MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激アツ!ヤリイカ群れ到来!数釣り濃厚で絶好機!南房・白浜沖

激アツ!ヤリイカ群れ到来!数釣り濃厚で絶好機!南房・白浜沖

南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

今年もかなりいい感触!安定感はピカイチのエリアだ

1月中旬過ぎから南房・白浜沖のヤリイカが一気に乗るようになった。

このエリアは広大なポイントにヤリイカの大群がやってくるため、数釣りできるポイントとして人気が高い。

昨シーズンは本格的に釣れだしたのが2月に入ってからだったが、今シーズンは通常時と同じ例年並みと言える。

「反応はしっかりとあるし、サイズも中型主体で安定してトップ50杯くらいは釣れているので、例年並みにいいと思いますよ」と乙浜港「信栄丸」の安田仁船長は言う。

条件さえ良ければトップ70~100杯、初めてやっても20~30杯釣れるのも珍しくないだけに、これから始めるのにもいいエリアだ。

現在釣れるヤリイカは大中小まじりだが、メスのヤリイカは抱卵モノがまじりだしたばかりで、これから5月の連休くらいまでとロングランで楽しめそう。

水温がまだまだ高いが下がれば群れが固まりさらなる大釣りも期待できる。

ポイントは白浜沖と呼んでいるが、西側は布良沖、東側は千倉~和田沖あたりまでとかなり広い。

これも強みだ。

「最近、スルメがまじることも多いよね。いい日はまあまあ数もついてるよ」

取材日はヤリイカの仕掛けにスルメを10杯以上釣った人も。

この時期でも以前ならスルメが爆釣できたことも多く、そんな日があるかもしれない。

何にしても美味しいヤリイカに、スルメイカのキモ&ヤリイカの身で作る絶品塩辛もオススメだ。

プラヅノ11㎝のブランコが基本

タックルは1.7~2mほどの先調子ヤリイカ専用竿に小型電動リールを組み合わせる。

同地のヤリイカは他のエリア同様に釣りが繊細化してきている。

落とせば釣れるというよりは、自分で誘ってアタリを取って乗せていく、というイメージの釣りだ。

このため、竿は穂先感度の優れたヤリイカ専用竿が望ましい。

これから大型が増えるといっても、小型のアタリを察知できるかで数は大きく変わってくるのだ。

電動リールはPE4号300m巻ける小型でハイパワーのものが扱いやすい。

ヤリイカ専用ならば、PE3号400mがおすすめ。

前述したようにスルメイカが多い日もある。

スルメ好きの人は直結用のスルメタックルも持参しておくと安心だ。

1.5m前後のスルメ専用ロッドにダイワなら500番クラス、シマノなら3000番クラスの電動を組み合わせる。

この時期のスルメは特大サイズが多いのでハイパワーの機種をセレクトしよう。

仕掛けはプラヅノ11㎝5~8本のブランコ仕掛けが基本。

一番乗せやすく、数を伸ばせるのもこの仕掛けだ。

プラヅノはピンク、ブルー、ケイムラメインに赤白のスッテを1本まぜておく。

コマセヅノとしての効果もあるし、このスッテ自体にもよく乗る。

大型ばかりがこのスッテに乗るのも珍しくないのでぜひ混ぜておこう。

プラヅノ11cmブランコが基本だが、サバ次第で直結メインになることも

直結用、ブランコ用にそれぞれ投入器を使うと便利

オモリは150号使用

サバが多い時の対処、ツノ数減らすか直結で

日によってだが、サバが多いこともある。

サバが多いと仕掛けの落下中に仕掛けを止めてしまい、プラヅノを飲み込んで、さらにオマツリを頻発させる。

うまく海底まで落ちてもまたサバ、イカを乗せて巻き上げ中にもサバと、釣りにならないこともある。

取材日はサバの猛攻日で、最初は良くてもすぐに集まってきてしまうという日。

こんな時は以下の対処法で凌ごう。

①ノーマル直結仕掛け

慣れた人はプラヅノ11~14㎝を8~10本程度の直結仕掛けにチェンジ。

サバがいなくてもこの仕掛けを使ってもいいが、取り込み時にバラシが多くなるので、やはり慣れた人向け。

②直結の本数を減らす

どうにも釣りにならない時は、直結のツノ数を3~4本にして挑む。ツノ数が少ないことで取り込み時のトラブルも少なくなり、1杯ずつでも確実に取り込める可能性があるので、まずはここから始めるのもおすすめ。

③ブランコの本数を減らす

直結は難しい、本数を減らしても難しい。そんな時はどうするか。

「ブランコ仕掛けの本数を減らすといいですよ。11㎝か14㎝で3~4本にすると、仕掛けの落下も速くなりサバに捕まるのも多少防げます」

サバが掛かってしまった場合、仕掛けが止まってしまったり浮き上がるような状態の時は、全速力で一気に巻き上げてこよう。

モタモタしていると周りとオマツリしてしまう。

巻き上げ中にオマツリすることも多いので、竿先を見ておき、オマツリした時は減速できるようにしておこう。

ツノを飲み込まれたり、ツノが折れることも多くなる。

こんなとき、予備のバラのプラヅノにハリスを結んでおき、ダメになったツノだけを交換するのがおすすめだ。時短にもなるし経済的だ。

誘ってアタリを出し 掛けていく釣り

このエリアのヤリイカ釣りは、触りやアタリを取っていく釣りが主流だ。

どんな状況でもまず着底後に必ず竿先を見て乗りを確認しよう。

①底主体のとき…底反応のときはオモリを軽く切って、頭上まで一気に竿を持ち上げて、次は竿をストンと落として、ツノが落ちていく動きを演出してやる。

竿先を見やすい位置で止めてアタリを見る。

アタリを感じたら竿を持ち上げて軽くアワせる。

このアワセをしておくとバラシ軽減につながる。
 
乗らなければ底を取り直して誘いを繰り返し、巻き落としをして再度着底。

②10mほど広く出ているとき…誘い上げて止め、1m巻き上げて誘い、を繰り返して10mほど巻いていく。
 
底で乗らない時は、電動を中速と低速の間くらいに入れてタダ巻きするだけで乗ってくることも多い。

③小型が多いとき…小型のヤリイカは最初にアタリを出してそのまま動かないことも多い。

小型が多いときはシャクリは大きくてもゆっくりめに。

しっかりと竿を止めて、アタリが確実にわかるようにしよう。

水深が深い場合は、1回の投入で確実に追い乗りさせると数が伸びる。

①ゆっくり巻き…1杯乗ったのがわかったらそのままゆっくり10mほど手巻きで。

その後に電動をオン。

②底反応が多いとき…1杯乗せた後、その場でテンションをかけながら竿をゆっくり上下させてツノを動かしてさらに乗せる。

③広く出ているとき…1杯乗せてから、竿を上下させて誘いながら上へ、上へと探っていく。

誘ってアタリを察知して掛けていくと、口の周りの硬い場所に掛かる可能性が高くなる。

この場所に掛かるとバラシも少なくなる。

巻き上げは30段階の20くらいと、「ちょっと早いかな」くらいのスピードでOK。

バレるイカはどんなスピードで巻いてもバレるのだ。

だったら、効率よくスピーディに釣っていったほうが数も稼げる。

取り込みはイカがいたらその場で外して投入器に入れていったほうが早いが、慣れていないとイカがたくさんいるのを見て慌ててしまう。

そんな時は、一度全ての仕掛けを上げて、イカを等間隔に釣り座に並べておき、順番に外して投入器に入れるのがおすすめだ。

「どんなに気をつけてやってもオマツリはします。お互い様なので、声を出し合って協力してやってください。イカはいますから安心してくださいね」と船長。

【南房・白浜沖】ヤリイカ 釣行レポート

今年も本物の群れ到来!今なら誰でも激アツだ!

ポイントは白浜沖水深160~200mほど。広大にポイントが広がり大流しできるのが数釣りに直結

「信栄丸」は大型船に10人限定でゆったり。各座席にツノマットも用意されている

投入は竿に絡まないように、竿を前方に向けておくといい

乗り感バッチリ!重量感も最高!

佐久間さんは3杯掛けでスタート。「今シーズンは開幕からだいたい50杯は期待できる状況です」

取り込みは慌てない。直結の時は手繰りはゆっくりと

サイズは中型主体で大小まじり。数が多く長続きするときの釣れ方だ

この日最高は6杯掛け!

直結、ブランコとも触りを取って掛けていく釣りだ

途中からどこに行ってもどの層でもサバの猛攻に

サバが多い時は直結仕掛けの出番。ブランコのツノ数を減らすのも一手

「スルメが10杯以上。18㎝を使えばもっと釣れたかもですね」

サバがいなければブランコで順調に数を稼げる

ブランコも仕掛けがおりさえすれば確実に乗っていた

群れはバッチリ

みなさん、数釣りを楽しみました!!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「信栄丸」

南 房・白浜沖のヤリイカが1月下旬になって一気に花咲いた。

「白浜沖にいい群れが入ってますよ。だいたい50杯は釣れているのでかなりいい釣れ方です」とは、乙浜港「信栄丸」の安田仁船長。
 
南房エリアのヤリイカの魅力は何と言っても広大なポ イントを大流しして、繰り返し繰り返し乗せて一気に数を稼ぐことにある。好条件の日なら70杯、100杯といった釣果も夢じゃない群れの濃さを誇っている。

「サバがいないと本当に誰でも数釣りできます。サバが多い時は工夫して楽しんでください」
 
「信栄丸」は大型船に10人限定とゆったりと楽しめるのがウリ。

「オマツリも多くなるけど、みんなで声を掛け合って気持ちよく釣ってくださいね」
 
この日、かなりスルメの好反応があった模様。

18cm直結も持参すると面白そう。

GW頃までロングランで楽しめそうだ。

チャンスは続く!

以上の記事は「つり丸」2021年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル