MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾 冬のタイラバゲーム!マダイ&ワラサが連発!

東京湾 冬のタイラバゲーム!マダイ&ワラサが連発!

船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾 冬のタイラバゲーム!マダイ&ワラサが連発!の画像をチェック! navigate_next

東京湾 タイラバゲーム 釣行レポート

美形にして美味な寒のマダイと単純にして深淵な知恵比べ!冬のタイラバがゲーム活況

タイラバは専用タックルのほか、ライトジギング用やLTロッドのULクラスでも転用可能。ラインはPE0.8~1号を200m、リーダーは3~4号。ワラサ狙いに備えML級でスピニングのジギングロッドもあるといい

タイラバのヘッドは、定番の紅牙ベイラバーフリーαに加えて、ビンビン玉等の実績も上昇中。メインウエイトは100g。同じポイントでワラサも狙えるので100~150gのジグも持参すると面白い

田岡船長いわく、この時期のマダイはセミエビ、カニ等の甲殻類を常食にしている。だからネクタイはオレンジゼブラ&赤ラメの「中井チューン」が最強とか

冬期のマダイは、美形にして美味なので、ポイントは多くの船が集まる激戦区となる。繊細なアプローチで口を使わせよう

船中第一号は、井出さん。いち早く釣れるパターンをつかみ、その後も順調に数を伸ばし4尾で当日の竿頭となった

前半は乗らないアタリに苦しんだ黒坂さんも美形のマダイをしっかりキャッチ。自分のリールあわせた「1秒に90㎝」のリトリーブが釣果の秘訣だ

「紅牙フレアリーフ」の ワームチューンで追加!

関根さんは、船長に聞いたダイワ/紅牙フレアリーフを試して大成功。

この日がタイラバ初体験だったが2枚目のマダイを手にして大満足だった

ライトなロッドでのスリリングなファイト

水温が最も下がる厳寒期ながら、水浸60〜70mという深場のマダイは元気一杯。レギュラーサイズでもライトなロッドを絞り込んでくれる。掛かりが浅いケースも多いから、姿が見えるまでは気が抜けない、濱口さんは、タイラバ初挑戦ながら3尾のマダイに良型ハナダイを仕留めてくれた

時合いになればトリプルヒットも!

タックルのセティングがハマっていれば、タイラバは難しい釣りではない。船長推薦の「中井チューン」を揃えた本船は、ダブル、トリプルの連発劇も度々だった

この時期は、同じポイントで3㎏前後のワラサも狙える。メタルジグはもちろんタイラバにもヒット。これは取材前数日間にヒットした青物達

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋港「Friend☆Ship」

「例年に比べれば、表層の水温が高いけど、水深70m前後のポイントで、マダイの釣果はかなり安定しているよ」。と語るのは、船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長。

この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。

現在は、湾内のマダイがもっとも深場に落ちる時期で一筋縄ではいかないが、食味の点では最高のシーズン。

同じポイントでワラサも狙えることもあり、寒さをいとわず狙う人が絶えない。

ちなみに、タイラバはリグとタックルの選択が最も問われるルアーフィッシングだが、それさえクリアすれば、初挑戦でも高確率で型を見られる釣り物だ。

取材当日は、チャーターでタイラバオンリーの出船。レンタルロッドで初挑戦3人も含む経験1~2回という皆さんだったが、船長推薦のリグを揃えて、ボウズなし。

船中5人で12枚の釣果をあげることとなった。

「タイラバは、あんまり迷いすぎてもダメ。信じて基礎を守り続けることが一番大事だよね(笑)」と田岡船長。

なお、居残りサンパク&ワラサもかなりいるようで、取材の数日前には、ジグはもちろんタイラバでも連発した日もあったとか。

東京湾きっての教え上手の操船で、ぜひタイラバのマダイ&ワラサに挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2021年3月1日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル