MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型幅広超絶美味アジ、釣るなら今しかないぞ!!【東京湾・走水沖】

良型幅広超絶美味アジ、釣るなら今しかないぞ!!【東京湾・走水沖】

9下旬の取材頃はぷっくりまん丸体型の良型アジが、トップで50〜60匹と絶好調。帰宅してさばいてみると、お腹の中には白い脂の塊がたっぷり入っていて、身は甘みが強く、刺身やタタキ、塩焼きなど、どんな料理にしても超絶美味。そんな美味しいアジが、今ならよりサイズ良く、より数釣れて、より釣り易いとなれば、これは行くしかないぜ!

アジは夏から秋にかけてが一年で一番脂が乗っていて、最高に美味しい。しかも、数も期待できるのだ

「見るからに美味しそうでしょ! これは間違いないよ!!」とコジレイこと児島玲子さんも太鼓判を押す走水沖のアジ。実際、お腹の中には脂がたっぷりで、身には甘みもあって、超絶美味しかったです!

「ダブルやトリプルで数を伸ばすのもいいですが、手返しよく釣ることも重要ですよ」。

十分な数のお土産が確保できたので、後半はあくまでも“ゲスト”のマダイを狙うと…。見事に良型をキャッチ!

脂分の多いイワシのミンチのコマセを触った後は、手にはニオイや脂が残りやすい。「そんなときはビートロピカルの『チュラティーラ』がオススメです! コレ、本当にいいですよ! 原材料は天然由来成分なので、船上で洗ってそのまま洗い流せるんです」。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「関義丸」。

アジは夏から秋にかけてが一年で一番脂が乗っていて、最高に美味しいときです。しかも、数も期待できます。今期は平均的に数もサイズもいいので、まさに今がチャンスです」と話すのは、周年走水沖のブランドアジを狙って出船する、走水港「関義丸」の関口道義船長。
9月下旬の取材時は、ころんとした体型の30〜35㎝ほどの食べ頃幅広アジがトップ50〜60匹と絶好調! 帰宅してさばいてみると、お腹の中にはビッシリと脂の塊が入っていて、もちろん身も脂ノリノリ!
「刺身、タタキ、塩焼き、フライ、開き、それから竜田揚げや南蛮漬けにしてもいいね。ここのアジは本当に何にしても美味しいよ! ぜひしっかり釣って、たっぷりと味わってくださいね」
関口船長によると、例年では年内いっぱいから1月末頃までがとりわけいい時期とのこと。取材時は夏日だったのでみなさん半袖だが、さすがに本誌発売以降は船上は寒いので、寒さ対策もお忘れなく!

竿は取り回しがよく持ち重り感の少ない2m前後の短めがお勧め。仕掛けはハリス2〜3号2mの2〜3本バリだ

常連さんたちは手返しよく数を伸ばしていく。この日釣れたアジはみんなこのような良型ばかり!

「ビシアジ釣りはキーパーに掛けて待つことが一番ダメです。食って来るときは30秒あればアタリが出ます。必ず手持ちで釣るようにしてください」と関口船長は言う。したがって、竿は取り回しがよく持ち重り感の少ない2m前後の短めがオススメだ。
ビシはアンドンビシの130号。仕掛けはハリス2〜3号2mの2〜3本バリだ。数を伸ばすには3本バリ仕掛けで積極的に多点掛けを狙っていくことは有効だが、仕掛けの扱いに慣れない人は手前マツリが増えたり、魚を取り込んだ後に仕掛けが絡まってしまったりして、むしろ手返しが悪くなってしまう可能性もある。慣れない人は、最初は2本バリ仕掛けから始めてみよう。
また今回コジレイは、最初は3本バリ仕掛けを使っていたが、手返しが悪くなるからと途中から2本バリに変更した。こうすることでオマツリしてもほどきやすくなり、魚をハリから外す際にも仕掛けが絡むトラブルが減り、むしろ仕掛けが海に入っている時間は長くなったほど。つまり手返しが圧倒的によくなったことで、釣果も順調に伸びていったのだ。
「しかも、入れ食いの状況では3本バリでたとえばパーフェクトを続けてたくさん釣ったとしても、そんなには食べられません。それならば、少ないハリ数で1〜2匹を楽しみながら確実に釣っていったほうがいいと私は考えます。それでも半日釣れば食べるには十分な数になりますよ」(コジレイ)

アジはタナが命! タナボケ要素を排除せよ。

脂がたっぷりと乗って超絶に美味なアジが絶好調とあって、平日でもこの賑わい! ポイントは港の目の前だ。

「ここのアジは一度食べたら他のは食えないよ!」とは、横浜・港南台で寿司屋さんを営む常連さん。寿司屋さんが言うのだから間違いない! なんとトリプルを豪快に抜き上げた。

アジは50㎝タナが違えば食わないといわるほどタナ取りが重要。したがって、タナ取りの方法はしっかりとマスターしておきたい。
タナの取り方は2つ。ひとつは、一般的な海底から取る方法。もうひとつは、仕掛けを底に着けてしまうと根掛かりのリスクが高いために、上(海面)から取る方法だ。
底からタナを取る場合、タナは概ね底から2〜3mと指示される。重要なのは、コマセを振ってタナ取り作業に入る前に、糸フケをしっかりと取っておくこと。これを行うのと行わないのとでは、釣果が大きく変わってしまう。とくに水深が深い場合は、道糸はサミングしながら出し、水深の半分ほどでいったん糸を止めるといった配慮も必要だ。
上(海面)からタナを取るときは、電動リールのカウンターではなくPEラインのマーカーで水深を確認することが大切。もちろん、道糸の先に付けるスナップスイベルがきっちりと10mごとのマーキングで結ばれていることも確認しておこう。
釣り方の基本は、持っていきたいタナの1m下から50㎝刻みで2回コマセを振り、タナに合わせる。
その後の待ち時間は30秒ほど。それでアタリがなければ、再び50㎝ずつ2回コマセを振り、1m上げて待つ。そこで30秒待ってアタリがなければ、底からのタナ取りなら海底までビシを着け、再度コマセを振ってタナへ。
上からのタナ取りであれば、1m下げてコマセを2回振ってタナへ。これを2セットまたは3セット(コマセの残り具合で2セットがいいのか3セットできるのかは判断する)したら仕掛けを回収し、コマセを詰め、付けエサをチェックして再投入する。
このように、ビシアジ釣りは実は大変忙しい釣り。置き竿にしてアタリを待っているヒマはないのだ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読