MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東伊豆のキンメダイは1.5〜2㎏級の大型も多いぞ【東伊豆・大島沖】

東伊豆のキンメダイは1.5〜2㎏級の大型も多いぞ【東伊豆・大島沖】

東伊豆、大島沖のキンメダイは、このところ大型主体にトップ30〜40匹前後と好調に釣れているという。

キンメダイがズラズラズラ〜っと多点掛けで上がってくる様は、実に壮観だ

良型キンメの鈴なりもある。

おいしそうな大型キンメ。脂が乗っていて、刺身に煮付けに焼き物と、なんにしてもおいしい。

1匹でお土産十分!? 2kg級の大型は見栄えもよく、食べ応えあり!

高級食材として人気のキンメは、近所に配っても喜ばれる。

東伊豆、大島沖でこのところ釣れているのは0.7〜2㎏前後。1.5〜2㎏級の大型も多く、それがズラズラズラ〜っと多点掛けで上がってくる様は実に壮観だ。
ポイントの水深は200〜500m前後。
底ダチさえ取れれば、すぐに食ってくることが多いので、初心者でもそれほど難しい釣りではない。
仕掛けのハリ数は15〜20本。2㎏クラスのキンメは1匹でもお土産十分といった大きさだが、それが10匹以上掛かってくることもある。このところ、大型主体にトップ30〜40匹前後と好調に釣れている。深場ファンはもろん、ビギナーにもオススメだ。

キンメダイはこうして釣る

オモリは鉄筋の2kg。

投入回数は基本的に8回ほど。予備も含め、仕掛けは10セット用意しておきたい。

釣り人は片舷に並び、投入はミヨシから順番に行う。

海面でハリが外れることも少なくない。もし外れたらタモですくってもらおう。

投入が無事できたら、次は底ダチとりだ。
うっかりしていると、オモリが底に着いていることが分からず、糸を出しっぱなしにすることに。ポイントによっては、それでは全く釣れないこともある。
あらかじめ、ポイントの水深を頭に入れておき、リールのカウンターで確認しながら、底ダチを意識するとよい。
たとえば、水深350mであれば、リールのカウンターが350mに近づいてから、ラインの出方に注視。止まったところで、リールのドラグを締めてラインの出を止める。
ここで、安心してはいけない。糸フケは想像以上に出ている。潮の流れが緩い場合は、オモリ着底後すぐ、電動スイッチを入れて糸フケをとって、海底でオモリをトントンさせる。
水中イメージはこうだ。
「潮の流れとともに仕掛けが移動。魚の群れに当たったところで、さらにエサの着いたハリを群れの中に送り込む」
理想イメージは、単純だが、深海では、そうは思うようにいかないのが常。
基本どおりの釣り方を進め、竿先に「クンクンクン」とアタリが出たら、糸を出す。
オモリは底に固定され、仕掛けが斜めに寝ていき、キンメの群れのなかにエサが到達し、キンメに追い食いさせ多点掛けを期待。
その後、船長の合図でリールを巻き上げる。
巻き上げは、けして速巻きはしないこと。魚が掛かっている場合、ゆっくりが鉄則だ。
波がある場合は、ドラグも緩めにして巻き上げる気遣いも必要だ。
この巻き上げ中、竿がめいっぱい曲がることが多い。ここであせってはいけない。意図的に根掛かりさせているので、テンションがかかるのは当然のこと。
竿が曲がり、リールの巻き上げが止められたら、手袋をした手でリールのすぐ手前で道糸を手繰って、アシストしてやる。これが「根起こし」という動作だ。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読