MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

まだまだ狙えるイナダ&ワラサ、脂も乗って美味【東京湾口・剣崎沖】

9月中旬すぎから本格化した剣崎沖のワラサ。10月中旬の取材でも釣れていたが、今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長によると「11月に入るとワラサは終盤ですかね」と話す。ワラサと並んで釣れていたのがイナダ。こちらはまだまだ続く見込みだ。例年、年末から年明けにかけて数釣りを記録しているので、今後も楽しめそうだ。

晩秋の剣崎沖はワラサ、イナダ、マダイに期待。状況次第で何がアタるか分からない。3魚種に対応できるように仕掛けを準備だ

取材当日は鈴木大揮・若船長も竿を出してワラサをゲット!

船中最初に取り込まれたワラサ。

鈴木大揮・若船長の竿がグイグイと絞り込まれた。

ワラサはタモで取り込む!

「初めてワラサ釣りました〜!」と満面の笑み。

初めてのワラサヒットにドキドキのやり取り。

開始の1投目にヒットしたイナダ。

付けエサのオキアミは抱き合わせ…

または1匹掛けで!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

9月中旬から開幕している剣崎沖のワラサ。10月中旬の時点では、開幕時ほど数は出ていないが、多くの船が型は見ている状況だ。
ワラサの陰に隠れて目立たないが、イナダも9月から好調に釣れ続いている。いい日にはトップ20本を超えるときもあり、数釣りが期待できる。
そして晩秋から初冬にかけておもしろくなってくるのがマダイ。今後は状況次第で数釣りが楽しめる日もあるだろう。
今回、剣崎松輪「大松丸」を取材したのは10月17日。朝イチはワラサが顔を出し、その後はイナダ。マダイは顔を出さなかったが、ヒラソウダ、アジ、マハタ、サバなどがまじった。
「11月はワラサは終盤ですが、イナダはまだまだ続くでしょう。そして、これからはマダイが良くなってきそうです」と「大松丸」の鈴木大揮・若船長は話す。
晩秋の剣崎沖はワラサ、イナダ、マダイが期待できる。状況次第で何が好調にアタるかわからないので、3魚種に対応できるように仕掛けを準備しておこう。
ワラサ、イナダはともに脂の乗りが良くなってきているので、食べるのも楽しみ。終盤を迎えているワラサと食味がアップしてきているイナダを狙って、ぜひ釣行しよう!

海底からのタナ取りと海面からのタナ取り

ワラサ、イナダがアタったポイントには船団ができた。

強い引きはワラサだ。

イナダ、ワラサを狙う時は、とにかくコマセワークが大事。マダイを狙う時よりも手返しよく仕掛けを入れ替えて、しっかりコマセをまくことが大事だ。
「大松丸」の取材では、状況によって海底からのタナ取りと海面からのタナ取りを指示する場面があった。
海底からのタナ取りは、ビシを底まで落としたら、すばやく糸フケを取る。そしてコマセをまきながら、指示ダナまでビシを巻き上げる。
海面からのタナ取りは、指示ダナよりもハリス分、またはハリスの長さの3分の2ぐらい下までビシをおろす。ハリスがなじむぐらいまで待ってから、コマセをまきながらビシを指示ダナまで巻き上げる。このタナ取りでは、絶対にビシを海底まで落とさないようにすること。
イナダ狙いの場合は、幅広い指示ダナが出ることがある。高めのタナで連発することもあるので、アタリダナを探ることも大事だ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読