MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
八景沖のスミイカはサイズアップで乗り味もグッド【東京湾・八景沖】

八景沖のスミイカはサイズアップで乗り味もグッド【東京湾・八景沖】

東京湾のスミイカは秋に開幕して、長いときは2月3月ぐらいまでが釣期だが、餌木による釣りは浅場でできる12月ごろまでがシーズンとなる。現在、スミイカ釣りは伝統的なテンヤをはじめ、餌木や胴付きなどさまざまな方法で狙うことができる。その中にあって餌木の釣りは、誰でも手軽に楽しめるため、近年人気を集めている。

バシっとアワせるとズシッ! という衝撃がくるのだ。この瞬間、これこそがこの釣りの最高のときだ

この日は北東強風と大雨というかなり厳しいコンディションで苦戦したが良型ゲット! 「ようやくアタリがわかりました」と田中慎也さん。

乗った瞬間の重量感は衝撃的だ。

「おっとっと」。墨を吐かれてもいいように、白い側を海に向けよう。

アタリを取って、乗りを確信してアワせて乗せる。ズシッ! と乗ったときは喜びもひとしおだ。

サイズは200〜400gくらい。このところ良型も多くなってきた。

ポイントは八景沖の近場主体。水深は10〜20mと浅い。

抜群の釣り応えと食味で人気の高い東京湾のスミイカ。中でもこの餌木による釣法はアタリを取って掛けることからゲーム性が高く、それでいて誰でも楽しめる手軽さもあって近年人気上昇中の釣りだ。
「今シーズンは特別多いというわけではないけど、まずまずじゃないですか。最近はサイズもうんとよくなってきましたよ」とは、金沢漁港「忠彦丸」の前川悟史船長。
ポイントは航程10分程度の八景沖主体。水深は10m前後と浅い。ここにオレンジかピンクの餌木を沈めると、竿先にかすかな乗りの兆候が現れる。すかさずバシっとアワせるとズシッ! という衝撃がやってくる。この瞬間こそがこの釣りの最高のときだ。
「餌木はオレンジとピンクだけでいいですよ。この2つがあれば十分です」
これからさらに大型化するスミイカ。深場に落ちるまで餌木で楽しめるぞ。

餌木のカラーはオレンジとピンク、この2色で十分

餌木はオレンジとピンクだけで大丈夫だ。サイズは2.5号メインに、中オモリは10号を使用。

竿は1.5m前後から1.8mほどのものが扱いやすい。マルイカ竿、ショウサイフグ竿、LTゲームロッドなど、穂先の感度の良いものがいい。さらに胴はしっかりとしたものを選ぶといいだろう。
リールは小型両軸。道糸はPE1号前後にリーダーをつけておく。ここに中オモリ10号を介し、ハリスはフロロ4号を1.5m。この長さは取り込みしやすい長さでもある。
「ハリスにスナップを付けて餌木を接続する人がいますが、スナップがないほうが乗りがいいです。直結するようにしてください」
餌木は2.5号をメインに、3号まで使用するが、2.5号だけでもいいだろう。
「餌木のカラーはオレンジとピンク、この2色で十分です。あれこれ迷うんだったら、この2つをローテーションすればいいですよ。ウチでは、この2つ以外は使っちゃダメ、って言うぐらいですから」
ちなみにこの日は、若干オレンジに分があったようだったが、ピンクにもしっかりと乗っていた。

餌木スミイカは、こうして釣るべし

釣り方は、まず餌木を投げ入れ、中オモリを落として底を取る。底を取ったら、アタリを待つ状態の竿の位置にして、正確に1m上げる。これが基本のタナだ。タナは潮の流れや乗りの状況によって多少上下させてやる。タナ1mだと、ちょうど餌木が海底から50㎝ぐらいのところにある。このレンジにキープできるようにイメージしよう。
イカのアタリじゃないのに、何かが触るように感じるとき、餌木が海底に触れている可能性が高い。こんなときは少し上げてみよう。また、自分だけアタリがないようなときは、高すぎる可能性もある。こんなときは少し下げてみよう。
タナでステイしたら、竿を平行よりも少し下げた状態にして、竿先を注視しよう。ここでもし、「ツン」とか「フワ」っとして動きがあったらすかさずアワせよう。アワセは、「ひょっとしたらいるかなあ?」などと半信半疑でアワせると、アワセが弱すぎてしっかりとハリ掛かりしないことがある。こうなると巻き上げ中にバラしたり、取り込み時に墨を食らう確率が増す。手を添えてもいいのでしっかりとアワせよう。
「アタリがなくても7〜10秒に1回は空アワセを入れてください。特に慣れない人はマメな空アワセが必要です。これを4、5回やったら底を取り直して、もう一度タナを取ります。これが誘いにもなるのです」
餌木を積極的に動かすわけではないが、空アワセとタナの取り直しが誘いとなるのだ。もっと積極的にタナを取り直すのもいいだろう。
また、水深が浅いので、いくらタナを取り直しても餌木はだいたい同じような場所に漂っている。しばらくやって乗りがない場合は、一度巻き上げて、再度入れ直すのも効果がある。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読