MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ワラサ級主体に釣果安定!ジギング入門大チャンス!茨城 鹿島沖

ワラサ級主体に釣果安定!ジギング入門大チャンス!茨城 鹿島沖

鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

茨城・鹿島沖 青物ジギング 釣行レポート

広大な鹿島灘の驚くべきポテンシャル

ウインターシーズンのワラサは、南下するイワシやサンマの群れについて巨大な反応を見せる。ベイトの群れに付いた活性の高い魚群を狙うので、目を見張る爆釣も度々。水深は70m前後でフラットなボトムは根掛かりの心配はまったくない

PE3号のラインが、200~300m以上巻けるサイズのハイギアリール、MAXジグウェイトが150~200gで6ft前後のスピニングタックルがスタンダード。リーダーは、フロロの40~50Lbをリールに3~4回巻き込める3m前後の長さをとろう

主力で活躍するのは、150~180gのセミロングのセンターバランスのメタルジグだが、潮が速い日や荒れ模様なら、上のようなタングステンジグやリアバランスのジグを使って、沈下速度を上げ反応を直撃することが効果的。フックはフロントのみに1〜2本で2/0~3/0ぐらいが安心だ

いい反応にぶつかれば4~5人のロッドが同時に絞り込まれる。取材日は、釣りにくい出船ギリギリの荒れ模様だったが、それでも驚くほどの連発劇がつづいた

「今年は青物の当たり年」という荒原康宏船長の言葉通り、魚探の精度が下がるほどの荒れ模様に日並だったが、大型クーラー満杯の人が続出。鹿島灘のポテンシャルを実感できる取材となった

当日は、サンパク〜ワラサをメインに、イナダ多数だったが、日並でこれがワラサ~ブリの数釣りになることも珍しくないのが鹿島灘のジギングだ

「この間は、タコ釣りでつり丸さんに写真をとってもらったよ(笑)」という内田さんは、抑え目なジャークで良型を連発。このサイズを中心にトップクラスの釣果を上げた

速巻きを軸にした「鹿島ジャーク」

「今日は、速巻き&ストップに反応がいいですよ」とは、西澤さん。これにワンピッチジャークを組み合わせるのが鹿島灘の定番のメソッド。当日は、不安定なミヨシよりの釣り座で、もっともコンスタントにロッドを曲げてくれた

手返しのいい電動ジギングもあり

当日のMAXサイズとなる4㎏級を手にしたのは、杉村さん。ヒットパターンは、300番の電動リールを使ったセミロングジグのショートジャークだった

イナダは、ダブルヒットも度々のワラサを上回る高活性ぶり。1匹の魚が2つのジグを咥えて上がってくることさえあった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「幸栄丸」

鹿島灘で冬のヒラメがピークを迎える頃、ほぼ同時に始まるのが、ジギングによる青物祭りだ。

イワシやサンマなどの膨大なベイトの群れを追って、サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれるのである。

「今年は本当に青物が濃いよね。数マイルにわたって反応がある。例年よりはロングランになりそうだね」とは荒原康宏船長。

このエリアの特徴は、なんといっても圧倒的な魚影の濃さ。

反応を直撃で狙うため、船中の各所でダブル、トリプルでのヒットは当たり前、寒さも吹き飛ぶ入れ食いになる。

取材当日は、時化模様で、魚探やソナーの精度が下がるほどの悪条件だったが、開始直後からネットも間に合わないほどのラッシュが始まり、それはたちまち杞憂となった。

「だから、タックルはパワーがあるものを使ってね。常連さんは、掛かりが良ければ3㎏までなら抜きあげちゃうよ(笑)」と荒原船長。

当日は、2.2~4.2㎏のサンパク~ワラサ2~14匹に40〜50㎝イナダ5~20匹と大満足。

翌日は4.8㎏を頭にサンパク~ワラサが1~20匹と絶好調。

これが日並でワラサ~ブリの釣りになることもあるそうで、船中の釣果が(冗談抜きで)1トンを超えることさえあるそうだ。

ジギング入門には、これ以上の条件はない。“ルアー青物”の看板が出ていたら、鹿島灘へ走れ!

以上の記事は「つり丸」2021年2月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル