MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
犬吠沖のアカムツがヒートアップ中!大型まじりでひとり10匹!

犬吠沖のアカムツがヒートアップ中!大型まじりでひとり10匹!

開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

perm_media 《画像ギャラリー》犬吠沖のアカムツがヒートアップ中!大型まじりでひとり10匹!の画像をチェック! navigate_next

10匹キャッチが複数人!キロオーバーも出て 私以外は!?大、大、大満足!!

「前で型の良いのが上がりました」「胴でダブルです」大ドモの筆者にメンバーから逐一届く釣果情報。

カメラ片手に右往左往で落ち着いて竿を握る暇もない中、入れ食いタイムが続く。

一通り画撮りを終え、いよいよ本格参戦と釣り座に戻るが…。

大型船を仕立てて アカムツに挑戦

2月6日はTEAMメンバーで波崎港「仁徳丸」の大型船をチャーター、密を避けつつ今期も好調の犬吠沖へ。
 
今回参加メンバーの多くがこのポイントにそそられながらも、今までその人気ゆえの混雑を敬遠してきた初挑戦者。

初の犬吠沖となる。
 
6時20分、水深150mでスタート。

思いの外浅いなと思っていると「深みは激流なので、まずはここから」と三橋船長。
 
左舷銅の間の和田氏が早々と食わせ、巻き上げ開始。

やや小振りながら投入早々、船中1号をタモ取りし安堵の笑みを浮かべる。
 
10分後、和田氏が同サイズを追釣すると、これを口火にあちこちから聞こえる電動巻き上げ音。

水深故かサイズはいまひとつ物足りないがテンポよく連釣する者、ダブルで効率よく数を稼ぐ者と船中笑顔と歓声が飛び交う。
 
しかし、先ずは画を押さえようと置き竿放置プレイの筆者には満足なアプローチすら…いや、正確には画取りで釣り座を離れている隙にアプローチがあるが「面倒を見ない」のでエサだけしゃぶられハリ掛りに至らず、の悪循環!?
 
懸念されたツノザメ禍はほとんどなく、サバもウルメイワシサイズがポツポツ程度。

道糸切れや大マツリもなくほぼ順調。
 
水深もあってかこのポイントではやや小振りが目立つが、時間経過とともに35㎝級もまじり始め、開始3時間で規定数10匹に迫るメンバーが複数。

「手加減しないと後半見物人になっちゃうよ」と画撮りしながらジョークを飛ばす。

筆者は「アルファタックル HBアカムツ200/230」を持ち込んで犬吠沖に挑んだが…

この日はワーム系がアタリ多く大活躍!

「今日は全部これに食ってます」左ミヨシ寄りのメンバーが示したのは『つり丸』2月15日号の巻頭第2特集でも紹介された拙命名ニッコーベイト「ロールイカタン150㎝」ケイムラチャートの5㎝カット。
 
日によりヒットカラーは異なるだろうが、これに食ってくれれば効率が良い。
 
スタート時は少々戸惑っていたアカムツ初挑戦の斉藤氏、中深場自体が初めての熱田氏ともに両目を開け、気が付けば釣っていないのは自分一人。

まあ、今日の食い気なら後半追い付くことはさほど難しくない…とこの時点ではタカをくくっていたのだが。
 
9時半、移動直後、隣の和田文子さんが「ちょっと大きいかもしれない」と緊張した面持ちで巻き始める。

時折竿先を突っ込む強い抵抗は本命&グッドサイズ間違いなし。

「これは良い型!今日一番です!」海面下に揺れる魚影に助手として同乗してくれた船長義妹・佳子さんがタモを差しながら声を上げる。
 
取り込まれたのは42㎝・1.1㎏。

タモに入った途端にハリがポロリの冷や汗モノだったが、見事な魚体を手に歓喜と安堵の表情でカメラに収まる。

「これに食ってました」と示すのはこれまたニッコーベイト「ダッピーホタルイカ」のケイムラホロラメ(単体使用)。

今日の犬吠沖はワーム系が◎のようだ。
 
すでに規定数10匹に達した「先抜け組」が3名出ており、そろそろ本格参戦と思ったその時、このところ治まっていた目眩と頭痛が再発。

慌てて薬を飲んでロッドを握るが、薬が効くまでしばらくは「使い物にならない」だろう。
 
なんでこのタイミングかなぁ。

悪い事は重なるもので活発に口を使っていたルビーレッドが突然沈黙。

それまでが嘘のように静まり返る船上。

潮が止まったのだ。

ここで三橋船長はやや深みに移動するが、竿先を揺らすしたのはツノザメ仔魚にギンメダイ、ユメカサゴで船中追釣なし。

え、ちょっとヤバいかも…。

この日最大魚を釣ったのがこのセッティング。ぜひお試しを

自身の釣果は… TEAM釣果は大成功!

10時40分、更なる深みに攻め込むが、潮はカッ飛び釣りにくい。

11時、やっとアタったが、揺らめく魚影は残念ながら赤じゃない。

筆者含め左舷側3人が30㎝ちょいのムツを取り込む。

続くアタリも本命ではなく、流石に焦りを隠せない。

最後は朝の爆釣ポイントに戻るが、もはや侍共の夢の跡。

船中追釣かなわぬまま、納竿の声を聞く。
 
個人的には「撮影以外ダメダメ」ながら、早々と防寒服を脱ぐ絶好の釣り日和に恵まれたこと、規定数3名中2名が拙プロモーションロッドで好結果を残したこと、船中最大はニッコーベイトオンリーとメンバーが筆者に代り大活躍してくれたことなど、納得の結果となった。
 
初挑戦2名も複数キャッチできたことでTEAM初の犬吠沖仕立船は大成功。

今後は恒例行事のひとつとなりそうだ。

犬吠沖のアカムツ 釣行レポート

人気・実績ともに ますますヒートアップ!!大型まじりで ひとり10匹ゲットも!

この日はTEAM岡本メンバーの仕立船。オマツリしても気兼ねなく、和気あいあいと釣りが楽しめた

魚影濃く食いも良かった。

この日は船中3人が10匹キャッチ!!

多くの、メンバーが「HBアカムツ」でアタリを取り、アカムツを掛けていく

犬吠埼沖のアカムツは、その食いっぷりの良さから、全国でも屈指の人気だ。大型まじりで数釣りの期待も高い

この日は、一時入れ食い状態になるほどの食いの良さだった。魚影は相変わらず濃いので、口を使うかどうかは潮次第。潮が効けばひとり10匹キャッチも夢じゃない

食いは好調、次々と本命が上がる!!

丸々太って脂も乗った超美味高級魚!!

赤だけでなく黒も食ってきた

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「仁徳丸」

開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、関東はおろか全国トップクラスの釣れっぷりは未だ衰え知らない。
 
そして、年を追う毎にヒートアップする人気はこの時期外房深場のトップターゲットだったアコウダイを上回る勢いだ。
 
破竹の進撃で関東深場シーンを席巻する犬吠沖のルビーレッドだが、普段仕立船を中心に釣行するTEAMメンバーには混雑した乗合船に二の足を踏む者も少なからず。

「アカムツ釣りには行ってみたいけれど、人気がすごいから…、混雑した乗合は苦手で…」
 
そんな状況を踏まえて今回企画したのが波崎港「仁徳丸」での仕立船アカムツ。

オマツリやサメ禍は避けられなくても、とりあえず見知った顔同士で気兼ねなく最上級のアカムツ釣り場を体感してもらえれば、という企画なのだ。
 
そんな思惑を海底の乙姫様は汲んでくれたか、この時期滅多にない好天に恵まれた釣行日。

開始直後の浅場ポイントではやや小振りながら一時入れ食い状態となり船中が沸き立つ。
 
後半大型狙いの深場ポイントは激流に阻まれたものの、ポツポツと食い、3名が規定数の10匹に到達することができた。
 
筆者自身は体調不良でまさかの本命型見ずに終るも、釣果の多少にかかわらず皆がそれぞれ次回に繋がる手応えを感じたであろうこの日。

当初目的を達成した我が心は空同様に晴れやかだった。

「仁徳丸」では禁漁となる6月末まで犬吠沖、7月以降11月頃までは「関東のメッカ」こと寒猫根の2大アカムツ釣り場を股にかけ、ほぼ周年アカムツを狙っていく。

以上の記事は「つり丸」2021年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
飯岡沖のテンヤマダイが釣果上昇中!中、大ダイがまじりサイズも期待できる展開に!取材日の飯岡港「幸丸」でもコンスタントにマダイがヒット!今がまさに釣りどきだ!
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル