MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラメ&アマダイ贅沢リレー!ゲストも超高級!相模湾・葉山沖

ヒラメ&アマダイ贅沢リレー!ゲストも超高級!相模湾・葉山沖

葉山あぶずり港「秀吉丸」ではヒラメ& アマダイを両方楽しむ!超贅沢&よくばりスタイルのリレー釣りが大人気!ゲストも超高級!釣り納め&初釣りにオススメです!

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラメ&アマダイ贅沢リレー!ゲストも超高級!相模湾・葉山沖の画像をチェック! navigate_next

超贅沢&よくばりな高級魚リレー釣りは想像以上に手軽です!

前半ヒラメ後半アマダイ!ゲストも超高級だ!

ポイントは葉山沖。ヒラメもアマダイも超がつくほどの高級魚であり、しかも生きエサの釣りと、コマセを使わずエサだけで食わせるというテクニカル系のふたつのスタイルの釣りが楽しめる。本当に贅沢だ!

生きイワシの泳がせで狙うヒラメと、オキアミエサで狙うアマダイという、釣り物としてどちらも絶大な人気を誇るターゲットを、なんと一日で両方とも狙ってしまおうという贅沢なリレー釣りが、葉山あぶずり港「秀吉丸」のヒラメ・アマダイだ。

「かなりマニアックなスタイルだとは思いますが、これが案外人気があって、一度来ると結構な確率でリピーターになってくださいます。正直、よくばりな釣りですよね」とは、葉山あぶずり港「秀吉丸」の栗飯原力太郎船長だ。

これからの時期のヒラメは寒ビラメと呼ばれ脂が乗って間違いなく美味。

アマダイは高級料亭で扱われるほどだから食味に関しては言うに及ばずで、釣りはまさに今がベストシーズンを迎えている。

しかも、リレー釣りだからと釣りも釣果も中途半端な感じになるわけでもなく、取材当日は両本命をしっかりと釣る人がほとんど。

そのうえ、嬉しいことにゲストも高級魚のオンパレードだ。

取材日はマダイ、マハタ、オニカサゴ、イナダ、カサゴ、アカヤガラ、マトウダイ、イトヨリなどが登場した。

日々の釣果は船宿HPに随時アップされるので、ぜひチェックしていただきたい。

詳しくは後述するが、タックルについても難しく考える必要がないというのも嬉しい。

それぞれ専用のものを用意できればベストだが、ゲームロッドまたはLTロッドと小型電動リールがあれば、両方の釣りを楽しめてしまうのだ。

一日でふたつも人気の釣り物が楽しめて、タックルも共通のライト系でOK、さらに釣果も期待できるとなれば、人気が出ないわけがないのである。

そんな「秀吉丸」のヒラメ・アマダイ船の一日の流れとしては、11月下旬の取材時は7時に出船し、まずはヒラメのポイントへ。

10時半頃までヒラメ釣りを楽しみ、その後は沖揚がり時間までアマダイを狙った。

港からヒラメのポイントまで、そしてヒラメのポイントからアマダイのポイントまではそんなに離れていないので、どちらも釣り時間はたっぷりとあった。

LTが1タックルあれば、あとは仕掛けを変えるだけ

タックルは、前述のようにそれぞれ専用のものがあればそれに越したことはない。

だが、ゲームロッドまたはLTロッドと小型電動リールがあれば、仕掛けを変えるだけでヒラメもアマダイも両方楽しめてしまう。

ここが、「秀吉丸」のこの釣りが人気であるゆえんだろう。

案外手軽に楽しめるのである。

もちろん、「秀吉丸」にはレンタルタックルがあるので、それを利用するのも手だ。

潮の流れや水深によってオモリは60号もしくは80号を使用するので、竿はそれに対応可能なものであればOKだ。

道糸は2号を推奨している。

仕掛けはヒラメもアマダイも一般的な市販品でOK。

だが、ヒラメは孫バリがシングルのものを「秀吉丸」ではすすめている。

シングルのほうがイワシが弱りにくく、また案外起伏の激しいポイントを狙うので、根掛かりしにくいというメリットがある。

アマダイの仕掛けでは、「秀吉丸」ではクッションゴムを入れることをオススメしている。

「案外デカイのがヒットするんです。クッションゴムに助けられることは多いですよ。ナシでは切られることもしばしばです」と栗飯原船長。ぜひ入れておこう。

とにかく素早く丁寧に。エサ付けが超重要!

次は釣り方。まずはヒラメだ。

「ヒラメ釣りで一にも二にも重要なのは、エサ付けです。エサ付けは素早くかつ丁寧に、そして確実に行ってください」と栗飯原船長は言う。

当日、取材中に釣り人の間で時々聞かれた言葉が「イワシがちゃんと付いているのか、元気なのかが心配」というもの。

そのために仕掛けを回収して点検していては、貴重なチャンスを逃してしまう。

自信を持って確実にエサを付けられれば、そのような無駄な時間はなくなる。

しかもエサが元気であればあるほどヒラメにアピールしてくれる。

エサ付けは、親バリは上アゴの硬い部分に刺し抜き、孫バリは1回目は肛門から刺す。

肛門に刺した孫バリが外れるなどしてしまったら、今度は背中に刺す。

なぜこのようにするかとえいば、「船に積んでいるイワシの量には限りがあります。早く使い切ってしまえばヒラメ釣りの時間が短くなります。みなさんで協力し合って、イワシは大切に扱っていただけるとありがたいです」と栗飯原船長。

ぜひご協力いただきたい。

オモリが海底に着いたら基本は1m上げて待つが、起伏が激しいポイントも狙うので、底ダチはマメに取るようにしたい。

また、高い根に船がさしかかるようなときは、船長がそのことをアナウンスしてくれる。

そんなときは一気に5mほど仕掛けを巻き上げ、ゆっくりと落としていくことを繰り返してかわしていく。

速くドスンとオモリを着底させてしまうと、根掛かりのリスクが高まってしまう。

「アタリがあったら送り込むようなことはせず、竿はそのままの角度を保って待つようにしてください」強い引き込みがあったら、乗せるようにしてアワセを入れよう。

ヒラメ狙いのエサは生きたマイワシ。仕掛けは孫バリがシングルタイプがオススメ。

オキアミだけで釣るというゲーム性の高さが面白い

次はアマダイの釣り方だ。

アマダイは仕掛けも釣り方も非常にシンプルで、コマセ(まきエサ)を使うことなく、2本のハリに1匹ずつ付けたたった2匹のオキアミだけで本命を狙う。

どこにアマダイがいるとも分からない広大な海底付近に、数センチという小さなオキアミが2匹漂っているだけである。

それをアマダイに食わせるのだ。

そう考えれば、非常にゲーム性の高い釣りといえよう。

とはいえ、難しい釣りなのかといえば、決してそんなことはない。

基本は、仕掛けの全長が2m程度であればオモリを海底から1m上げ、下バリのオキアミが海底スレスレぐらいをキープするよう調整してやる。

そして時折竿を大きくゆっくりと上下させて誘うだけだ。

重要なのは、いかにオキアミを海底スレスレにキープするか、ということ。海には潮の流れがある。

潮が速ければ仕掛けは横になびくので浮き上がる。

その分オモリを下げたり、ガン玉を打つなど仕掛けを重くしたりすればよい。

逆に潮が緩ければ仕掛けは立つ。つまり、その分オモリを上げてやればよい。

その調整がバッチリとハマり、アマダイがヒットしたときが最高に嬉しいのである。

タナの調整の目安となるのが、ヒットする魚(一般的には外道)の種類。アカボラと呼ばれるヒメコダイが釣れればドンピシャ。

ガンゾウビラメやムシガレイ、トラギスが連発するようであれば低い。

キダイが連発すれば高い。

「潮次第ではありますが、例年では春頃まで楽しめます」と栗飯原船長は言う。

だが、そんな先ではなく、ぜひこの年末年始に行っていただきたい。

しかも、「秀吉丸」では今回取材したヒラメ・アマダイリレー船の他に、マダイ五目・アマダイというこちらも超魅力な釣り物も用意されている。

これはもう両方行くしかないでしょ!

オキアミは尾をハサミで切り、真っ直ぐ刺そう

【相模湾・葉山沖】ヒラメ&アマダイ贅沢リレー 釣行レポート

前半はヒラメ狙い。1㎏クラスが多いが、3㎏級や5㎏オーバーもキャッチされている

サイズは1kg前後が主体だが、この時期のヒラメは“寒ビラメ”と呼ばれ脂の乗りが最高だ。

取材前後には5kgオーバーや3kg級も!

アタリがあったら送り込むなど小細工はせず、そのまま待つ。強い引き込みがあったら、乗せるようにアワセを入れる

後半はアマダイ狙いへ。一日でふたつの釣り物を楽しめてしまうのが「秀吉丸」のヒラメ・アマダイリレー釣りだ

リレー釣りというと中途半端な釣果になるのでは…と思われるかもしれないが、これが案外釣れるんです!

アマダイは海底の泥や砂に潜って生活していると言われ、上方を見てエサを探していると想像できる。誘いはゆっくりと大きく竿を上下させて行うのが基本

食味ばかりがクローズアップされがちなアマダイだが、コマセを使わずハリに付けた小さなオキアミだけで釣るという釣趣も最高だ

取材日は潮が流れず魚の活性は低めだったものの、ほとんどの釣り人が本命キャッチ!

「秀吉丸」初乗船という中島さんは、レンタルタックルで本命のヒラメとアマダイの他に、ヒラメ狙いのゲストとしてなんと5.5kgのマダイも!最高すぎでしょ!!

アマダイ狙いのゲストでは定番のオニカサゴも登場

ヒラメ狙いのゲストではマハタにカサゴ。その他、マトウダイやアカヤガラ、イナダなど。本当にいろんな種類の魚が釣れるのもこの釣りの大きな魅力だ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」

通 常は単一の釣り物として狙うヒラメとアマダイを、なんと一日で両方楽しんでしまおうという、なんとも贅沢でよくばりなスタイルが、葉山あぶずり港「秀吉丸」のヒラメ・アマダイのリレー釣りだ。

そんなスタイルだから、本当にどっちも釣れるの…? 中途半端になるんじゃない? 

なんて思う方もいるのではないかと思い、ここではドドンと釣果写真を掲載してみたのだが、いかがだろう?
 
本命のヒラメとアマダイの他に、マダイ、マハタ、オニカサゴなどと、本命が高級魚ならゲストも高級魚ばかり。

しかも、これでも当日の釣果のほんの一部だ。

もちろん相手は自然で海のことだから絶対はないが、この釣りは思った以上に手軽で、そして“釣れる”というのが印象。

だから釣り納めや初釣りに絶対オススメ!!

以上の記事は「つり丸」2021年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
茨城海域の全面解禁で、最盛期を迎えた関東エリアのヒラメ釣り!茨城・鹿島沖でも、エリア拡大でヒートアップ確実!漁礁、平場、イワシの回遊を狙い分け大型&数釣りを満喫しよう!
東京湾のアマダイが、絶好シーズンに突入!早くも50㎝オーバーの特大が浮上中!!潮具合でタナを調整しながら良型&数釣りを楽しもう!!
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
最新記事
小坪港「洋征丸」では、アジ五目が絶好調!ビシアジスタイルでマダイ、根魚、青物も狙う豪華なアジ五目!ぜひチャレンジしてみよう!
ブランド鹿島ダコの本格シーズン開幕中!餌木タコ釣法でビッグ サイズをゲットしよう!!12月は大型メインのシーズン!丁寧な小突きがカギだ!
【相模湾・福浦沖~真鶴沖】午後出船で冬の、のんびりカワハギ釣りを満喫!スレ知らずの個体はビギナー入門最適!マダイは午前午後で五目で楽しもう!
つりジェンヌ マナーアップキャンペーンキャッチフレーズ大募集!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル