MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。

釣り時間も短く、タックルもライト。気軽な釣りではあるけれど、クーラーと満足感はずっしりヘビー級だっ

手数に数つりができて、食べておいしい!! 秋のレジャーにおすすめ。

キッズアングラーも思わずピース!

ポイント湊からほど近い、本牧沖など。波静かなポイントを船長がチョイス。

食味も上々! 刺身が旨い。

LTだから釣り味バツグン!

子供連れのファミリーフィッシングにも最適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「黒川本家」。

オシャレな街横浜元町からほど近い、新山下の老舗船宿「黒川本家」でも午前午後のLT半日アジは看板メニューで、いい日には半日船ながら束釣りに近い釣果も出ている。
釣り場は港を出て数分の超近場から、遠くても航程15~20分の本牧や富岡沖辺りにかけて。
「ウチはビギナーのお客さんも多いですから、その日の天候でできるだけ波の無い場所を選ぶようにしています」とはアジ船担当の三村恭介船長。
釣りやすさだけでなく「船長は若いけど細かな根を良く知ってるよ。それこそ船1艘分の大きさしかない根までね」とベテランの常連さんからの信頼も厚く、毎日の釣果がそれを裏付けている。
横浜近辺、しかも根周りのアジとなれば、味についての説明は釣り人には不要だろう。ましてこれから晩秋にかけてがアジの最も旨い時季だ。
釣り時間も短く、タックルもライトで気軽な釣りではあるが、クーラーと満足感はずっしりヘビー級。
目下秋のレジャーフィッシングにイチ押しの釣り物といっていいだろう。ぜひお出かけを!

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読