たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。


釣り時間も短く、タックルもライト。気軽な釣りではあるけれど、クーラーと満足感はずっしりヘビー級だっ

手数に数つりができて、食べておいしい!! 秋のレジャーにおすすめ。

キッズアングラーも思わずピース!

ポイント湊からほど近い、本牧沖など。波静かなポイントを船長がチョイス。

食味も上々! 刺身が旨い。

LTだから釣り味バツグン!

子供連れのファミリーフィッシングにも最適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「黒川本家」。

オシャレな街横浜元町からほど近い、新山下の老舗船宿「黒川本家」でも午前午後のLT半日アジは看板メニューで、いい日には半日船ながら束釣りに近い釣果も出ている。
釣り場は港を出て数分の超近場から、遠くても航程15~20分の本牧や富岡沖辺りにかけて。
「ウチはビギナーのお客さんも多いですから、その日の天候でできるだけ波の無い場所を選ぶようにしています」とはアジ船担当の三村恭介船長。
釣りやすさだけでなく「船長は若いけど細かな根を良く知ってるよ。それこそ船1艘分の大きさしかない根までね」とベテランの常連さんからの信頼も厚く、毎日の釣果がそれを裏付けている。
横浜近辺、しかも根周りのアジとなれば、味についての説明は釣り人には不要だろう。ましてこれから晩秋にかけてがアジの最も旨い時季だ。
釣り時間も短く、タックルもライトで気軽な釣りではあるが、クーラーと満足感はずっしりヘビー級。
目下秋のレジャーフィッシングにイチ押しの釣り物といっていいだろう。ぜひお出かけを!

関連する投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒いからこそ超ウマい! 走水沖のマアジ【東京湾・走水沖】

寒い季節は釣りに行くのもつい、おっくうになりがちだが、寒いからこそ美味しい魚が釣れる季節でもある。その一つが都心から近くの東京湾口で釣れる冬のマアジである。


只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

只今絶好調の東京湾のビシアジでありますっ!【東京湾・観音崎沖】

冬の到来と共に、その身に良質な脂を蓄えて美味しくなっていく魚たち。とりわけ東京湾のマアジは、そのうまさが倍増する! と評判で、こぞって太公望たちが仕留めに出掛けている。


同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

同ポイント、同仕掛けで狙える東京湾のLTアジ&イシモチ【東京湾】

ここ数年のLT(ライトタックル)ブームで、LTアジも東京湾を中心にすっかり定着した。東京湾のマアジは上品な脂の乗りが特徴で、とくに湾奥で釣れる中小型は絶品。その絶品の激ウマアジを求めてLTアジに通う人も多い。


今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

今シーズンは良型スミイカが多いぞ!【東京湾・中ノ瀬〜木更津沖】

昨シーズンは好調だった東京湾のスミイカ。今シーズンは10月上旬から中旬ぐらいにスタートする船宿が多かった。今回取材した小柴港「三喜丸」は10月31日からテンヤで狙うスミイカをスタート。初日はトップ23杯が二人、スソでも14杯という好釣果で開幕した。その後はトップ10〜15杯に収まる日が多い。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング