MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美しい魚体!狙うは悶絶級!!艶々“金アジ”!!東京湾 本牧沖

美しい魚体!狙うは悶絶級!!艶々“金アジ”!!東京湾 本牧沖

東京湾の金アジといえば、超絶品ブランドアジ。金沢漁港「忠彦丸」では、そんな金アジが好調!コツはやっぱり手持ちでマメに誘うこと!道具も釣り方も基本通りでOKだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

狙うは悶絶級金アジ!! それでいて誰でも手軽に楽しめ 道具も釣り方も基本通りでOK!

ライトアジといえども 狙うはあの金アジ!

「忠彦丸」の午前・午後ライトアジ船が狙うのは、こんな艶々の金アジ。見事としか言いようのない極彩色だ

東京湾の金アジといえば、テレビのグルメ番組や旅番組などでも紹介され、釣り人ならずとも多くの人に知られる超絶品ブランドアジだ。

金沢漁港「忠彦丸」の午前・午後ライトアジでは、そんな金アジを狙っている。

「本当に美味しいので、ぜひ釣って味わっていただきたいですね」とは、「忠彦丸」緑川和希船長だ。

しかも、ライトアジというだけに道具は軽く釣り方も難しくないので、老若男女、ビギナーからベテランまで、誰でも手軽に楽しめるというのも嬉しい。

ここからは、そんな「忠彦丸」のライトアジ釣りを紹介します!

タックルも仕掛けも基本通りでOK!

まずはタックルと仕掛けだ。

「忠彦丸」ではビシは40号を使用するので、竿は2m前後のライトタックル用、もしくはゲームロッドなどが最適。

7対3、もしくは6対4など先調子気味の竿のほうがコマセを振りやすく、アタリも取りやすい。

そのような竿以外では、6ft程度のシーバスジギング用ルアーロッドなども使用可能だ。

リールは手巻きの小型両軸でOK。

「忠彦丸」の午前・午後ライトアジ船が狙うポイントの水深は、1月中旬の取材時では20〜30m程度と浅かったので、電動リールは必要なかった。

もしそのようなタックルを持っていなければ、「忠彦丸」にはレンタルタックルもあるので、ぜひ利用してみよう。

さらに、「忠彦丸」には無料で借りられるレインウエアや長靴もあり、もちろんレンタルビシもある。

つまり、釣りに必要なモノはすべて「忠彦丸」で揃うので、あとは防寒対策(インナー等)をしっかりとして、釣った魚を入れるクーラーボックスだけ持参すれば超絶美味しいアジ釣りが楽しめるというわけだ。

もちろん「忠彦丸」は京急金沢八景駅からの送迎もある。

電車釣行派アングラーにとっては本当に便利だ。

仕掛けはハリス2号全長2mの2本または3本バリ。

「忠彦丸」では船宿または船上での販売もある。

ハリ数につていは、仕掛けの扱いに慣れていないビギナーは2本バリがオススメ。

仕掛けの全長は2本バリでも3本バリでも基本は同じだが、ハリ数が多いということはその分仕掛けの扱いが大変で、仕掛けが絡まったときにもほどきにくい。

細かい作業を行えば船酔いのリスクも高まる。

自分が扱えるハリ数の仕掛けでストレスなく釣ったほうが快適で、釣果も伸びるというものだ。

付けエサは、「忠彦丸」ではアオイソメが配られる。

ライト、ノーマル問わずビシアジ船の多くではアカタンと呼ばれる短冊状のイカの身を食紅で染めたものが配られ、アオイソメは各自持参または別料金であることがほとんど。

だが、「忠彦丸」では逆で、アカタンは希望があれば用意してくれる。

ただ、アオイソメのほうがエサとしては万能で、とくに濁り潮などのときなどには圧倒的な効果を発揮することもある。

さらに、アオイソメのほうが釣れる魚の種類も豊富だ。

したがって、アオイソメが苦手でなければアオイソメを使用したほうが無難だ。

アオイソメの付け方は、頭の硬い部分から刺し、1㎝程度タラシを作ればOK。

きっちりと刺さなくても、チョン掛け程度で十分だ。

エサがクルクルと回転するようではハリスにヨレが入ってしまうので、そうならないようにしたい。

タックルはLT用またはゲームロッドなど。リールは手巻きの小型両軸でOKだ。PEラインは2号前後を使用

ビシは40号。仕掛けは2号2mの2本または3本バリ

コマセはイワシのミンチ。ビシにはふんわりと詰めよう

付けエサは、「忠彦丸」ではアオイソメが配られる。希望でアカタンもアリ

釣り方も基本通りでOK! タナは細かく探ろう

釣り方の前に、ひとつ重要な事柄を。

今回のライトアジやビシアジ釣りの紹介記事で、必ずといっていいほど登場する「釣り座セッティング」のイラスト。

なぜ毎回のように出てくるのかといえば、“それほど重要”だからだ。

釣り座なんてどんなふうにしてもいいじゃないか、釣り座のセッティングが釣果に関係あるのか?と思う方もいるかもしれないが、それが“ある”のだ。

たかが釣り座と侮るなかれ。

快適に釣りができるかどうかで、釣果に大きな差が出てしまうのだ。

最も重要なのは、船首側に釣り竿(ロッドキーパー)をセッティングし、船尾側にコマセの桶をする配置こと。

こうすることで、船は必ず船首を風上に向けるので、仕掛けが船尾側になびいて絡みにくくなるのだ。

気にしたことがない方は、ぜひこのようにセッティングしてみていただきたい。

きっと快適に釣りが楽しめるはずだ。

では釣り方だ。

タナ(魚がいる層)は船長が指示してくれるが、今回の取材では魚探による魚の反応が海底付近に濃く出ていたため、海底から2〜3mの範囲だった。

その場合の一般的な釣り方は(下のイラスト左側)、

①ビシが着底したら

②下のタナマイナス1m巻き上げる(今回の場合は2mが下のタナなので1mとなる。下が3mであれば2m巻き上げる)。

③一度シャクってコマセをまき、50㎝道糸を巻き取る。

④もう一回シャクってコマセをまき、50㎝道糸を巻き取る。

これで海底からちょうど2m上にビシが来る計算だ。

⑤10〜20秒待ってアタリを見る。

この待ちの間の後半に、誘いを行ってもよい。

誘いは竿を水平またはそれより少し下の位置から、時計の10時ぐらいの位置まで軽く持ち上げる程度でOK。

⑥アタリがなければ一回コマセをまき、今度は30〜50㎝道糸を巻き取る。

⑦もう一度コマセをまき、再び30〜50㎝道糸を巻き取る。

⑧10〜20秒待ち、アタリを見る(後半に誘いを行ってもよい)。

「30〜50㎝刻みで細かくタナを探ることが重要です」と緑川船長は言う。

さらに細くタナを探る場合は、一回目のコマセをまいたあとに間を作り、一回アタリを見てもよい。

タナの上限(この場合は3m)まで探ってもアタリがなければビシを再び海底まで着け(①)、

もう一度②〜⑧を行う。

この2往復をワンセットとし、それでもアタリがなければいったん仕掛けを回収して付けエサを確認し、コマセを詰めて再投入する。

アジはタナが命! タナ取りはPEのマーキングで

次はビギナー向けの釣り方だ(上のイラスト右側)。

ビギナーにとっては前述の一般的なライトアジ(ビシアジ)の釣り方を行うのはなかなか難しいと思われるので、以下の釣り方をオススメしたい。

①ビシが着底したら

②下のタナまで一気にビシを巻き上げ(ここでの場合は2m)、短くシャープに、そして軽く2〜3回竿をシャクってコマセを出す。

シャクリは強く行う必要はまったくない。そして10〜20秒待ってアタリを見る。

③アタリがなければ1m巻き上げ、短くシャープに、そして軽く2〜3回竿をシャクってコマセを出し、10〜20秒待ってアタリを見る。

アタリがなければ再びビシを着底させ(①)、②〜③を行う。

一般的な釣り方も、ビギナー向けの釣り方も、重要なのは「タナを取る際はPEラインのマーキングで見る」ということ。

カウンター付きリールを使っていたとしても、水深が浅いからとカウンターで見るのではなく、PEラインのマーキングで見るようにしたい。

アジはタナが数十cmズレただけでも食いが変わると言われるほどタナがシビアなこともあるからだ。

いずれにしても、今回紹介したタックルや釣り方は特別なものではなく、すべてがベーシック。

「釣り方は基本通りで大丈夫です。ただ、置き竿だけはNGです。狙っているアジは本当に美味しいので、ぜひチャレンジお待ちしています」(緑川船長)

基本をマスターして、超絶美味な金アジ釣りを楽しもう!

【東京湾・本牧沖】超絶美味な金アジ 釣行レポート

狙うは思わず溜め息モノの艶々“金アジ”!!

こんな魚体見たら寒さも吹っ飛ぶゾ!コツはやっぱり手持ちでマメに誘うこと

1月中旬の取材時のポイントは、港から10〜15分程度の本牧沖。水深は20〜25mだった

鈴木新太郎さんは的確なコマセワーク、そして的確なタナ取りで次々とアジをヒットさせていった

エキスパートやベテランはハリの掛かりどころを見て抜き上げてしまうが、一般的にはタモを使ったほうが無難。もちろん「忠彦丸」船上にはタモの用意がある

色艶、体高、すべてが最高のまさに金アジ。美味しいに決まってる!

この時期は水温が低く夏場のような活性はないが、新太郎さんは狙ってダブルも!しかもどちらも良型!!

取材時は半日でトップ20匹以上とまずまずの釣果。

いいときは40〜50匹も釣れるという

ベテランさんも元気で美味しそうなアジ!

ゲストではクロダイも。その他メバルやイシモチなども登場した

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」

「本当に美味しいので、ぜひ味わってみてください」金沢漁港「忠彦丸」緑川和希船長はそう言う。
 
その極彩色の美しい魚体は、思わず「綺麗…」と見とれてしまうほど。

もちろん幅も高さもある魚体は味も想像を絶する。

上品な甘さと脂の乗り。

塩焼きはしっとりとしてフワッフワだ。

まさに超極上というべきアジだから、ぜひともしっかりと釣って帰りたい。

「そのためには、タナは細かく探って正確に取ること、そして手持ちでマメにコマセをまいて誘うこと。これに尽きます。釣り方は基本通りで大丈夫なので、決して難しくありませんよ。ただ、置き竿はNGです」と緑川船長。
 
この時期は水温が低く、夏場のように浅場でバクバクという状況ではないものの、平均してトップ20匹前後、いいときで40〜50匹も釣れているという。
 
まだ寒い季節が続くが、「忠彦丸」には釣り座に温水パイプが通っていて快適。

半日と時間も短いので、サッと釣ってサッと帰り、家で超贅沢なアジ三昧が最高だ!

以上の記事は「つり丸」2021年2月15日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル