンだった

こいつは昆布締めにしてみます」と宮沢さん(川越市)。イワシについた晩秋のシーバスは脂がのって美味なのでいろんな料理も楽しめる

ランディングは頭から ネットへ誘導しよう

掛かりどころが悪ければ、安全第一で船長や周りの人にアシストを仰ごう。外れたルアーが飛んでくる事故を防ぐための鉄則だ。常連の花井さんは、長谷川船長と息の合った見事なランディングを決めてくれた

最後はうれしいゲストも登場!

当日は、潮止まり直前にフィーバータイムがスタート。50~60㎝のシーバスは入れ食いで、写真のイナダもトリプルヒット。幸運な釣り人は、写真内左から津島さん、五十嵐さんと当日の竿頭・百瀬さん。同じ川越市在住の釣り好きグループだそうだ

今回、取材にご協力いただいたのは、埼玉・荒川笹目橋「けやき丸」

埼玉県や東京の北西部に住むアングラーにとって、「海」へのアクセスは悩ましい問題だ。

渋滞につかまれば、復路の苦行はかなりのものとなる。

その悩みを解消してくれるのが、荒川笹目橋「けやき丸」だ。

水上を通れば、陸路とは比較にならないスムーズさでポイントに到着。

帰りはゆっくり休めるので、高速代&ガソリン代も考えれば、注目の楽釣プランとなる。

「いまは、“湾奥ルアー五目”が熱いですね。シーバス中心にサワラやイナダも顔を出して、ビギナーさんでも十分楽しめますよ」とは長谷川友和船長。

そもそも釣り好きが高じて船を始めた人だけに、「けやき丸」では釣り方の自由度は高い。

当日集まったメンバーも、その気風にひかれてリピートを重ねる人たちだった。

当日は小潮周りで、シャロー(水深5m前後)では、なかなかサイズが伸びなかったが、長谷川船長は快速の愛艇を駆って深場を回り。

最後はシーバスの入れ食いにイナダも顔を出し大団円。

全員満足で沖上がりとなった。

「今日もそうだったけど、そろそろジグの出番も多くなるから、スピニングとベイトの両方のタックルは押さえておきたいですね」と長谷川船長。

「湾奥のルアー五目」は、今がチャンス。

ぜひ仲間を誘って秋の楽釣プランを満喫してみよう!

以上の記事は「つり丸」2020年12月01日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル