MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

今秋、サメ被害に悩ませられた上越のマダイ釣り。特に秋マダイのメッカとなる有間川沖から名立沖のエリアで被害が甚大であったが、10月に入ってからは水温低下でサメの被害も減っている。うれしいゲストであるヒラマサも回遊し上越地域のコマセ釣りはヒートアップ中だ。

昼のマダイはようやくシーズンイン! コマセで浮いた個体を迎撃。夜のワラサはブリ回遊期待!!

指示ダナ25mからの落し込みで良型マダイがヒット。

ワラサを狙いながら、マダイ狙いでもう1本竿を出すとマダイがヒットする。大ドモ席の特権だ。

イナダの猛攻にまじってワラサがヒットしてくる。

船中ファーストヒットは岩佐船長。

上越エリアでも今期ピーコック・ビーズの効果は絶大。付けエサはオキアミを2匹抱き合わせする。

マダイのポイントの水深は50〜60m。マダイはかなり浮く。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第三いしなぎ」。

「秋のマダイは一般的に底狙いと言いますが、このエリアのマダイは結構浮きます。マダイの反応は逐次アナウンスしますので指示ダナからの落し込みで掛けてください。青物に備えてハリスは6号10mでお願いします。夜のワラサは5㎏オーバーの良型があがっています。こちらはサメの被害がいまだ避けられない状況ですが、今後、さらに水温が低下すればサメもいなくなります」と直江津港「第三いしなぎ」の岩佐健作船長。
取材日は時雨模様で「のぼり潮」(富山方面に流れる潮)からの潮止まりと非常に悪い条件であったが、1.7㎏のマダイを筆頭に全員型を見た。
夜のワラサは2.5㎏前後の数釣りとなった。水温低下とともに俄然食味を増してくるマダイとワラサはこれからが本番。ぜひ釣戦してみてはいかが。

マダイ狙いに青物まじり。ハリスは太めで臨む

上越エリアの落ちのマダイ用のタックルであるが、竿は2m〜3m程度の胴調子のマダイ竿を使用するが、ヒラマサ・ワラサと言った青物ゲストもお目見えするため、軟調ロッドよりはある程度コシの強いものを使った方が良い。
水深は50m〜60mで指示ダナは25m〜30mとなる。
手巻き両軸リールでも良いが、秋はエサ取り魚の活性が高いので日によっては2分程度でコマセや付けエサを打ち返す必要がある。そのため中小型の電動リールの使用をお勧めする。
道糸はPE4号を200m以上巻いておく。
マダイ用の片テンビンにビシは80号を使用する。
1mのクッションゴムを介して12mのハリス、ハリはマダイバリ10号の仕様が標準であるが、「第三いしなぎ」岩佐健作船長によると、
「有間川沖ではヒラマサ・ワラサの青物対策として、ハリスは6号10mをやや重めのバランスで作って下さい」とのことであった。
この場合、チモトのビーズ類はフロートタイプではなくてシンカー系のシェルビーズを通常は選択するが、粟島沖の夜のマダイ釣りでも使ってみたピーコックタイプのビーズが新潟県のマダイに非常にアピールする様であり、エサ取りが少なければ使ってみる価値がある。
また、潮が動いている場合はハリから50㎝位のところに極小ガン玉を付けるようにする。落ちのマダイは置き竿ではなく誘って掛けるのが正解である。
「第三いしなぎ」ではハリスの全長が10mと短い分、指示ダナから5m下までの落し込みを許可している。

サメがいなくなったら、ハリスを太くしてブリを狙う

夜ワラサの電気釣りのタックルであるが、オモリ300号を背負える竿を使用する。
日本海電気釣り専用の長尺竿が各メーカーから出ているが、船長から2本竿出しの許可が出た場合は泳がせ用のショートロッドを併用する。
リールは中型以上の電動リール、道糸はオマツリ対策としてPE8号を巻けるだけ巻いておく。
オキアミのコマセカゴはWキャップカゴと呼ばれる電気釣り専用のものを用意。
サメが居付いている内は事故防止のため太仕掛けの使用は厳禁。竿を折られたり、PEを数100m以上ロストしたりといった物理的被害なら未だしも、エダスを手に巻き付けてワラサを回収中にサメの襲撃を受けてしまい、枝スが切れずに怪我をしてしまったケースも発生している。
幹糸30号、枝ス26号以下の胴付き仕掛けを使用しよう。
水温低下でサメが去ってブリの回遊が始まったら幹糸35号、枝ス30号以上の胴付き仕掛けを使用する様にする。
枝間は1.5m〜2m、枝スは30㎝。仕掛け捌きに自信があるなら10本バリ(市販の5本バリ仕掛けの2連結も可)でタナを広く探ろう。オモリは通常300号を使用。300号といえども大ワラサ、ブリが掛かると数人分の仕掛けを巻き込んだ大オマツリとなることは必至である。時合は長くはないのでオマツリを解いている暇などはない。
予備の仕掛けやオモリを十分に持参しよう。
付けエサはワラサの場合はイカタンを用いる。幅1㎝、長さ7㎝程度が良い。海中では固くなるので長くても30分程度で付け替えるようにする。
大ワラサやブリが回ってきたら一番上と一番下のハリにボウズイカ(ヒイカ)や小ヤリイカ、ハタハタ、イワシを付ける。
昨シーズンはボウズイカにブリが掛かる確率が高かった。今期北海道ではブリが豊漁との事なので早い南下が望まれる。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読