MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味い! 駆け引きも楽しい! タチウオ待望の開幕【東京湾】

美味い! 駆け引きも楽しい! タチウオ待望の開幕【東京湾】

いよいよ本格的な夏がやってきました。それにともなって、好調な夏の釣魚が続々と浮上。しかも、そのどれもが美味しい魚ばかりで、思わずビールがすすんでしまいます。さあ、そんな夏の美味魚を釣って、存分に味わいましょう!

ルアー有利だがエサ釣りでも狙える

永井名人も今年の初物を手にした!

一荷でヒット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」.


6月中旬ぐらいから、ポツポツと釣果が記録された東京湾のタチウオ。開幕直後は、金谷沖の水深60~90mという、シーズン初期にしては深い場所がメインステージとなった。
しかし、深場でのタチウオは長くは続かず、例年どおりに大貫沖~観音崎沖の浅場に主戦場が移っていった。
シーズン初期はルアー(ジギング)が有利。6月末ころには、トップ30本以上を記録する船もあったほど。対して、エサ釣りはルアーほど数は伸びないが、トップ10本台はコンスタントに記録されている。
今回取材した金沢漁港「忠彦丸」では、取材当日は全員が型を見て、エサ釣りのトップは15本。その後はムラがあるものの、いい日にはオデコなしで、トップ15本前後の日があった。
タチウオは「幽霊」の異名を持ち、その釣れ具合は神出鬼没。前の日の釣果が良かったからといって、次の日は急に食わなくなったりということも珍しくないのだ。
とにかく東京湾のタチウオは始まったばかりで、これからの夏場は浅ダナで狙える本格シーズン。エサ釣りでも好釣果が安定して続くようになるだろう!

シーズン初期の仕掛けはシンプルイズベスト!

釣って楽しく食べて美味しいタチウオ、最高!

シーズン初期のタナは浅い。海面下30m以内をメインに狙うことがほとんど。浅いタナを狙うときには、30号前後のオモリとLT(ライトタックル)で狙える。「忠彦丸」の取材でも、使用オモリは30号でライトタックルで狙った。
「始まったばかりのタチウオ釣りでは、細かいシャクリでタナを探っていきます。そしてアタリがあったら、そのままシャクリ続けていくと、食い込んでハリ掛かりします。ですから竿は、軟らかめがいいですよ」と話す「忠彦丸」の安田剛船長。
LT用の7対3~6対4調子の竿がベスト。これにリールは、手巻きの小型両軸、または超小型電動を組み合わせる。
道糸はPEラインの2号以下を150mは巻いておく。
そして仕掛けだが、シーズン初期はとにかくシンプルにすることをすすめる安田船長。
標準仕掛けはハリス4号、1.5~2mの1本バリ。そしてチモトには、ビーズやパイプなどのアクセサリー類は付けない。アクセサリー類を付けると、その種類にもよるが、エサの動きが悪くなったり、アタってからの食い込みが悪くなることがあるという。
2本バリの場合は、ハリス4~5号、全長2m。下バリから1mぐらいの位置に小型の親子サルカンを介して15㎝ほどの枝スを出す。
また、ハリについては、エサがズレにくいケン付きがおすすめ。仕掛けの落下、またはシャクることでエサがズレてしまうと、エサの動きが不自然になったり、アタってもエサが取られやすくなってしまうのだ。
そして環付きバリを使う場合は、ハリスの結びにも注意したい。安田船長によると、環にハリスを結ぶと首振り状になってハリ掛かりが悪くなるという。ハリの軸にハリスを結ぶようにしよう。

1mを10回くらいの小ジャクリで誘う!

乗船者全員ゲット!

シーズン初期の浅ダナ狙いでは、海面からの水深でタナが指示される。「忠彦丸」での取材では、「20mから海面まで」のようにタナが指示された。
この場合、20mよりも下に仕掛けを下ろしてはいけない。指示ダナよりも下に仕掛けを下ろすことで、タチウオが驚いて逃げてしまい、反応が消えてしまうこともしばしばあるからだ。仕掛けの落下は、指示ダナの下限でピッタリ止めて、上へと誘い探っていく。
安田船長おすすめの誘いは、1mの間を10回ぐらいシャクって(10㎝間隔の小ジャクリで)誘い上げる。誘いのスピードは、いろいろ試してみよう。ルアーマンの誘いを参考にするのも手だ。
そしてアタリがあったら、そのままシャクリ続けると、タチウオがエサをガツガツと食べてハリ掛かりするのだ。コツは、アタリがあってから、シャクリをさらに小さく、ゆっくりにして誘い上げる。ハリ掛かりが悪いほど、シャクリを小さく、ゆっくりにするほうがいいようだ。

以上の記事は「つり丸」2013年8月1日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00 公開: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00 公開: 2019-01-24 07:00:00
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
更新: 2019-01-15 00:49:26 公開: 2019-01-12 22:00:00
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
更新: 2018-12-25 00:48:52 公開: 2018-12-08 22:00:00
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
更新: 2018-12-06 01:06:56 公開: 2018-11-22 04:40:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読