MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タイラバ&夜タチウオリレー!奥駿河湾のスーパーライトゲーム!

タイラバ&夜タチウオリレー!奥駿河湾のスーパーライトゲーム!

清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

タイラバ&夜タチウオが面白い!奥駿河湾のスーパーライトゲーム!大物狙いは今がチャンス!

PE1号のラインとタイラバと同じウェイトを使うなら各種のジグや一つテンヤ風の「エビラバ」の併用も可能。常連さんたちは、ベイトだけでなくスピニングタックルも用意して、戦略の幅を広げていた

PE0.8~1号を使うラインシステムのゲームをタイラバと同船で楽しめるのが清水「大宝丸」のスタイル。取材当日のような午後船ではタイラバ&夜タチウオのリレー。午前船ではタイラバ&SLJというケースも。タイラバ、ジグとも可能な限り幅広いウェイトを用意して乗船するのが定石だ

水深の変化に富む奥駿河湾は、岸から至近のポイントでシャローとディープが混在している。ゆえに魚種も豊富で多彩な攻め方にて各種のスーパーライトゲームが楽しめる

田西さんのマダイは、潮がないため両舷流しで釣っていたから、船を一周する大捕り物となった。船長リードで無事ネットインした瞬間、船内からは安堵の歓声があがった

美形でパワフルなマダイが多いのがこのエリアの持ち味。船長いわく2kg超がアベレージのポイントも少なくないという

夕マヅメに訪れたバイトラッシュ!

取材当日は、湖のように潮が動かない典型的な「凪ぎ倒れ」だったが、「今日は、やるならここしかない」という長橋寿光船長の戦略が的中し、田西さんを皮切りに、短時間ながらマダイのバイトラッシュが始まった!

「小さいけど、なんとか間にあいました(笑)」とは常連の宮島さん。超激渋の取材日でも時合を外さないのはさすがだ

船中最大はスロージギングで…

「タイラバとはなぜか相性が悪くて(苦笑)」という中村さんは、ML級のシーバスロッドを使ってダイワ/鏡牙ベーシック160gをスロージギング風にリフト&フォール。

これにヒットしたのが当日最大の2㎏超。ヘッドシェイクでスナップを伸ばされつつも上がった値千金の一枚だった

夜タチウオは今後の動向に注目!

例年なら超浅場で大型のベイトに付いた3㎏級ドラゴン狙いとなるのが恒例だが、今年はまだまだ秋の釣りがつづいているもよう。

最盛期には、キャスティングでも狙えるレベルの浅場で「F8(指8本)」が飛び出すのが「奥駿河湾」の釣りだ

夜タチではテンヤの使用もあり

夜タチウオ狙いでは、タチウオテンヤの使用も可能。大型への効果は船長も太鼓判を押しているので、ぜひ試してみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」

中部エリアでは、もっとも早くタイラバゲームが定着した駿河湾西部。

その中でも、清水「大宝丸」は、タイラバを軸にしたリレー船で、「奥駿河湾」のユニークな遊び方を提案してくれる。

「今日みたいな午後出船(おおむね13時前後に集合)は、タイラバから夜タチウオ狙いが面白いね。今年はちょっと遅れ気味だけど、ここらのタチウオは、西風で荒れた日が多くなると浅場にコノシロやカマスが入るから、F8(指8本3㎏級!)サイズが出るよ」と長橋寿光船長はいう。

タイラバでも、ディープかシャロー(水深20~60m)のいずれかで3㎏超のマダイが狙えるシーズンとなる。

「夜タチのジグにも、デカいマダイが食ってくることもあるからね、冬でもシャローの釣りは面白いよ」という。

まさに水深の変化に富み、魚種とポイントな豊富な「奥駿河湾」ならではのメニューである。

取材当日は、コマセの船でもサジを投げるほどの潮が動かない「凪ぎ倒れ」だったが、夕マヅメには、マダイのバイトラッシュ(大ダイと思われるフックアウトも)。

夜タチと軽く遊んで沖揚がりとなった。

なお、取材翌日の午前船では2本のブリが出たとか。

西風=シケの回数が上がるほどに大型率が上がる。

「大宝丸」の最新の情報からは目が離せないところだ。

以上の記事は「つり丸」2021年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル