MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、シマアジという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、シマアジという魚を知ろう!

シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、シマアジという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

シマアジ(スズキ目アジ科シマアジ属)の生態

暮れの市場では1尾1万円!!

本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。

古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

ということで世界中の温帯域にいて、オーストラリアやニュージーランドなどでも普通に見られる。
 
シマアジ(しまあぢ)という和名は江戸時代からの言葉で、俗に島(伊豆諸島)に多いから「島鰺」とされている。

ただ、東京だけの言葉ではないこと、江戸時代の『和漢三才図会』にも「横文(横縞)」があるとされることなどから「縞鰺」の方が正しいと考えられる。

釣り上げるとグッグッと鳴くので鹿児島では「うたご(唄魚)」、静岡では「ぎゅうぎゅう」などとも言う。

釣り上げて本種の鳴き声を聞く、これぞ釣り人の楽しみのひとつだろう。

シマアジの値段は?

さて、天然もののシマアジは非常に高い。

多少小さくても高いのがシマアジの特徴である。

今回の主役である全長36㎝、重さ600gは釣り人がていねいに締めて、鮮度抜群なので、最低でも1㎏あたり卸値5000円くらいはする。

と言うことで今回の主役は1尾卸値で3000円だ。

もしも1㎏以上で、暮れ近くなら1尾1万円以上は確実にする。

バラシたら、あかんぜよ!

シマアジの寿司…今年はよく食べた。シマアジはやっぱりうまい!

お節はフレンチにした。

お一人様だからこそゴージャスに、と思いフォアグラ、トリュフ、キャビアなど盛れるだけ盛り込んでもらった。

「たかさんは?」と聞くと。

「去年と同じだよ。温泉宿の部屋で仲良くぐーたらするの」
 
やけに寒い昼下がり、掃除を手伝いに来た妻とにやにや。

変に店の中が温かい。換気しないとダメだ!
 
この日、『市場寿司』に持ち込んだのは、鹿児島から送ってもらったシマアジと、山口県の釣り人が釣ったマダイである。

掃除をするために、水洗いは市場の釣り名人、クマゴロウにやっていただいた。

朝は昼にも増して寒かった。

「ありがとね」

「このシマって、この前オレが釣ったのと同じくらいだね」

「そうだっけ?忘れちゃった」

「なんだっけなー、カモがなんたらかんたらをモーレツ喜んでたっけ」

「いや、それ以上に、あのシマアジは最高にうまかった!」
 
さすが伊達に年は食っていない。

銭州で釣って来てくれた本命シマアジのことは、その他大勢に混ざっていた珍魚カモハラトラギスがうれしすぎて忘れていたのだ。
 
余談になるが、この魚の名前になった魚類学者、蒲原稔治は高知県生まれで、魚よりも酒が好きという明治生まれのいごっそうである。

「そうだ。年越しの酒が届く」
 
余談の余談になるが、今年の年越し用の酒は土佐の辛口なのだ。

「考えてみると、今年はシマアジの年だったね。この鹿児島のが、シマアジ仕舞いって感じがする」

「そうだね。うちじゃ、とても仕入れらんねー魚だから助かった」
 
考えてみるとクマゴロウや近所の釣り師にとって今年は、釣果という面では素晴らしい一年だったのではないか。

コロナの影響で仕事は確かに大変そうだったけど、悪いことだけじゃない年だった気がする。

「たかさん、シマちゃん」

「あいよ!」
 
鹿児島の脂ののった腹身二かんを、たかさん妻がていねいに磨いたカウンターでいただく。

「やっぱり磨いたばかりのカウンターっていいね」

「二、三日で元の木阿弥だけどね。今年は後一回磨いてお仕舞い」
 
夏の魚のシマアジが、そろそろ数え日近い冬なのにウマシだ。

考えてみると今年はシマアジに恵まれていた。

クマゴロウがやたらに釣ってきたのもあるが、和歌山、高知、鹿児島と季節季節に食べている。

江戸時代の書籍には、「夏に美味」とあるが、今年は春も、夏も、秋も、冬も、すべてよしだった。考えてみるとシマアジは昔から魚界のスーパースターなのだ。

坂道アイドルに目を奪われ、大御所を忘れていたのだ。
 
今年食べたシマアジで一位は、十一月の銭州の重さ〇・六キロかな?

「たかさん、十一月の覚えてる」

「クマさんが釣ったゼロロクね」
 
面白いもので、シマアジはあまり大きすぎない方がうまい。

当然、小さくても味がある。だからゼロロク、すなわち〇・六キロが不味いわけがないのだ。

ちなみに鹿児島県産はゼロナナでの〇・七キロだ。

「たかさん、すし屋の喜ぶ」

「ゼロゴから一ね」
 
すし屋さんが買い頃と考えるサイズは、この一キロ以下なのだ。

「来年は丑年だね。今年同様死ぬほどシマアジ食べたいね」
 
たかさんがカウンターの中で、振り塩をした鯛を両手に、「食べ鯛!」。
 
帰ろうとしたら、たかさんがおみやをくれた。新聞紙を通して温かい。
 
シマアジの兜焼きだった。

「焼き直して、熱い酒を注いで火をつけてね。飲み過ぎるなよ」
 
なんだか心温まるね。

以上の記事は「つり丸」2021年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。
ワカシは、スズキ目アジ科ブリ属。本来、本州以南を回遊していたが、今や千島列島やオホーツク海にもいる。北海道オホーツク海以南、鹿児島県南岸までの日本海、東シナ海、太平洋、瀬戸内海に生息。
最新記事
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル