MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房 大原沖SLJ!本命マハタ3㎏級!ワラサ&ヒラマサ期待大!

外房 大原沖SLJ!本命マハタ3㎏級!ワラサ&ヒラマサ期待大!

関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

大原沖スーパーライトジギング 釣行レポート

専用ロッドは、細身でもバットにパワーがあるので、メインラインが1.2号なら3㎏超ワラサも怖くない。「広布号」では10㎏級のヒラマサの実績もあるのだ

大原沖で断トツの実績を誇るのが「広布号」オリジナルジグ&ダイワ/TGベイトSLJシリーズ。注目のNEWカマー・TGベイトスリムも登場。スーパーライトジギングの人気はますます過熱中だ

ポイントは港から40分以内の大原沖の根をドテラ流しで釣る。根といってもボトムは柔らかい泥岩なので、着底そく根掛かりが少ないのがありがたいポイントだ

アワビ張りのオリジナルジグは船長の手作り。この5色がメインカラーだが、人気が高いので欠品も度々。それほど実績が高いのである

PE1号前後のラインにマッチする軽く繊細なタックルで、テクニカルにターゲットに迫るのがスーパーライトジギング。「小さなジグだからこそ食ってくる魚がいる」面白さに百戦錬磨のベテランも夢中になっている

大原沖のこのゲームで、主役になるのが2㎏以内のイナダと年々魚影が濃くなっているマハタ。一年を通じて狙えるが、晩秋以降は食味も最高なことが魅力を倍加している

イワシの群れが入れば 青物が本格化する!

晩秋から年末にかけて、房総半島にはセグロ(カタクチイワシ)の大群が南下してくる。この兆しがあれば、青物は一気に本格化するので最新情報を注目したい

当日、一番マメにジグローテをしていた稲岡さん。見事午前船で第一号のイナダをキャッチ

当日は、潮が動かず青物は苦戦したが、夕マヅメにイナダやヒラソーダが口を使ってお土産になった。

同時にヒラマサと思しきラインブレイクもあった

週一で広布号に通う菊池さん。定番のアタリカラーである「白アワビ」でチューンしたジグで見事良型のマハタを仕留めた。ジグのカラーローテは必須のテクだ

当日の最大のマハタは3㎏ジャスト!

この魚は、白アワビの「広布号」オリジナルジグにてボトムから3ジャーク目で午前船の上がり直前にヒット。幸運なアングラーは匿名希望の「チャカ」さんは、当日は大きなアカヤガラもゲットして高級食材が揃った?

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「広布号」

いま関東近郊におけるSLJ(スーパーライトジギング)のメッカとなっているのが大原沖だ。

小さなジグを使うことで、魚に口を使わせるこのゲームは、軽いジグとタックルが入門の敷居を下げてくれるから全国的に大人気。

それをフルシーズンサポートしてくれるのが大原「広布号」なのだ。

「難しくて激しいジャークは不要。ただ巻きとリフト&フォールができれば、初めての人でも十分楽しめますよ」とは野島幸一船長。

当日もベテランを尻目に、ルアー初挑戦の人が釣果を上げる場面もあった。

さらに大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることもある。

取材当日は、青物は不調だったが、3㎏を頭に、この裏本命がアングラーを喜ばせてくれた。

「じつは、マハタを本命にウチに来る人が一番多いかも(笑)」と船長。

今後は、「セグロ(カタクチイワシ)」の南下が始まるのが恒例なので青物も好機。

午後船ではヒラマサと思われるラインブレイクもあったので、最新情報は要チェックだ。

以上の記事は「つり丸」2021年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル