MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

ロングランで展開している東京湾のタチウオ。調子がいいのか、悪いのか? 日並み次第で大きく異なっているから分かりづらい。とりわけ、安定感のあるエサ釣りに比べ、ジギングはその傾向が強い。まさに幽霊魚の面目躍如、といったところだ。

ポツリポツリと釣れ続いた。メーターオーバーは船中5本。指3〜4本サイズでも身の厚い、重量感たっぷりの魚ばかり

ストップフィッシング直前にヒットしたドラゴン112cm! 釣り人は綾瀬市の尾方雄貴さん。「速いピッチでの巻き上げ中に食いました」。

「最初のフォール中に食ってきました!」船中一発目のメーターオーバー、123cmをキャッチしたのは草加市の山中俊幸さん。ほかにも112cmをキャッチし大満足!

取材時のポイントは観音崎沖が中心。攻めた水深は60〜70mが多かった。

釣れているときに確実にキャッチする。これが最終的には大きな差となって現れる。

尾ビレをかみ切られていなければ…のビッグワンを手にする仲良し親子。

ポンピングは厳禁。等速で巻き続けるのはバラシを防ぐ最大の方法だ。

指3本クラスでも肉厚で美味な良型が揃った。タチウオ人気もうなづける。

「角があるものと角がないものの2種類を用意してください」と船長。角があればよく動き、なければノーアクションの動きとなる。いずれがよいかは状況次第で変わる。

使用ジグのメインウエイトは150g以上が船長のおすすめ。潮が速いときは200gの必要性もあるので、数本は用意しておくとよい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

10月中旬、半日の出船で狙う金沢八景「太田屋」に乗船した。
「いまのところ観音崎沖の60〜70mラインを中心に狙っています。数が出る下浦沖を狙う船もありますが、うちではなるべく良型を釣ってもらいたいので、まだそちらには行ってません」
とは佐野一也船長。
確かにネクタイのような細いタチウオが数釣れても…、という声も少なくはないだろう。
船長の言葉通り、最初の流しから良型が登場。流し変えるたびに何人かのロッドが締めこまれる。入れ食いまではいかないがコンスタントにヒットが続く。
「この流れに乗り遅れないでね〜」
船長のアナウンスが響いた。
満潮からの下げ、潮が止まることなく流れたこの日は、出船の間中、ポツリポツリと釣れ続いた。メーターオーバーは船中5本。指3〜4本サイズでも身の厚い、重量感たっぷりの魚ばかり。トップ釣果は10本に届かなかったが、それでも多くの釣り人の満足顔が目立った。良型狙いのタチウオ釣り、「太田屋」では、一日船にスイッチし、年内いっぱいを目安に楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。
秋田県男鹿半島~山形県飛島沖のウスメバル釣り。釣り上げると脂肪の塊を吐き出すほどに、脂が乗った秋田のオキメバル。絶品です!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目が激アツ!エサ釣りが案外楽しくつい夢中に!本編は白身系高級魚五目!一釣行で三度もオイシイぞ!!
駿河湾・清水沖で激うまレア魚がよりどりみどり!贅沢五目釣りが絶好調!大アラを想定してハリスは12号以上で狙う!
まるで秋のような状況!?日立久慈港「直重丸」ではアタリ多くゲスト多彩!食べ頃サイズから大型もヒット!テンヤマダイを楽しむなら日立沖がおもしろい!!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読