晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


秋ダイ高活性! 時合に浮いたマダイを迎撃! 夜はサイトフィッシングでアオリイカ&ボートアジングで激うまアジを釣る!

こんな良型のマダイがドンっと来る間瀬沖。潜在能力の高いフィールドだ。

これが半日の釣果。お土産は十分である。

イナダやワラサなどの青物が回遊中・食べてはイナダが脂がのっていてうまい!

食い渋りの日のクーラーの中身。お土産には困ることはない。ゲストのアジも脂ノリノリだ。

アオリイカの3人4人同時ヒットはザラ。アオリが一人乗ったらすぐあげずに周りの人は餌木を抱いたアオリの周辺を狙ってみよう。すると、かなりの確率で乗るハズである。

アオリ専門チームはそれぞれ23杯ずつキャッチ。

胴長20〜23㎝の良型ぞろいだったアオリイカ。ひと潮ごとに成長するので、11月前半はかなり大きくなっているハ。

この日のアジ釣りは、サビキ釣りよりアジングのほうに軍パイがあがった 。

アジングの釣果はこの通り。ゲストも多彩で楽しめる。サゴシが多いので多めの仕掛け準備を。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

「マダイは港のすぐ目の前のポイントで1㎏前後サイズですが数釣りできます。かなり浮きます。ときおりドンっと来るのは大ダイです。中間サイズが少ないので必ずハリスは太目でお願いします」とは、間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
「光海丸」のメニューはこれだけではない。沖五目、ウイリー五目、テンヤマダイ、アマダイ、そしてさらに夜アジ&アオリイカ。
夜釣りは11月以降天候により出船が限られてしまうが、水深30〜50mラインをパラシュートアンカーを入れて流すことにより、サビキまたはアジングでアジ、アオリイカがエギングで狙えるのだ。
とくにアオリイカは水面直下に浮いてくる個体を狙うのでサイトフィッシングが可能。陸っぱりの道具やテンヤタックルで気が気軽に簡単に釣ることができる。イカがダメでもボトム付近でアジが狙えるので、必ずアジタックルは忘れずに! 新潟の短い秋を昼夜満喫しましょう!!

マダイはハリス12m、高ダナで釣る

コマセマダイは高ダナ設定が基本の「光海丸」。元気がいい秋ダイの引きを満喫しよう。

秋でもマダイはかなり浮く。この習性を利用してコンスタントにマダイを掛けよう。

「光海丸」では、マダイをテンヤ、ジギング、タイラバなどさまざまな釣り方で狙うことができるが、秋のメインはコマセ釣りだ。
釣り方は、寺泊沖や上越沖とほぼ同じだが、「光海丸」の小林聡船長は、高ダナ設定でマダイをかなり浮かせて釣っているという。
まずは、基本的な釣り方について解説したい。
タックルは、一般的なコマセマダイタックルでオーケー。
ビシは80号。ハリスの長さは12mとし、2本バリが基本。
ハリスは6〜8号。
「ハリスは太くてかまいません。常に大ダイヒットを前提にしてここでは釣ってください」と船長が話すように、1㎏前後のマダイの数釣り中にドンと大ダイが毎回ヒットするというのだ。
そのマダイが中ダイではなく、4㎏以上の大型が多いというのだ。秋ダイは個体が元気でかなり強く引くという。サワラやワラサなどの青物もまじるのでなおさら太目のハリスでよいという。
付けエサはオキアミ。1匹掛けが基本だが、好みで2匹抱き合わせでもよい。
ビシカゴのなかにいれるオキアミは半分程度にして、オキアミがパラパラと水中で出るようにカゴの穴調整をする。
仕掛け投入後、指示ダナの5m下までビシを降ろし、そこから数回に分けて軽くコマセを振り出す。指示ダナまで来たら、置き竿でアタリ待つ。これが一連の流れ。
さて、ここからが重要。船長のアナウンスがあるまで、置き竿のままにしておこう。
どうしてか。
「マダイの群れがコマセに反応し始めた直後にアナウンスします。むやみに誘いをかけるとなかなかマダイが浮いてないんですよ」と船長。
彼が得意とするポイントはなんと海底が平なところ。一般的にコマセマダイは根や人工魚礁の近くを攻めることが多いが、ツブ根に回遊するマダイをターゲットにすることにより、今期も驚異的な釣果をたたきだせるのだという。だから、釣り方にもこだわりがある。
船長の指示が出てからゆっくりと竿を聞きあげて、ゆっくりと落とし込みの誘いをかける。これが、「光海丸」流のマダイ釣り。あらかじめ、指示ダナより2〜3m高めのタナで待っているのもよい。極力指示ダナよりビシは下げないようにしよう。

アオリイカはエギングで陸っぱり用でオーケー。アジはボートアジング、または、サビキ釣りで

夜は陸っぱり感覚! 超カンタン!! アオリイカは良型ぞろいだ!!! 

アジングで釣れたマアジ。「ボトムまで仕掛けが到達すれば釣れます!」と。

夜釣りはパラシュートアンカーを打っての流し釣り。アジ釣りとアオリイカは同船である。

ナスオモリと小型テンビン、軽量ジグヘッドとソフトワームの組み合わせでアジを狙うのがボートアジング。

アオリイカは、夜釣りで狙う。基本はアジ釣りの合間に釣るスタイルだが、アオリイカが船に付いている場合は専門に狙い続けるのもよい。
タックルは、船専用のものではなく、陸っぱり用でよい。なぜなら、アオリイカは船の灯りの寄せられ表層に群れているからだ。
もちろん、ティップラン用など専用のものあればなおよいが、テンヤタックルも流用可能。道糸は、PE0.6〜0.8号。キャストするのでスピニングタックルで釣る。
船が流れているため、船の周り360度アオリイカがいると考えてよい。つまりどの釣り座でも狙えるということ。
餌木は3〜4号。メインは3〜3.5号。カラーはなんでもよいが、ピンク、オレンジ、パープルなど実績大の基本色で沈下速度の遅いものがベスト。
釣り方は簡単だ。
軽く沖目に餌木をキャスト。安全のためにかならずアンダーで。
餌木が着水したら10秒ほどフリーフォールさせ、ラインスラッグを素早く巻き取り3〜4回強くシャクリ餌木をダートさせる。その後、再び5〜10秒テンションフォール。これでアタリがなければ、一連の動作を繰り返す。
餌木が手元まできたら回収し、再びキャストして誘う。
餌木が手元にきたときはとくに注意して海のなかを見よう。イカが群れて餌木を追いかけてくることがある。
このイカを乗せるには、イカの目の前でシャクリを入れて餌木をダートさせイカを興奮させる。興奮状態になるとイカは白くなる。ダート後、フリーフォールさせると、イカが餌木を抱きつくことが多い。
このようにサイトフィッシングすると、「餌木をだきついたっ!」と思いすぐにアワセを入れたくなるが、そこをちょっとがまん。一呼吸おいてからシャープに軽くシャクってアワセを入れると、ズンっと竿先に重みが掛かり、フッキングすることとなる。
条件がよいと短時間で一人10ハイ釣果はザラだ。
アジは流行りのボートアジングで狙うとおもしろい。
0.4号以下の極細PEにオモリとして5〜15号のナスオモリ、極小ジグヘッドとソフトワームの組み合わせで水深20〜60mくらいの水深のマアジを狙うというもの。
理想はルアーメーカー34が提唱するタックルだが、オマツリなどがなければ、0.4号以下のPEと小型キステンビン(遊動式)とハリス、小型ジグヘッドとソフトワームの組み合わせでも楽しめる。
夜釣りなのでアジが回遊さえしていれば、ボトムに落とすだけでアジは簡単にヒットするという。
また、一般的にはコマセなしのサビキ仕掛けでアジを狙う。
オモリは80号。ここではサビキの選択はカギだ。水色やベイト、潮の流れによってサビキが異なる。
アジは白毛、ブライトン、オーロラなどのバケがよい。
ハリの大きさは12〜15号と大きめがベター。ハリスは4〜6号でハリ数は8〜10本。
日によって当たりサビキが異なるので、右記のサビキを多めに持参していち早くマッチするサビキを見つけることが大事だ。
アジ1匹だけで仕掛けをあげるのではなく、できるだけ追い食いさせて、1度にたくさんのアジを掛けてからあげるのがコツという。
ちなみに人気のサバ狙いには赤毛、イナダ狙いにはピンク毛が効果的という。いずれもサゴシが多いのでサビキは多めに用意しよう。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

中越エリアでもマダイは乗っ込み中だ。寺泊港「なかくに丸」では、日中午前と午後便の2便制でこの乗っ込みマダイをコマセ釣りで狙っている。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

早朝出船で潮止まり前後をサクッと釣ろう! 走水の絶品アジ(吉明丸)

手軽に釣れ、食べても旨いことから人気のアジ。中でも速潮で鳴らす東京湾走水沖の根付きアジは、サイズも含めた容姿、激旨の食味でブランド扱いだ。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読