MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型期待大!タチウオ冬の陣!東京湾・観音崎沖周辺

大型期待大!タチウオ冬の陣!東京湾・観音崎沖周辺

東京湾のタチウオがおもしろくなってきた!今後は観音崎沖周辺で大型が期待できる冬シーズン!アタってからのカケヒキと強い引きを楽しもう!!

perm_media 《画像ギャラリー》大型期待大!タチウオ冬の陣!東京湾・観音崎沖周辺の画像をチェック! navigate_next

観音崎沖〜猿島沖が12月前半に復調傾向

今回の「五郎丸」の取材では、観音崎沖〜猿島沖の水深60m前後を狙った

2020年の夏場は、テンヤでのドラゴン級の大型フィーバーで盛り上がった東京湾のタチウオ。

晩秋頃にはテンヤでの釣果が低調になり、盛り上がりも一段落。

再びテンビン仕掛けの釣り方がメインになってきた。

そんななか11月中旬以降は久里浜沖〜下浦沖の水深150mという深場で好釣果を記録するようになった。

しばらくは久里浜沖方面で安定してまずまずの釣果が記録されていたが、12月の前半に観音崎沖〜猿島沖周辺が復調。

トップ30本以上を記録する日もあり、ドラゴン級の大型もまじっている。

12月中旬の時点では、テンヤよりもテンビン仕掛けに分があるが、今後は再びテンヤがおもしろくなる可能性もある。

冬場の観音崎沖周辺は、大型が期待できるので、今後が楽しみ。2021年の初釣りにもオススメだ!

80号オモリに対応したタックルを用意!

今回取材した鴨居大室港「五郎丸」での使用オモリは80号。

竿は80号オモリに対応した7対3調子のライト用、またはゲームロッドなど。

ライト用ロッドやゲームロッドは、対応するオモリの号数が幅広い。

釣れる水深が変わって、オモリの号数が変わっても対応しやすい。

竿の長さは2m前後。

リールは小型電動、または小型の手巻き両軸。

「五郎丸」では、道糸はPEラインの2号を指定している。

リールには150m以上巻いておこう。

リールは小型電動がオススメ

取材当日の道糸とオモリの指定は、道糸がPE2号、オモリが80号を使用

ハリスは6〜8号、エサ付けはていねいに!

タチウオ仕掛けは、アクセサリーなどをあまり付けないシンプルな1本バリが主流になっている。

しかし久里浜沖〜下浦沖のように水深150m前後の深場を狙う場合は、浅場よりも手返しが面倒になるので2本バリで狙う人も目立つ。

12月に入って復調してきた観音崎沖〜猿島沖では水深60m前後を狙うので、シンプルな1本バリ仕掛けがオススメだ。

アクセサリー類は、チモトに、短めにカットしたパイプを付けるぐらいにとどめよう。

ハリスは6〜8号。

大型がよくまじるときは、ハリス8号以上がオススメ。「五郎丸」では、今回の取材後に133㎝や128㎝といったドラゴン級が取り込まれているからだ。

ハリスの長さは2m前後。

アタリの出方やハリ掛かりによって長さを変えるといいだろう。

ハリスを短くしたとたんに、アタリが出るようになることもある。

ハリはタチウオ用の1/0〜3/0。良型や大型が多い時には2/0〜3/0を使うといいだろう。

エサがズレないようにするために、ケン付きタイプがオススメだ。

取材時に「五郎丸」で配られた付けエサは、サバの切り身。

縫い刺しにしてハリに付けるが、その方法はいろいろなバリエーションがある。

下のイラストに示したものは、そのうちの一つだ。

誘ったときにエサがズレたり、不自然に動かないようにていねいに付けるよう。

「五郎丸」で配られた付けエサはサバの切り身。ていねいに縫い刺しにする

指示ダナの範囲をシャクって誘う!

取材当日、「五郎丸」の福本一行船長船長から出た指示ダナは「底から10mぐらいまで探って」というもの。

この場合、仕掛けを投入したらオモリを着底させる。

その後、海底から10mまでの範囲を、竿をシャクリ上げながら誘って探っていく。

海底から10mまで誘ってアタリがなければ、再度仕掛けを着底させてから誘い探る。

水深が深い場所やタチウオの反応が浮いているときは、「35〜50mを探って」のようにタナを指示されることもある。

この場合のタナ指示では、仕掛けを投入したらオモリは着底させず、海面下50mまで落とす。

これ以上仕掛けを落とすと反応が下がったり、消えたりするので落とさないこと。そして竿をシャクって誘い上げながら、海面下35mまで探っていく。

アタらなければ、再度海面下50mまで仕掛けを落として、海面下35mまで探る。

誘う時のシャクリ方は、竿先をチョンチョンと動かしてショートピッチで誘うほか、50㎝〜1m刻みに幅のあるシャクリで誘うなど。

シャクリ幅や誘う速度などは、いろいろ試してその日のパターンを見つけよう。

状況によっては、シャクらずにタダ巻きによくアタることもある。

アタリ〜アワセまでのカケヒキを楽しもう

指示ダナの範囲を誘い続けているとアタリが出る。

アタリの出方は、その時により千差万別。

「ガツガツ」と明確に出ることもあれば、「コンコン」とか「コツコツ」と小さく出る時もある。

また活性が低いときは、モタれるように重さを感じるだけの場合もある。

とにかくアタリらしき変化を感じたら、まずはそのまま誘い続けてみよう。

比較的活性が高いときは、誘い続けていくとハリ掛かりする。

また、誘い続けていくうちにアタリが大きく、強くなっていくこともある。

この場合、、アタリが強くなったり、引き込むようなアタリになったら、アワせるのもアリだ。

誘い続けてもなかなかハリ掛かりしなかったり、アワセのタイミングがつかめないときは、アタってからの誘いスピードやシャクリ幅を変えるなどしてみよう。

誘いをスローにしたり、誘い幅を小さくしたり、タダ巻きにするといい場合もあるので、いろいろ試してみよう。

このようにタチウオ釣りは、アタリから掛けるまでの方法がいろいろある。

このときのカケヒキが、タチウオ釣りの醍醐味でもあり、おもしろさでもある。

見事フッキングしたら、巻き上げてやり取りする。

ドラグは締め気味にして、ラインを弛ませないようにどんどん巻き上げていこう。

大型が掛かると力強い引きで重々しい。大きいと思ったら慎重に巻き上げよう。

最後はハリスを手繰り、抜き上げて取り込む。

東京湾 冬の陣!タチウオ 釣行レポート

大型の期待が高まる冬シーズン!うまくカケヒキして掛けて大型の強い引きを楽しもう!!

船中のファーストヒットは嬉しい

新太郎さんが食わせた!タチウオ釣りは引きも楽しめる

この日、竿頭になった鈴木新太郎さんは良型を手にした

良型のタチウオが浮上!

「つり丸」ライター・粕川さんも良型ゲット

鋭い歯がタチウオの特徴。取扱いには注意が必要

こちらも良型ゲット!

こちらはメーターオーバーの大型!これからの厳寒期は大型の期待が高まる

取材当日は全員が型を見た

初釣りにもオススメだ!

トラフグが掛かった

イシモチもヒット

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室港「五郎丸」

寒さが厳しくなり、東京湾のタチウオがおもしろくなってきた。

東京湾タチウオの冬シーズンは「冬の陣」ともいわれ、とくに観音崎沖周辺では大型が期待できる。

「これまで久里浜方面の水深150m前後の深場を狙っていましたが、観音崎沖周辺が復調してきましたので、今後はこちらをメインに狙っていく予定です。大型も期待できますよ!」と話すのは、今回取材した鴨居大室港「五郎丸」の福本一行船長。
 
取材は12月の第2週。観音崎沖周辺が復調してまもない時期。

それでも、あちこちで反応は見られ、開始するとすぐにタチウオが取り込まれた。

前半は誘いが合うとコンスタントにアタったが、中盤以降は失速。

途中、アタリが遠い時間帯もあったが、全員が型を見た。

最大は108㎝の大型が取り込まれた。
 
取材後はトップ30本以上の日もあり、いよいよ盛り上がってきた東京湾の冬タチウオ。

初釣りにもオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2021年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
鴨川港「第三新生合同丸」では朝イチはフラッシャーサビキで美味しいクロムツ狙い!その後はイカなどで楽しめる!鴨川沖の豪華リレー釣りが大人気!
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル