MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
船長も驚く当たり年!カンパチジギング絶好調!外房・飯岡沖

船長も驚く当たり年!カンパチジギング絶好調!外房・飯岡沖

「今年は、いままでにないレベルでカンパチが濃いです。サイズも例年より大きくて最高ですよ!」と『幸丸』渡辺一司船長。色とジグのサイズがハマれば連発も!

perm_media 《画像ギャラリー》船長も驚く当たり年!カンパチジギング絶好調!外房・飯岡沖の画像をチェック! navigate_next

外房 飯岡沖 カンパチジギング釣行レポート

船長も驚くほどの当たり年!夕マヅメからのラッシュもある!カンパチジギング絶好調‼

30~80gのジグを1本でカバーできるSLJタックルが、飯岡沖では使いやすい。余裕があれば入れ食いに備えてノーマルの近海ジギングタックルもあればベスト

飯岡沖のカンパチジギングでも非常に実績が高いダイワ/TGベイト&同スリム。魚の筋肉模様を模した3D系新色の「アデルフラッシュ」も加わって戦闘力も大幅にアップ。30~80gまでを幅広く配備したい

ドラグがうなりを上げる!

引きの強さでは青物のなかでもトップクラスになるカンパチ。反転した時のスピードとトルクは、アベレージサイズでもドラグがうなりを上げるほど。これを一度体験したら、もう病みつきだ

「とくにジグのシルエットとカラーはセレクティブですね」とは西尾さん。

ブルピン、オールシルバー、ゼブラやスポットグローシルバーは必携。西尾さん愛用のジグは、オーシャンルーラー/ガンガンジグⅡーW

強烈なファイト!

午前のひとつテンヤから連投という戸部さんは、午前に良型イシダイ、午後にカンパチで帰宅後はマダイも交えて豪華三種盛りを楽しんだことだろう

スロージギング用のジグをハイテンポで使った宮内さんには、なんとダブルでカンパチがヒット。様々な攻め方に可能性があるのがこの釣りだ

夕マヅメ直前には、100~120gのロングジグがハマった時間帯もあった。バイトレンジが深いときは、一気に沈めてダートで追わせるこの手もあるので覚えておこう

夕マヅメにスーパーラッシュが到来!

夕マヅメを釣れるのが幸丸の「午後ルアー船」のアドバンテージ。取材当日もこの直後から、一気に活性が上がり連続ヒットが始まった

夕マヅメは魚種を問わないプライムタイムだが、カンパチはとくにその傾向が強い。当日も撮影が追い付かないほどのスーパーラッシュが到来。そんな時は、強めのタックルでガンガン抜き上げ数を稼ごう

ジギング初体験でこのサイズ!

渡辺さんは、ひとつテンヤで「幸丸」に通っているがジギング初体験。テンヤ竿で強烈な引きを体験し、2㎏級を頭に5匹のカンパチをゲット。「この釣りのハマりそうです」と満面の笑み。ジグは、デュオ/ドラッグメタルキャストSSZ60g(ゼブラグロー)

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「幸丸」

「今年は、いままでにないレベルでカンパチが濃いです。サイズも例年より大きくて最高ですよ!」と渡辺一司船長。

通常は、イナダ、ワラサ、ヒラマサがメインで、カンパチは年末に釣れるのが恒例だったそうだが、今年は10月下旬から釣れ始まった。

ポイントは飯岡沖水深45m前後で、例年のアベレージサイズとなる1㎏前後に加えて、居付きと思われる2〜4㎏が、出船のたびにロッドを絞り込んでいるのだ。

ただし、釣れるパターンは多種多彩で、飯岡沖を知り尽くす渡辺船長をしても、何が一番釣れるかは、現場にいってみないと分からないそうだ。

「しいていえば、一番安定して釣れるのは、SLJチックな6~7㎝で、ダイワのTGベイトのような30~80gぐらいのジグかな?でも、ロングやセミロングのジグがハマるケースもあるし、1日の中でも、時間帯で当たるジグが、コロコロ変わるんだよね(苦笑)」。

同時に、常連さんいわく、色とジグのサイズがハマれば連発があるが、これを外せば、ベテランでも獲れないという。

取材当日は日中は渋ったが、夕マヅメのスーパーラッシュでトップ7匹のオデコなし。

翌日は3㎏まじりでトップ18匹!

近海でカンパチが釣れ盛る、こんなチャンスはめったにない。

今すぐ飯岡沖へ急げ!

以上の記事は「つり丸」2020年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル