MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽だけど奥が深い!東京湾名物シーバスジギング!千葉 寒川沖

手軽だけど奥が深い!東京湾名物シーバスジギング!千葉 寒川沖

東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。

perm_media 《画像ギャラリー》手軽だけど奥が深い!東京湾名物シーバスジギング!千葉 寒川沖の画像をチェック! navigate_next

東京湾 シーバスジギング 釣行レポート

手軽だけどじつは奥が深い 東京湾名物のシーバスジギング。入門に最適な最盛期に突入

この釣りは、シーバスの資源量では日本一といわれる東京湾ならではのゲームだ。入門者でも手軽に挑戦できる一方で、最適なリトリーブ速度とフォールのタイミング等、アングラーの引き出し次第で、釣果に大きな差が出る奥深さもある。フッコ級が中心の釣りだが、魚のコンデションは良く、ベイジギングロッドを気持ちよく曲げてくれる

使用するメタルジグは60gが中心。取材当日は、テールヘビーのシーバスアンチョビメタルが大活躍。スイミングフック付きなところがうれしい。他に、センターバランスのメタルフリッカーも実績が高い。ともに価格も手頃で船長も一押しのマストアイテムだ

6ft級でベイトモデルの「ベイジギングロッド」にPE1号+フロロリーダー5号1.5m。軟らかめのLTロッドやL~ML級の巻物用のバスロッドの流用も可能だ

巻きで魚にスイッチをいれて、ラインの変化などのフォールのバイトを引き出すのがこの釣りの醍醐味。だからベイトタックルが断然有利だ

シーバスの反応を釣る釣りなので、時合いになれば連発が当たり前だが、食い渋るとジグのカラーでバイトの深さも変わるのでカラーローテも必須である

バイトの数はアングラー次第

当日の竿頭は、「小峯丸」の千葉市の常連・平澤さん。40~55㎝シーバス38匹にカサゴのおまけも。中央区で「ミタカ寿司」を営む板前さんで、「神経締めしたこの時期のシーバスは、いろいろな料理が楽しめます(笑)」と教えてくれた

イワシの群れについた「沖のシーバス」がターゲットなので、魚体は銀ピカで食味も最高の時期。「ボトムから5mぐらいで食いました」と高梨さん

70㎝ジャストのグッドサイズも!

当日最大を仕留めたのは、「シーバスが大好き」で「小峯丸」に通う斎藤さん。ジグへの反応が悪くなった時間帯に、ジャクソン/飛び過ぎダニエル40gをバーチカルに投入して引き出したバイトだった

舵を握る小峯翔太船長は、常連さんもシャッポを脱ぐ湾奥ゲームのスペシャリスト。模範演技を披露してもらうと、あっというまにパターンを見つけてこのサイズを連発した

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・寒川「小峯丸」

東京湾で、冬期のシーバスゲームといえば、メタルジグを使ったジギングが楽しい。

イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめるシーズンである。

「いまは、姉ケ崎沖くらいまでの近場で食っているので、半日でも十分楽しめますよ」とは小峯翔太船長。

一月中旬の取材時もその言葉を裏切らずに、50㎝前後のフッコクラス主体ながら、25~38匹という活況。

それにくわえて大型は、産卵がらみで一服という時期だったが70ジャストのグッドサイズも顔を見せてくれた。

このゲームは、派手なジャークは不要で、ジグを船下でリトリーブ&フォールを繰り返すので、初めてロッドを握る人でも、ルアーフィッシングを楽しめる貴重な釣りなのである。

「バイトはフォール中に多いけど、魚にスイッチを入れるのはリトリーブ。まずは、“釣れる速度”を見つけることが一番重要な要素。ちなみにリールのギア比は、できればPGタイプおすすめだよ」と翔太船長。

じつは、釣り込むほどに奥が深い魅力があり、バイトの数は、アングラー次第で大きく変わるのだ。

シーズンは、春まで続くロングラン。

この魅力をあなたもぜひ体験してほしい。

以上の記事は「つり丸」2021年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル