MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
全面解禁で良型乱舞中!船長のヒラメ必釣術!茨城・波崎沖

全面解禁で良型乱舞中!船長のヒラメ必釣術!茨城・波崎沖

12月1日に茨城海域の生きイワシエサのヒラメ釣りが全面解禁!直後から1〜2㎏サイズのヒラメが高活性!連日、良型まじりで規定数10枚に達する釣り人が続出中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》全面解禁で良型乱舞中!船長のヒラメ必釣術!茨城・波崎沖の画像をチェック! navigate_next

茨城海域ヒラメ 全面解禁でポイント拡大!

近場で良型ゲット率アップを狙え! 幸保重行船長のヒラメ必釣術を学ぶ

11月中はヒラメの禁漁区だった波崎沖が解禁。今後は近場でヒラメ釣りが楽しめる

今期はヒラメの魚影は濃い!イワシの回遊も期待しよう

12月1日に茨城県内の海域の生きイワシエサのヒラメ釣りが一部を残し全面解禁した。

3月いっぱいまでロングランで楽しめる。

11月の部分解禁ではほぼ1ヵ月間、ヒラメは絶好釣だった。

水温が高かったため、解禁前に良型は深場にいて漁ではとられないでストックされていたのだろうと漁師たちは話す。

12月も同じ状況が継続し楽しめるのは間違いないと波崎「庄栄丸」の幸保重行船長は言う。

全面解禁というとフィールドが広がりさらに遠くのポイントを攻めることできる、とのイメージがあるが、利根川河口の波崎の遊漁船にとっては地先の好漁場で釣れるようになったとのことで、さまざまなメリットが生まれることになる。

そのひとつが西風や南風に強いこと。

冬将軍が到来するこれからの季節は西風がよく吹く。

この西風が吹いても波崎沖はベタ凪ぎで出船率はすこぶる高い。

そして、カタクチイワシやマイワシの群れが北から南下して岸近くに回遊すると、その群れを追いながら移動する大型ヒラメ、“渡りビラメ”を狙うことができる。

このヒラメを狙うときはイワシの反応の中で釣るのだが、堤防やテトラ近くにイワシが群れることが多くなるので、「え? こんな陸近くで釣るの?」と感じる人が多くなる。

そこでは4㎏以上の大ビラメがターゲットになるのだ。

12月からは港近くのこんな近場(浅場)がポイントになることも多い。イワシは水深10m以浅に回遊するだろう

「庄栄丸」幸保重行船長のヒラメ必釣術をマスターしよう

現役漁師であり根っからの釣り師でもある「庄栄丸」幸保重行船長。遊漁船の禁漁期には、もちろんヒラメ漁も行っていてヒラメポイントにはめっぽう詳しい。

だから、乗船する船は漁と遊漁と併用だが、船長のスキルに惚れ込んで足茂く通う常連さんも多いという。そんな幸保船長にヒラメ必釣法を聞いた。

まずはタックルについて。

「竿はここ何年もコマセマダイ用を使っているよ。横流し釣りなんで基本的には置き竿釣法をやるからね。リールはアブ。なんといってもドラグ性能がいい。レバー式のクラッチタイプを愛用してるよ」

竿は軽量でコシのあるカーボンのマダイロッド。

リールはPE4号を収納したアブの両軸だ。

クラッチがレバーのものがこだわりという。

どうしてPE4号なのか。

今の流行りはPE2〜3号で太いのではないか?と疑問を持つ人もいるだろう。

「根掛かりしたときに道糸が細いと高切れしてしまうことが多いんですよ。周りの人たちの道糸が細いときはオモリを重くして調整しますので問題ありませんよ」とのこと。

仕掛けは潮色、船の流れの 速さなど状況に応じて変える

さて、仕掛けについてだが、まずはその日の状況を把握することが大事という。

「まずは捨て糸50㎝、ハリス90㎝の基本仕掛けからスタートします。朝いちはヒラメも高活性ですからね。そのときに海の潮色をみます。次に船の流れ方を把握します。これで捨て糸の長さとハリスの長さを調整するんですよ」

幸保式はこうだ。

潮色が澄んでいるときは、捨て糸は長めでオーケー。

逆に濁っているときは短め。

船が流れているときも短めでよい。

澄潮のときは、目のいいヒラメがさらによくエサが見える環境なのでタナは高目でよいということだ。

タナが高いほうが広範囲にエサをアピール可能だ。

逆の濁り潮と速潮または船が速く流れるときは、底のヒラメにはエサが見えにくいのでできるだけ、ヒラメの近くにエサを泳がせる目的で捨て糸を短くする。

ハリスは船が風で流れるときは、長くしてもいい。速いときほど長くする。

逆に流れないときは、短くする。

最短で60㎝までオーケー。

船が速く流れるときは、イワシは生きている死んでいるに関わらず、かなりの抵抗を受けて引っ張られている。

だから、エサのみをアピールさせる目的でオモリからエサが離れていたほうが、違和感なくヒラメが捕食する確率があがる。

逆に船が流れないときは、イワシを効率よく動かすことが必要になり、短ハリスのほうがイワシをよく泳がせることとなり、ヒラメに高アピールさせることができるのだ。

流行りのブルーの水中ライトは、周辺がまだ暗いときは効果があるという。

海が濁っていたり曇りや雨天時も有効だという。

それ以外はあまり効果はないとも話す。

これらの幸保式を頼りに仕掛けをアレンジしてみよう。

潮が澄んでいれば浮上してくるヒラメもよく見える

孫バリを打つ位置はエサの状態とヒラメの活性による

生きイワシのエサの付け方にもこだわりがあるという。

親バリはトラブルが少ない上アゴ掛けにして、孫は根掛かり回避のために背掛けにする。

ヒラメの活性が高いときは孫は背の真ん中よりに、食いが渋いときはできるだけ尻尾よりに刺すという。

「ヒラメの活性が低いときは尻尾のほうから追い掛けて捕食することが多いからね。尻尾側に孫を打つといい」「大きいヒラメが欲しいなら使い古しで弱ったイワシがいいよ」と船長がいう。

元気なイワシはたしかにヒラメの食いがよいが、ソゲサイズ(小型のヒラメ)がよく掛かってしまうという。

生きのよいイワシがよくない、ということでなく普段付け替えてしまうようなイワシも大型狙いに有効だと覚えておこう。

船が流れていればイワシは死にエサでもオーケー。

親バリは口を閉じて下アゴから上アゴに刺し抜き孫バリはできるだけ尻尾のほうに刺そう。

根掛かりは多いポイントでは、孫バリの腹側刺しはNGだが、小型を数釣りたいなら有効だ

タナはたまにオモリが底に着くくらい。竿先の動きに注視

さあ、ここからは幸保船長の実釣編だが、前述したとおり置き竿釣法を基本にするという。

これをやるためにマダイ竿がいいのだともいう。

「まずはドラグ調整。コマセマダイ釣りと同じくらい緩めでいいですよ。置き竿の状態で糸が出ていかないくらいを目安にしてください。タナ取りはオモリが底をズル引きするのではなく、オモリトントンでいいのだけど、たまにオモリが底を叩くぐらいかな。イメージとしては、仕掛けは船に引っ張られてトローリング状態なんだけど、ときどきオモリが底を叩く。そのときに砂煙と振動でヒラメにエサがあることを気が付かせるんだ」という。

置き竿にしているときは竿先の動きを注視する。

竿先は一定のリズムで曲がったりテンションが抜けたりする。

「竿先が曲がるときになにか変化があればヒラメがエサを咥えたか根掛かりした証拠。まずはそれを察知するんだよ。ヒラメ釣りはここからが勝負」

即座にキーパーから竿を外し手持ち竿に変えて30㎝から50㎝ほど送り込む。

食いがいいときは、この“送り動作”のみで食い込ませは完了しているという。

そうでないときは、送り込みのあと、緩めに設定してリールのドラグから糸を手で引きずりだして、通常のアワセ前のポジションにする。

その状態でヒラメの食い込みを待つ。

揺れがあれば、魚に違和感を与えないように揺れに合わせてテンションを保つように操作する。

そうこうしているうちにヒラメは食い直しをしたりしてイワシ1匹を丸のみするようになる。

飲み込んだあとは、竿先にはずっしりとした引きとなって現れるので、スプールを親指でしっかりと押さえたまま、そこで初めてアワセを入れよう。

やり取りが始まったらドラグはまずスタードラグの4分の1ほど締める。

ポンピングせずにリールを巻き上げよう。

魚の重みでリールが巻けないようなら、さらにドラグを締める。

こうやって少しずつドラグを締めていくのが、幸保式だ。

アタリからのフッキング率はほとんどが初動作で決まり数釣りも可能

茨城海域全面解禁!ヒラメ釣行レポート

部分解禁後絶好調で さらにヒートアップ中!

横流し釣法を徹底マスターして 確実ゲット。そして、大型を釣ろう

朝いちのゴールデンタイムには風下側の釣り人は一時4人同時ヒットとなるほど高活性だった

こんなサイズが数枚釣れれば御の字。良型は意外とアタリは小さい

沖の深場で良型乱舞中!

重い引きは良型ヒラメだ。ポンピングしないで巻き上げよう

3㎏にかけるサイズだが、身厚でおいしそうだ

こちらも2㎏級

水深40m前後では良型がそろった

近場&浅場がこれからのポイント

波崎新港の堤防際も大ビラメの実績ポイント

8時の時点でこの通り。桶がいっぱいになった

灘の浅場で良型が来た。イワシが回遊してくれば、確変あり

タナさえきちんと守れば、確実釣果を期待できるのが波崎沖のヒラメ釣りなのだ

ゲストのマハタもうれしい!

マハタも多い。年々サイズアップ中/エサはマイワシ。弱ったエサが良型狙いの特エサだ

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「庄栄丸」

12月1日に茨城海域の生きイワシエサのヒラメ釣りが全面解禁した。  

11月の部分解禁後約1ヵ月間、小休止することなく釣れ続いていたためヒラメの群れの濃さはお墨付き。予想どおり、解禁直後から1〜2㎏の食べごろサイズのヒラメが高活性。

連日、良型まじりで規定数10枚に達する釣り人が続出中。
 
海水温がさらに低下すれば、マイワシやカタクチイワシたちが沿岸の浅場に回遊してくる。

それを追う大型の“渡りビラメ”が釣れるようになると、さらにヒートアップすること間違いなしだ。

「実は漁ではヒラメは芳しくなかったのだけど、その分、ヒラメたちはストックされていたようで、解禁後の魚影は十分ですよ。うちでは連日ボウズなしで楽しめています」とは、現役漁師でもある幸保重行船長の言葉。

緻密な操船でヒラメを釣らせてくれる幸保船長は、自らもヒラメ釣りを得意とし、コマセマダイロッドを使った置き竿釣法で確実にヒラメを掛けるという。

「まずは潮色をみて捨て糸の長さを決めましょう。次に潮と船の流れ方次第でハリスの長さを決めましょう。あとはアタリが出たときの初動で釣れるか否かが決まります」と船長は言う。

5㎏越えの大型も期待できる12月以降の波崎沖のヒラメ。

横流し時のちょっとしたテックニックをマスターしてヒラメ釣りを120%楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2021年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル