MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾〝新江戸前の釣り〟カスタム和船で湾奥シーバスゲーム!

東京湾〝新江戸前の釣り〟カスタム和船で湾奥シーバスゲーム!

江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾〝新江戸前の釣り〟カスタム和船で湾奥シーバスゲーム!の画像をチェック! navigate_next

東京湾 シーバスゲーム 釣行レポート

これぞ〝新江戸前の釣り〟 「カスタム和船」で楽しく遊ぶ 湾奥のシーバスゲーム

「シーバスは周年狙う、うちのメインターゲットです」という「林遊船」では、ルアー用のベイト&スピニングともレンタルタックルが非常に充実している。PE1〜1.5号、リーダーは20Lbが推奨のラインシステムとなる

可能な限り釣りやすい浅めのポイントを回ってくれる「林遊船」では、ジグの主役は40gになるという。上の写真のようなショアジギング用のジグなら、バーチカルでもキャスティングでも活躍してくれるぞ

「カスタム和船」ならではの臨場感!

取材当日は、由紀子さん&響さん親子の午後船に便乗させてもらったが、大型船ならスルーするレベルの反応でも連発。良型が来るとロッドが水面に突き刺さる。「リ、リールが巻けない!」と奮闘中なのはシーバス初挑戦の響さん

水面が近い「カスタム和船」のゲームは、まるで岸釣り感覚の臨場感を味わえる。ベイトが例年以上に豊富な東京湾のシーバスは、元気一杯のファイトを見せてくれた

上写真のファイトで上がったのは65㎝のシーバス。「こんな大きな魚を釣ったのは初めてです」と響さんは興奮を隠せない様子だった

当日は海況が悪かったためボトムをとりやすい60gのジグを使用。凪なら40g台のジグで釣るのも楽しい。フックは段差のスイミングフックに交換しておこう

マイタックル持参の北澤さんは、久々のシーバスジギングに最初は戸惑っていたが、後半は順調に数を重ねていく。半数をリリースしても持参の26Lクーラーは二人で満タン。

丁寧に血抜き&神経締めをして持ち帰ったシーバスは、後日「すごく美味しかったです」と大喜びの連絡が入った

後半はバイトラッシュで船中全員にヒットする場面も。タックルに慣れてきた響さんは「おりゃ~」と大胆な抜き上げも見せるほどこの釣りになじんできた

「この子は小さいから逃がしてあげますね」と響さん。シーバスは絶好調だが、食べる分以外は、手早くリリースしてあげよう

後半戦はこのサイズの バイトラッシュ!

「カスタム和船」だからこそ釣れつづくポイントがあると中山青凪船長はいう。後半は、「こんなところで……」というような狭いポイントで潮止まりにもかかわらず怒涛のバイトラッシュ。二人とも「腕が筋肉痛です(笑)」というほどの好調だった

40gのジグで模範演技を披露してくれた中山青凪船長。60㎝以内の魚ならランディングはリーダーをつかんで抜き上げるのがセオリーだ

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・江戸川放水路「林遊船」

ハゼやカレイの船宿として「江戸前の釣り」にこだわる江戸川放水路の「林遊船」。

この船宿のもう一つの柱が、「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲームだ。

「小回りが利くこういう船で狙えば、ポイントはたくさんあるんですよ」とは、担当してくれた中山青凪船長。

当日は、釣りが大好きな、由紀子さんと響さん親子の午後船に同船させてもらったが、中山船長は、筆者も驚くような狭いスポットを丁寧に探って、潮も海況も悪い日並にもかかわらず50㎝級をメインに快釣。

なんとシーバスジギング初挑戦の響さんが、レンタルタックルで65㎝を頭に16匹の竿頭となった。

「今日は風が強くて、軽いジグでは難しい日でしたけど、浅く釣りやすいポイントはたくさんあるので、40gのジグで、シーバスは一年中遊べますよ。うちなら、相談してもらえば、手ぶらで来てもらっても絶対に釣らせますよ(笑)」とは岡田大作船長。

筆者もロッドを振らせてもらったが、水面が近い「カスタム和船」の臨場感は最高で目からウロコだった。

仲間と誘いあわせてぜひ挑戦してほしい、これぞ“新江戸前の釣り”である。

以上の記事は「つり丸」2021年3月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のマダイが好機突入中!タイラバを使ったマダイゲームは安定感抜群。二大好機の春は大型が出やすいのが魅力!基本釣法をおさらいして大ダイをゲットしよう!
ナイトゲームのシーバス乗合はシーズン前期の最終盤に突入中!夜のキャスティングゲームでシーバス&メバルと遊ぶ!ぜひ一度体験してほしい。
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル