沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


秋ダイ高活性! 時合に浮いたマダイを迎撃! 夜はサイトフィッシングでアオリイカ&ボートアジングで激うまアジを釣る!

こんな良型のマダイがドンっと来る間瀬沖。潜在能力の高いフィールドだ。

これが半日の釣果。お土産は十分である。

イナダやワラサなどの青物が回遊中・食べてはイナダが脂がのっていてうまい!

食い渋りの日のクーラーの中身。お土産には困ることはない。ゲストのアジも脂ノリノリだ。

アオリイカの3人4人同時ヒットはザラ。アオリが一人乗ったらすぐあげずに周りの人は餌木を抱いたアオリの周辺を狙ってみよう。すると、かなりの確率で乗るハズである。

アオリ専門チームはそれぞれ23杯ずつキャッチ。

胴長20〜23㎝の良型ぞろいだったアオリイカ。ひと潮ごとに成長するので、11月前半はかなり大きくなっているハ。

この日のアジ釣りは、サビキ釣りよりアジングのほうに軍パイがあがった 。

アジングの釣果はこの通り。ゲストも多彩で楽しめる。サゴシが多いので多めの仕掛け準備を。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

「マダイは港のすぐ目の前のポイントで1㎏前後サイズですが数釣りできます。かなり浮きます。ときおりドンっと来るのは大ダイです。中間サイズが少ないので必ずハリスは太目でお願いします」とは、間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
「光海丸」のメニューはこれだけではない。沖五目、ウイリー五目、テンヤマダイ、アマダイ、そしてさらに夜アジ&アオリイカ。
夜釣りは11月以降天候により出船が限られてしまうが、水深30〜50mラインをパラシュートアンカーを入れて流すことにより、サビキまたはアジングでアジ、アオリイカがエギングで狙えるのだ。
とくにアオリイカは水面直下に浮いてくる個体を狙うのでサイトフィッシングが可能。陸っぱりの道具やテンヤタックルで気が気軽に簡単に釣ることができる。イカがダメでもボトム付近でアジが狙えるので、必ずアジタックルは忘れずに! 新潟の短い秋を昼夜満喫しましょう!!

マダイはハリス12m、高ダナで釣る

コマセマダイは高ダナ設定が基本の「光海丸」。元気がいい秋ダイの引きを満喫しよう。

秋でもマダイはかなり浮く。この習性を利用してコンスタントにマダイを掛けよう。

「光海丸」では、マダイをテンヤ、ジギング、タイラバなどさまざまな釣り方で狙うことができるが、秋のメインはコマセ釣りだ。
釣り方は、寺泊沖や上越沖とほぼ同じだが、「光海丸」の小林聡船長は、高ダナ設定でマダイをかなり浮かせて釣っているという。
まずは、基本的な釣り方について解説したい。
タックルは、一般的なコマセマダイタックルでオーケー。
ビシは80号。ハリスの長さは12mとし、2本バリが基本。
ハリスは6〜8号。
「ハリスは太くてかまいません。常に大ダイヒットを前提にしてここでは釣ってください」と船長が話すように、1㎏前後のマダイの数釣り中にドンと大ダイが毎回ヒットするというのだ。
そのマダイが中ダイではなく、4㎏以上の大型が多いというのだ。秋ダイは個体が元気でかなり強く引くという。サワラやワラサなどの青物もまじるのでなおさら太目のハリスでよいという。
付けエサはオキアミ。1匹掛けが基本だが、好みで2匹抱き合わせでもよい。
ビシカゴのなかにいれるオキアミは半分程度にして、オキアミがパラパラと水中で出るようにカゴの穴調整をする。
仕掛け投入後、指示ダナの5m下までビシを降ろし、そこから数回に分けて軽くコマセを振り出す。指示ダナまで来たら、置き竿でアタリ待つ。これが一連の流れ。
さて、ここからが重要。船長のアナウンスがあるまで、置き竿のままにしておこう。
どうしてか。
「マダイの群れがコマセに反応し始めた直後にアナウンスします。むやみに誘いをかけるとなかなかマダイが浮いてないんですよ」と船長。
彼が得意とするポイントはなんと海底が平なところ。一般的にコマセマダイは根や人工魚礁の近くを攻めることが多いが、ツブ根に回遊するマダイをターゲットにすることにより、今期も驚異的な釣果をたたきだせるのだという。だから、釣り方にもこだわりがある。
船長の指示が出てからゆっくりと竿を聞きあげて、ゆっくりと落とし込みの誘いをかける。これが、「光海丸」流のマダイ釣り。あらかじめ、指示ダナより2〜3m高めのタナで待っているのもよい。極力指示ダナよりビシは下げないようにしよう。

アオリイカはエギングで陸っぱり用でオーケー。アジはボートアジング、または、サビキ釣りで

夜は陸っぱり感覚! 超カンタン!! アオリイカは良型ぞろいだ!!! 

アジングで釣れたマアジ。「ボトムまで仕掛けが到達すれば釣れます!」と。

夜釣りはパラシュートアンカーを打っての流し釣り。アジ釣りとアオリイカは同船である。

ナスオモリと小型テンビン、軽量ジグヘッドとソフトワームの組み合わせでアジを狙うのがボートアジング。

アオリイカは、夜釣りで狙う。基本はアジ釣りの合間に釣るスタイルだが、アオリイカが船に付いている場合は専門に狙い続けるのもよい。
タックルは、船専用のものではなく、陸っぱり用でよい。なぜなら、アオリイカは船の灯りの寄せられ表層に群れているからだ。
もちろん、ティップラン用など専用のものあればなおよいが、テンヤタックルも流用可能。道糸は、PE0.6〜0.8号。キャストするのでスピニングタックルで釣る。
船が流れているため、船の周り360度アオリイカがいると考えてよい。つまりどの釣り座でも狙えるということ。
餌木は3〜4号。メインは3〜3.5号。カラーはなんでもよいが、ピンク、オレンジ、パープルなど実績大の基本色で沈下速度の遅いものがベスト。
釣り方は簡単だ。
軽く沖目に餌木をキャスト。安全のためにかならずアンダーで。
餌木が着水したら10秒ほどフリーフォールさせ、ラインスラッグを素早く巻き取り3〜4回強くシャクリ餌木をダートさせる。その後、再び5〜10秒テンションフォール。これでアタリがなければ、一連の動作を繰り返す。
餌木が手元まできたら回収し、再びキャストして誘う。
餌木が手元にきたときはとくに注意して海のなかを見よう。イカが群れて餌木を追いかけてくることがある。
このイカを乗せるには、イカの目の前でシャクリを入れて餌木をダートさせイカを興奮させる。興奮状態になるとイカは白くなる。ダート後、フリーフォールさせると、イカが餌木を抱きつくことが多い。
このようにサイトフィッシングすると、「餌木をだきついたっ!」と思いすぐにアワセを入れたくなるが、そこをちょっとがまん。一呼吸おいてからシャープに軽くシャクってアワセを入れると、ズンっと竿先に重みが掛かり、フッキングすることとなる。
条件がよいと短時間で一人10ハイ釣果はザラだ。
アジは流行りのボートアジングで狙うとおもしろい。
0.4号以下の極細PEにオモリとして5〜15号のナスオモリ、極小ジグヘッドとソフトワームの組み合わせで水深20〜60mくらいの水深のマアジを狙うというもの。
理想はルアーメーカー34が提唱するタックルだが、オマツリなどがなければ、0.4号以下のPEと小型キステンビン(遊動式)とハリス、小型ジグヘッドとソフトワームの組み合わせでも楽しめる。
夜釣りなのでアジが回遊さえしていれば、ボトムに落とすだけでアジは簡単にヒットするという。
また、一般的にはコマセなしのサビキ仕掛けでアジを狙う。
オモリは80号。ここではサビキの選択はカギだ。水色やベイト、潮の流れによってサビキが異なる。
アジは白毛、ブライトン、オーロラなどのバケがよい。
ハリの大きさは12〜15号と大きめがベター。ハリスは4〜6号でハリ数は8〜10本。
日によって当たりサビキが異なるので、右記のサビキを多めに持参していち早くマッチするサビキを見つけることが大事だ。
アジ1匹だけで仕掛けをあげるのではなく、できるだけ追い食いさせて、1度にたくさんのアジを掛けてからあげるのがコツという。
ちなみに人気のサバ狙いには赤毛、イナダ狙いにはピンク毛が効果的という。いずれもサゴシが多いのでサビキは多めに用意しよう。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

使用するFサビキ仕掛けは、外房用の一般的なものでOKだと陽平船長。推奨しているのは、先糸および幹糸が6号(フロロカーボン・以下同)でエダスが4号の8本バリ。枝長13㎝で幹間80㎝の全長7.2m。ハリは丸セイゴ13号にピンクとホワイトのフラッシャーが交互に巻かれているものとなる。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。大型がヒットしているので、ふだん使い慣れたタックルで臨むのがいいだろう。ポイントの水深は20m台〜30m台。潮が速くても10号ぐらいまでのテンヤがあれば底立ちがわかるだろう。そのため10号ぐらいまでのテンヤに対応したひとつテンヤ専用竿があればOK。


目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

秋の日立沖は大型マダイのチャンスいっぱいだ。「夏の終わりごろ、シラスやイワシなどの小魚を追って10mぐらいの浅場に入ってきた大型マダイが、秋になって少しずつ深場に落ちていき、30~40m前後で落ち着きます。そこで、タイが荒食いすると大ダイが連発することが多いんです」と、そう話すのは日立久慈港「大貫丸」の大貫翔平船長。


潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

外房・川津沖のひとつテンヤマダイは、秋口からたびたび好釣果を記録している。アタリが多いときは2〜5㎏の大ダイ、中ダイが取り込まれているほか、ヒラマサやワラサなどの青物もまじっている。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読