MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
暑い夏の夜はアジの夜釣りで夕涼み【新潟下越・五十嵐浜沖】

暑い夏の夜はアジの夜釣りで夕涼み【新潟下越・五十嵐浜沖】

新潟西港の「魁明丸」は全長21・4mと新潟県内最大級の遊漁船である。通年狙うオキメバルが釣り物の表看板だが、プチ遠征とも言える粟島沖の夜のマダイや、近場の夜アジも人気のあるターゲット。今回は夜アジを狙い釣行してみた。

アジ以外にも、スズキ・ワラサ・ヒラメ・マダイとゲストが超豪華なのも魅力だ

新潟県内最大の船なので広々とした船上で釣りが楽しめる。

本命のアジが来た! 歓喜!!

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・新潟西港「魁明丸」。

このエリアでのアジの夜釣りについて新潟西港「魁明丸」野崎船長にたずねてみた。
まず、パラシュートアンカーで点在する魚礁周りや根を攻める流し釣りであるという。水中灯を入れて集まってくるプランクトンや小魚でターゲットを集魚しての釣り(新潟県では電気釣りという)。
コマセは使わずフラッシャーサビキで釣る。しかも付けエサは何も付けないとのこと。非常にエコである。
仕掛けについて詳しく聞くと、オモリは80号でサビキはハリス7号14㎝、枝間1m、ミキ糸10号、丸海津W胴打バリ15号の7本バリ仕様が一番実績を上げているという。
アジ釣りにしては太仕掛けだが、ゲストがスズキ・ワラサ・ヒラメ・マダイで、それも大物が掛かるからだそうである。
仕掛けの全長が長いのでロッドも長めの方がよさそうである。水深50m程度のところを流すので、リールは手巻きでも電動でも問題ない。

「魁明丸」の夜アジ仕掛け

日がどっぷりと暮れた頃から、アジは爆釣モードに突入した!

夜釣りは幻想的な世界を体験できる。

ゲストはワラサ、スズキ、マダイと豪華。

マアジを多点掛けを狙って数をのばそう。

「パラシュートアンカーで魚礁周りを流しての釣りだよ。水中灯を入れて船に小魚が付いてからが勝負。ゆっくりやってね」
という野崎明船長の言葉どおり、日がどっぷりと暮れた午後8時頃からアジは爆釣モードに突入した。
食べ頃サイズの中アジ主体で、たまに大アジがまじる釣れっぷりだったが、ほどなくワラサ、大スズキも船に付いてしまった。
「魁明丸」は新潟県内最大クラスの遊漁船で釣座間隔も広いが、オモリが80号と軽いため、大物を掛けたらある程度強引なやり取りがオマツリ防止には必須。
しかし、市販の仕掛けではエダスが切れてしまう。これを回避する方法を船長に聞くと、
「船宿仕掛けはエダス7号仕様。太仕掛けだがフラッシャー付W胴打針の効果でアジが食い渋ることもないよ。掛けた魚は確実に獲ってね!!」との、ご返答。
この夏、夕涼みを兼ねて乗船してみてはいかがでしょうか。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読