MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中型数釣りが楽しめる東京湾のマコガレイ【東京湾】

中型数釣りが楽しめる東京湾のマコガレイ【東京湾】

10月を迎えて東京湾マコガレイの秋シーズンが始まった。古くから江戸前の釣りとして親しまれているマコガレイ釣り、引きの強さと食味の良さが最大の魅力だ。例年、シーズン中に乗合を出船しているのは金沢八景の「荒川屋」だ。今年の調子はどんなものだろうと10月9日に伺った。

秋シーズンが開幕し順調釣果! 置き竿のんびりで高級魚をゲット

東京湾では貴重な高級魚となりつつあるマコガレイ。身厚で脂が乗り、その味は絶品。定番の煮付けもいいが、釣ったマコは刺身が絶品だ。

ナイスサイズ!! 秋のシーズンは中型主体の数狙いだが、もちろん大型もまじってくる。この日最大は38㎝。

2本竿で2本とも置き竿、または1本は置き竿、1本は小突くなどして狙うのが一般的。まめにエサ交換しながらも、のんびり構えて楽しみたい。

このぐらいのサイズが数釣れるのが今の特徴。家族の煮つけ分釣れればラッキ!!

エサのアオイソメは2、3匹の房掛けでボリューム感を出してカレイにアピール。

ボウズもありえる釣りだけに、この1枚の価値は高い!

荒川屋では多くの50㎝級が上がっている。秋は中型数釣りの季節とはいえ、もちろん50㎝級のチャンスもある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

東京湾マコガレイの秋シーズンが始まった。金沢八景の「荒川屋」のマコガレイ釣りは、10月から11月にかけての秋シーズン、2月から4月にかけての春シーズンに大別される。
50㎝に迫る大マコ狙いの春に対し、秋は中型主体の数釣りが狙えるのが特徴だ。水温が下がり始める秋は、マコガレイが産卵に備えてエサを活発に追う時期になる。2本から3本の竿を使い、置き竿でアタリを待つ。
のんびりした釣りに見えるが、仕掛けの入れ替えやエサの付け替えをまめに行うことが、マコガレイへのアピールにつながる。
秋晴れの中、波でおじぎをくりかえす竿先に変化が現れる。食い込みを待ってから竿を立てれば心地よい引きを見せてカレイがタモに収まる。釣り人の笑顔がはじける瞬間だ。この日の釣果は25~38㎝がトップで3枚。エサの豊富な海で育ったマコガレイは身が厚く、その食味は抜群だ。
江戸前の伝統的な釣りを引き継ぐマコガレイ、現在では東京湾でもっとも価値のある魚といっても過言ではないだろう。1枚を釣ったときの満足度は高く、それを追い求める熱心なファンも多い。秋のシーズンは11月いっぱいまでと釣期は短い。ぼやぼやしていると終わってしまうぞ。数釣りが望める秋ガレイは入門にも最適だ。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読