MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

ロングランで展開している東京湾のタチウオ。調子がいいのか、悪いのか? 日並み次第で大きく異なっているから分かりづらい。とりわけ、安定感のあるエサ釣りに比べ、ジギングはその傾向が強い。まさに幽霊魚の面目躍如、といったところだ。

ポツリポツリと釣れ続いた。メーターオーバーは船中5本。指3〜4本サイズでも身の厚い、重量感たっぷりの魚ばかり

ストップフィッシング直前にヒットしたドラゴン112cm! 釣り人は綾瀬市の尾方雄貴さん。「速いピッチでの巻き上げ中に食いました」。

「最初のフォール中に食ってきました!」船中一発目のメーターオーバー、123cmをキャッチしたのは草加市の山中俊幸さん。ほかにも112cmをキャッチし大満足!

取材時のポイントは観音崎沖が中心。攻めた水深は60〜70mが多かった。

釣れているときに確実にキャッチする。これが最終的には大きな差となって現れる。

尾ビレをかみ切られていなければ…のビッグワンを手にする仲良し親子。

ポンピングは厳禁。等速で巻き続けるのはバラシを防ぐ最大の方法だ。

指3本クラスでも肉厚で美味な良型が揃った。タチウオ人気もうなづける。

「角があるものと角がないものの2種類を用意してください」と船長。角があればよく動き、なければノーアクションの動きとなる。いずれがよいかは状況次第で変わる。

使用ジグのメインウエイトは150g以上が船長のおすすめ。潮が速いときは200gの必要性もあるので、数本は用意しておくとよい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

10月中旬、半日の出船で狙う金沢八景「太田屋」に乗船した。
「いまのところ観音崎沖の60〜70mラインを中心に狙っています。数が出る下浦沖を狙う船もありますが、うちではなるべく良型を釣ってもらいたいので、まだそちらには行ってません」
とは佐野一也船長。
確かにネクタイのような細いタチウオが数釣れても…、という声も少なくはないだろう。
船長の言葉通り、最初の流しから良型が登場。流し変えるたびに何人かのロッドが締めこまれる。入れ食いまではいかないがコンスタントにヒットが続く。
「この流れに乗り遅れないでね〜」
船長のアナウンスが響いた。
満潮からの下げ、潮が止まることなく流れたこの日は、出船の間中、ポツリポツリと釣れ続いた。メーターオーバーは船中5本。指3〜4本サイズでも身の厚い、重量感たっぷりの魚ばかり。トップ釣果は10本に届かなかったが、それでも多くの釣り人の満足顔が目立った。良型狙いのタチウオ釣り、「太田屋」では、一日船にスイッチし、年内いっぱいを目安に楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読