MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

さあ、待望のシーズン開幕だ! 青物まじりで絶好調!! 激アツイぜ東京湾!!! 爆オモロイぜシーバスゲーム!!!!

perm_media 《画像ギャラリー》キャスティングとジギングで狙う東京湾のシーバスゲーム【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

秋はサイズもよく、数も期待できるぞ。しかも、イナダやワラサ、そしてサワラといった青物も狙えるのも大きな魅力

連日の雨などの影響により状況は不安定ながら、取材日はフッコサイズを中心にヒットが相次いだ。

シーバスといえば、豪快なエラ洗い! 例年秋はグッドサイズの確率が高く、こんなサイズ以上ばかりが揃うこともあるとか。しかも数も期待できるという。この日はトップ20本以上! まさにこれからがチャンスだ!!

トリヤマが立ち、ボイルしている状況ではトッププラグにも好反応。エキサイティングなゲームが楽しめる。

浦安沖のオープンエリアではイナダやサワラがヒット中! 

「小峯丸」人数限定の片舷乗合。つまり、片方の舷にしかアングラーを乗せない。だから、乗合船でありながらオーバーヘッドでキャスティングが可能だ。

きたーーーっ!

ネットインは基本的には船長が行ってくれるが、この日は同時ヒットの連続で各自で行う場面も。このように、ロッドを後ろに引いてすくうとよい。

「小峯丸」ではキャスティングも積極的に行うので、必ずキャスティング用とジギング用の2種類のタックルを用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

いよいよ東京湾のシーバスゲームが開幕だ!
「水温が高かったり急激に下がったりなど、まだ状況は安定していませんが、例年秋はサイズもよく、数も期待できます。しかも、イナダやワラサ、そしてサワラといった青物も狙えるのも大きな魅力です」と話すのは、東京湾シーバスルアーゲームの元祖である千葉港「小峯丸」の小峯雄大船長。
取材は10月中旬。連日の雨と急激な冷え込みにより、取材前日まではシーバスたちは低活性…。ところがこの日は、朝からトリヤマが立ち、ボイルも見られるほどの高活性! バイブレーションやミノーはもちろん、トップウォータープラグも果敢にアタックするエキサイティングな展開となった。
東京湾のシーバスのルアーゲームといえば、乗合船ではジギングが一般的だが、取材日のように千葉港の「小峯丸」は乗合船にもかかわらずキャスティングゲームが楽しめるのが大きな魅力。今後海況が安定してくれば、さらなるサイズや釣果が期待できることは間違いない。

以上の記事は「つり丸」2017年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
東京湾のマダイが好機突入中!タイラバを使ったマダイゲームは安定感抜群。二大好機の春は大型が出やすいのが魅力!基本釣法をおさらいして大ダイをゲットしよう!
ナイトゲームのシーバス乗合はシーズン前期の最終盤に突入中!夜のキャスティングゲームでシーバス&メバルと遊ぶ!ぜひ一度体験してほしい。
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル