MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ全面解禁!茨城ヒラメはこの冬の鉄板ターゲットだ!!

いよいよ全面解禁!茨城ヒラメはこの冬の鉄板ターゲットだ!!

冬のターゲットといえばやっぱりヒラメだね。茨城エリアは12月に全面解禁を迎えてシーズンイン。今年もかなりの好模様が期待できる鉄板のターゲットだ。さあ、この冬もあのドキドキ感を味わいに行こう!

perm_media 《画像ギャラリー》いよいよ全面解禁!茨城ヒラメはこの冬の鉄板ターゲットだ!!の画像をチェック! navigate_next

いよいよ全面解禁!茨城ヒラメは この冬の鉄板ターゲットだ!!

【茨城・鹿島沖】今シーズンは数だけじゃないぞ!良型続々浮上中!12月からさらに期待!横流しの釣りを理解して挑もう!

今期も魚影濃厚! 大判サイズもチャンス!

茨城エリアの冬の一大ターゲット・ヒラメがこの12月に全面解禁を迎えた。

全面解禁に先駆けて11月には波崎~鹿島沖など南部の一部エリアが部分解禁したが、今シーズンは連日、規定数の10枚を達成、しかもサイズも2~3㎏級が多くまじるなど、その「内容」も上々のようだ。

今月より大洗、那珂湊、日立方面までエリアが拡大し、来春3月までロングランで楽しめる。

一昔前、ヒラメ釣りは難易度の高い釣りと言われていたが、近年はタックルの進化、魚影の濃さも相まって誰でも気軽に楽しめるターゲットになった。

初めてやっても大釣りする可能性もあるほど、よりエントリーしやすい釣りに。

前アタリから本アタリまでのドキドキ感、そして根から強引に剥がす豪快なやりとりは生きイワシエサを使用したヒラメ釣りならではの魅力だ。

さらに、食味も抜群とくればやはり冬の「鉄板」と言えるだろう。

この冬は基本を押さえて存分にヒラメ釣りを楽しもう。

タックルは強めがオススメ!ハリはなれない人はトリプルを

茨城エリアのヒラメ釣りは釣り方が「横流し」の釣りがメインとなる。

この釣り方のため、いわゆるノーマルタックルを使用することが多い。

一部ではライトタックルでも可能だが、基本はノーマルだと思っておこう。

竿は、その釣り方ゆえ、2.5m以上あり、少し硬めのヒラメロッドがマッチする。

これからの茨城エリアは風が強いこともあり、さらに船べりの位置が高い大型船も多いので、ある程度強く、長い竿が扱いやすくなる。

現在は穂先感度の優れた竿が多く出ており、やはりこの感度によって釣果も変わってくるので、本格的にやりたい人は感度の良い専用ロッドがオススメ。

リールは中小型両軸か小型電動を組み合わせる。

狙う水深が30~40m前後主体なので、どちらでも対応可能だ。道糸はPE3号前後。

オモリは80号標準で、潮の流れが速い場合などは100号まで使用する。

後述する横流しの釣りの場合は、仕掛けを安定させるために比較的重いオモリを使う。

仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。

ハリスは8~10号80~1m、捨て糸は4号50~100㎝ほど。

イワシに付いた大型を狙う場合は太めのハリスを使用したほうがいいだろう。

市販仕掛けの孫バリには、シングルフックを使用したものとトリプルフックを使用したものがある。

それぞれの利点があるのでそれを理解して使おう。

①トリプルフックの利点

孫バリがどこかに引っ掛かる可能性が高く、アタリがあってから掛けやすいハリと言える。

「鹿島だとトリプルを勧めるところが多いかな。特に慣れていない人なんかでも、トリプルなら簡単にハリ掛かりするからね」とは、鹿島港「大春丸」の小堤春夫船長。

シングルフックの場合、エサをしっかりと飲み込ませてからアワセが必要になるが、トリプルの場合は、ガタガタとアタリが強くなった時にはすでに掛かっていることも多い。

トリプルフックの不利な点は、ハリが飲まれやすいことだ。トリプルフックが大きな口の奥深くに掛かっている場合も多く、ハリ外しが難しくなる。

長めのペンチ類を用意しておいたほうがいいだろう。

外せない場合は、仕掛けを切るしかないので、仕掛けの予備は多めに用意しておこう。

自作する場合は、ハリスに親バリ、孫バリを結んだものを多めに用意しておく。

またトリプルフックは、大型が掛かるとハリが伸びたり折れることも。

最初から大型が来る可能性が高い場合は、丈夫なシングルフックを使用するのもいいだろう。

シングルフックはトリプルの逆の点のほかイワシの動きがいいなどの利点も。

「ヒラメはシングルで」とこだわりを持って狙う釣り人も多い。 

このように、孫バリの特徴を理解して仕掛けを選ぼう。

リールは両軸、電動どちらでもOK。最近は電動派が多い

鹿島沖ではトリプルフックを推奨する船宿が多い。オモリは80号と100号を使い分ける

エサ付けでも釣果が変わる!丁寧迅速に!

エサは中型マイワシ

エサは生きたイワシを使用する。

現在は12~14㎝くらいの中型のイワシが用意されている。

イワシの動きがそのままヒラメへの誘いにつながるので、元気よく泳ぐようにエサ付けを丁寧迅速に行おう。

エサはそろそろ投入の合図があるな、というタイミングで付けておくのがベスト。

左手を濡らしておき、手の中にすっぽりと掴み、親指と人差し指で軽くイワシの目を覆ってやると暴れにくくなる。

右手で仕掛けを掴み、まずは親バリを打つ。

親バリは鼻掛けか上アゴに打つ。どちらもそれほど力はいらない。

続いて孫バリ。

シングルフックの場合は、肛門付近からハリを入れ、クルリと刺し回し尾ビレ側からハリ先を出す。

この時、ハリ先は頭の方に向いている状態にしておかないと掛かりが悪くなる。

トリプルフックの場合は、尾ビレの手前に3つのハリ先のうち1つを尾側から頭側に刺すだけでOK。

根掛かりが多い場所ではいずれの場合も背中側に刺すのもいいだろう。

また、すぐに孫バリが取れてしまう場合は、尾ビレのすぐ手前の硬い部分に刺すと取れにくくなる。

エサ付けが終わったら、手を洗いタオルでしっかりと手を拭いておこう。

そのままにしておくと手についたウロコがあちこちにこびり着いてしまう。

また、これから気温がどんどん下がって寒くなるが、手を洗ったら必ずタオルで拭いておく。

これだけでも体感温度が変わってくる。

投入直後に食うことも多いので、船長から投入の合図があった時にはエサ付けを完了しておこう。

エサ付けは素早く丁寧に

横流しを理解して 自分の位置を把握しよう

鹿島エリアではほぼ「横流し」という船の流し方で狙う。

これはスパンカーを上げずに、横から風を受けて流していくというもの。

ある程度流したら船を180度反転させて、今度は逆側から風を当てる。

風がない場合は、潮に流したり船長がエンジン動力で調整してくれる。

鹿島沖でわかりやすいのが、陸の煙突が船首側に見えてたけど、次の流しは後ろ側になっていたという状況だ。

この釣り方の最大の利点は場所に関係なくみんなに平等にチャンスがあるということだ。

船を反転させることで左右も平等になるというわけ。

四隅の席だからアタリが多いということもない。

海底は砂地に粒根があるような場所や魚礁周りなどがメインに。

この釣り方では2つのパターンがある。

①仕掛けが船下に入っていく=抱え込み

風が自分の背中側から吹いてくる時にこの状態になる。

船は自分の前方に流れていくので仕掛けが船下に入っていく。

この時は、自分が新しい場所に入っていくので有利になる側となる。

つまり自分たち側の仕掛けが最初にヒラメと遭遇する可能性が高いということだ。

投入の合図があったら、まずイワシを海中に入れて、次にオモリを入れて軽くサミングしながらオモリを着底させる。

1mくらい上げて待つのが基本に。

オモリがトントンするくらいが理想。

風や潮の状況により、仕掛けが強く引っ張られることがある。

この時に、糸を出していくと、どんどん出て行ってしまうことも。

こうなると反対側の人とオマツリするだけでなく、せっかく自分側が有利なハズなのに、新しいポイントに入るのが遅くなってしまう。

糸を出すのをぐっと我慢しよう。ただし、こういった状況の時、自分のエサの位置が把握しづらくなる。

もしかしたら海底からかなり浮いてしまっているかもしれない。

そんな時、あまりにやりづらいようなら一度、上げてから再度落としてみよう。

②仕掛けが前方に出ていく=払い出し

自分の正面から風が吹いてくる場合は、船が自分の後ろに流れていくため、糸も前方に出ていく。

この時は一応は反対側が有利となるが、諦めてはいけない。

釣りとは面白いもので、不利な場所と思われても、「あれ?こっちが有利な場所なの」と思うように釣れることもある。

こちらの場所でも、オモリがトントンするような感覚をキープする。

やはり流れが強い場合は前方へ前方へ引っ張られるが、こちら側は糸を出すのは問題ない。

怪しいアタリは聞いてみる。失敗してもすぐに上げない

ヒラメのアタリはガツガツと激しく感じるものから、くわえただけでジワーっとモタれるようなものまで様々。

さらに海底を引きずり根に触ったのをアタリと勘違いすることも。

基本は、最初にエサを噛むようなアタリを感じたら少し待ち、次にさらに強く引き込んだら竿を大きく持ち上げるようにしてアワせる。

ただし、こういったわかりやすいアタリの場合ばかりじゃないのがヒラメ釣り。

小さいアタリが続いて全然その先に進まない、またはそもそも違和感はあるけどアタリなのかわからないことも…。

そんな時はゆっくり竿を持ち上げて聞いてみる。

ヒラメがいればそこから激しい引き込みを見せる。

そんな時はアワセを入れる。

もし、根や石だったらそのままガリッとした感触で仕掛けが離れ、「今のは魚じゃなかったな」と確認できる。

アワセを失敗した時、「アー!」なんて言いながらすぐ巻き上げないで、そのまま仕掛けを落としてみよう。

エサがついてくれば再度アタックしてくる可能性がある。

少し待ってアタリがなければ回収して再投入する。

ヒラメはアワセが決まると、異変を感じて底にへばりつこうとする。ここを剥がすときに力が必要だが、最も楽しい瞬間でもある。

底さえ剥がすと比較的ユラユラと上がってくることが多い。

巻き上げは一定のスピードで、ヒラメに刺激を与えないように巻いてくる。

派手な動きでヒラメを刺激させると途中で暴れてバレることも多くなる。

巻き上げ中は出来るだけ竿を水平に保っておき、急に引き込むような時は竿を下げて引きを吸収する。

大型の場合はドラグを効かせながら巻き上げる。

取り込みは仲乗りさんや船長がタモ入れしてくれるが、ヒラメが海面まで現れたら、待ち構えているタモにヒラメを滑らすようにして誘導してやる。

こうするとタモ入れがしやすくなり、ここでもバラシを防げる。

タモの中に魚体が入ったら糸を緩めて、しっかりと収まるようにする。

「水温が下がってイワシが入ってくればその反応を追って大型を狙うこともありますよ」

以上の記事は「つり丸」2020年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
鴨川港「第三新生合同丸」では朝イチはフラッシャーサビキで美味しいクロムツ狙い!その後はイカなどで楽しめる!鴨川沖の豪華リレー釣りが大人気!
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル