MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 冬の風物詩 テンヤスミイカ!いよいよ 本格スタート!

東京湾 冬の風物詩 テンヤスミイカ!いよいよ 本格スタート!

東京湾 冬の風物詩スミイカ釣りが例年より1ヶ月遅れで本格化!金沢八景の「一之瀬丸」でもテンヤでのスミイカ釣りを開始。大型モンゴウイカまじりで盛り上がっている!

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾 冬の風物詩 テンヤスミイカ!いよいよ 本格スタート!の画像をチェック! navigate_next

伝統の釣法が残り続けるのは“楽しいから” テンヤで乗せた瞬間はやっぱり快感!!

ターゲットは同じでも時代と共に釣り方が変わるのは世の常。

それを進歩と言えばその通りかも知れないが、伝統釣法だってなかなかのもの。

捨てがたい釣趣がある、と言ったら立派な年寄りか…。

まあ御託はともかく最近はエギやスッテの台頭で釣り方勢力図が変わりつつあるスミイカ釣り。

どの釣り方も面白いが個人的には乗った瞬間ガシッ!と衝撃が走るシャコテンヤでの釣りが一番好き。

ということで、今季初スミイカに釣行した。

大型モンゴウ連発からの本命登場!

お世話になったのは金沢八景の「一之瀬丸」。

エサとなるシャコの入荷が安定しないせいか開始を見合わせる船が多い中、いち早く乗合を開始した船宿だ。

「今日はたまたまシャコがあるけど、無い時はサイマキでやってますよ。ウチはマゴチのエサとしてサイマキは常備していたし、生かしておくノウハウもありますからね」とはスミイカ船担当の渡辺直人船長。

慣れない人がいる日にはエサ付けなどのレクチャーがあるが、この日は常連さんばかり4人ということで省略。
 
空いているから竿を出すという船長の分も加え、6本の竿が船べりに並んでの出船となった。
 
まず船長が選んだのは大貫沖の16mダチ。

「でかいモンゴウもいるからねー」でスタート。

モンゴウ狙いの注意点としては「チップやバラシの後再乗りしてくることが多いから、バラシの後は仕掛けを巻かずにすぐに落とし直すこと」だそうだ。

またこの日は1名を除きスッテなしのテンヤオンリーの釣り人ばかりだったが「キャストはしづらくなるけど、圧倒的にスッテは有った方が有利」とのことだ。
 
そしていきなり船長が掛ける。

セルフタモ取りでキャッチしたのは、1㎏半はありそうな特大モンゴウ。

続いてキロ超級と連発の早業だ。ベテラン揃いの釣り人達も黙ってはなく、船中良型のモンゴウが次々と上がった。

ミヨシ突き出しに陣取る名手越田さんも「フグかと思った」と小型のモンゴウに苦笑も、その後良型モンゴウを連発、さらにこの日最初となるスミイカも釣って好スタートを決めた。

「一之瀬丸」ではシャコに加え、サイマキエサを使うこともある

異動した深場は不発、下浦沖で大型が

ひとしきり大貫沖を攻めた後、11時前に「深場へ行ってみますよー」で久里浜沖の50mダチへと移動となる。

イナダ船団を間近に見るこの場所では、中型のスミイカが2杯釣れたがあとが続かずすぐに再移動。

今度は下浦沖の30mだ。
 
目下の本命場所と目される下浦沖では600g級の大型もまじえ良型スミイカが乗った。

連発の場面は少ないがポツリポツリとトモ、ミヨシ、胴の間と満遍なく乗ってくる。
 
しかしどうしたことか左舷ミヨシの私だけは蚊帳の外。

シャクリの幅や力加減を変えてはみるが、もともと引き出しは少ないので、ここは諦めずにひたすらシャクリ続けるだけ。

と、ついに投入してふたシャクリ目で、ガシッ!と硬質的なアタリでシャクる竿が止められた。

やったー!と大興奮は顔には出さず、ひたすら慎重にそして丁寧にリールを巻く。

掛かりどころが悪く船長にタモのアシストを受けながら抜き上げたのは500g級の良型スミイカ。

この日何百回目かのシャクリが報われた1杯だ。
 
その後しばらくしてチップ。

すぐに落とし直しての掛け直しは、してやったりだったのだが、これは小型のマダコ。

続いてすぐにアタるも「これもタコだな」と口にすると予想どおり。

「乗りでタコを見抜くなんてさすが(笑)」と越田さんに冷やかされる始末だ。
 
その後もポツポツの展開ながらスミイカは乗った。「ここでもでかいモンゴウが乗るんだけど」と船長だが、この日は留守の様子。

もちろんスミイカが釣れているので文句はなく、しかも型が良いのでなおさらだ。

今後スミイカはサイズアップ!あの快感を求めて…

ラスト30分ほどになると「そろそろイカを洗っておいて」と船長から声が掛かる。

スカリごと船べりから垂らし込むスミイカ釣りならではの光景だ。

追加の1杯をと、全員最後の最後までシャクリつづけたが、残念ながらこの日は「また来てねー」の営業スミイカはおらずこのまま納竿。

トップは越田さんの8杯だった。

「正直、今季のスミイカはイマイチな感じだけど、季節感のある釣り物ですからウチではやっていくつもりですよ」と船長。
 
アタリがない釣りというのは退屈なものだが、不思議とこの釣りはいつ衝撃が訪れるか?と集中してシャクリ続けるせいか時間が経つのが早い。

ズシッ!と大型が乗ったときのあの快感を思うとシャクリにも力が入る。
 
黙々とシャクリ続けるところなどは修行にも近い感覚のストイックな釣りではあるが、されど楽しいテンヤのスミイカ釣りである。

今後スミイカはどんどんサイズアップしてゆく。

東京湾 テンヤスミイカ 釣行レポート

ズシッ!と重量感バツグンの乗り味が魅力のスミイカ。これからは大型が多くなってきて、さらに釣趣アップだ!!

これからの季節は型もいいよ~!!

食べても美味しい高級イカ。刺身の旨みは病みつきになる

スミイカにまじってモンゴウイカが元気! 大型が乗ってくる

外道扱いされるがモンゴウだが、スーパーで売られている冷凍輸入のアレとは別物。美味!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」

東京湾のスミイカ釣りが例年より1ヶ月遅れで本格化。

今季はどの釣り物も遅れ気味の傾向だが、ことスミイカに関しては「エサのシャコがない」というのが最大の理由だった。金沢八景「一之瀬丸」でも12月に入りようやくテンヤでのスミイカ釣りを開始。

「シャコの入荷が不安定だけど、シャコが無い時は生きたサイマキをエサにします。サイマキでもイカの乗りは同じですよ」とスミイカ船の渡辺直人船長だ。

「一之瀬丸」ではスミイカ開始前までマゴチ船を出しておりサイマキを常備していたのも他船に先駆けスミイカ乗合を開始出来た一因のようだ。
 
肝心の釣果の方は「エサのシャコ同様、正直スミイカもそう多くはないですねー。

いい年みたいにトップ20杯なんてのは今のところ望めませんよ」と船長。

しかしトップツ抜けする日もあり、このぐらいが本来のスミイカ釣果とも言え、スミイカ釣果を穴埋めするかのように、特大のモンゴウイカが釣れている。
 
黙々とシャクリ続ける竿がガシッ!と止められた瞬間の、身体中をアドレナリンが駆け巡るような快感はこの釣りならではのもの。

一度経験したら病みつき間違いなし。

「やっぱりスミイカ釣りは東京湾の冬の風物詩、一度は行かなくちゃなー」となるのである。

以上の記事は「つり丸」2021年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
最新記事
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル