MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キンメダイがLTで釣れる!仕掛けと釣り方を紹介!

キンメダイがLTで釣れる!仕掛けと釣り方を紹介!

キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。

明るくなってから突如食いが活発になったキンメダイ。クロムツやメダイもまじって一気にお土産が増えていく

本来の超チャンスタイムである朝イチは食い渋ったが、次第に食いが上向くという展開だった。良型4匹にニンマリ。

いい流しはでは4、5回投入できることも。そんな流しがあると一気に数が稼げる。

この日は後半南西の強風が吹く予報で、キンメのみかと思っていたら、予想以上に天気が持ってマダイねらいへ。開始早々にキロオーバーゲット。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「水弘丸」。

「PE6号が300m巻いてあるリールがあればウチのライトキンメは大丈夫だよ」と網代港「水弘丸」の水野克行船長は言う。つまり、硬めのビシ竿やイカ竿も流用できるので、今まで「深場はちょっと」と遠慮していた人たちも楽しめる釣りなのだ。さらにキンメは明るくなって良型が釣れなくなったら、別の釣りに行くリレー釣りの形式を取っているので、一度に2つの釣りを楽しめるというワケだ。
「キンメはうまくいけば数投で40、50匹いくからね。慣れない人は5本ぐらいで良いけど、ハリ数が多い人には敵わないからね。10本は扱えると良いよ」
この日は、チャンスタイムであるスタートの数流しはなぜかの沈黙。しかし、明るくなってから突如食いが活発に。クロムツやメダイもまじって一気にお土産が増えていく。
「ここのキンメは脂の乗りが適度なんだよ。脂っこくないから誰でも1匹ぐらい食べられるんだよ」
通常よりもキンメ釣りの時間が長くなったため、後半のマダイは1時間余りの勝負に。
「この短時間でも何とかなるよ」という船長の言葉どおり、1時間余りで豪華な土産を追加。今後はキンメ・オニカサゴになるという。手軽に豪華な釣りを楽しもう!

LTキンメダイ仕掛けはこうだっ

PE6号を300m負けるリールがあればOK。この日は糸が出ても250mほどまでだった。

仕掛けは船宿オリジナル。「慣れた人は10本以上の方がいいよ」と船長。

付けエサは紅染めのイカタン。

海底に付くような反応が食いが良いという。

タックルは、電動リールはダイワなら500番、シマノなら3000番クラスのリールで十分に対応できる。道糸はしっかりと300m以上巻いておこう。
「そのリールで狙えない水深はやりませんから安心してください」
竿は、2〜2.5mほどで、250号のオモリが背負えればOK。仕掛けは、胴付き仕掛けだが、初心者は5本程度に。少し慣れたら10本以上付けたい。
「やっぱりハリが多い人には敵いませんよ。投入も難しくありませんから、なるべく10本でできるようになると良いですよ」
仕掛けは、短時間勝負と言うことを考えると、少し多めに用意しておこう。ゆっくりやれば、ひとつの仕掛けを使い回すことも可能だが、これでは時間がもったいないことも。限られた時間を有効に使うため、からんだりオマツリしたら、さっさと新しい仕掛けに交換しよう。
仕掛けの投入は、最初は船長から「一番目、二番目」などと、指示が出るので、ミヨシ側からオモリを前方に投げる。仕掛けは、船ベリのマグネットに付けてあるので、スルスルとからまずに投入可能だ。次回以降の投入は、そのまま入れて良い場合もあるし、待って再び順番で入れることもあるので、船長の指示に従おう。
エサは紅染めのイカタンだ。なるべく端のほうにチョン掛けしておく。あまり中のほうにハリを刺すと、エサがクルクル回ってしまう。

基本は底から5m、追い食いで数を伸ばそう

投入はオモリを放り投げると仕掛けがスルスルと出て行く。初心者でも安心だ。

マグネットが船べりにセットされているので、仕掛けを並べておく。投入はミヨシ側から順番に指示が出る。回収後も次の投入に備えよう。

キンメは置き竿でOK。タナは海底から5mで、アタリがあったら1mずつ上げて追い食いを待とう。

マダイのポイントは初島周りの水深80mほど。今後はオニカサゴが面白いという。

水深は200〜250mほどが多い。着底をしっかり見て、着底したら糸フケを取り、5m上げる。ここまでできたら、あとは竿先を見よう。アタリは、竿先がクンクンと上下する。
「1匹食ったら、そのまま1m上げてね。アタリがまたあったらそのまま1m上げてしっかり追い食いを待ってね」
巻き上げは船長から指示が出る場合と、自分で巻いて良い場合があるので、わからなかったら船長に聞こう。
「口は悪いけど、みんなに釣らせたいからそうなっちゃうんだよな。わかんないことがあったら何でも聞いてよ。へたくそなんて言うこともあるけど、気にしないでよ(笑)」
周りが食っているのに自分だけ食わない場合は、もう一度底を取り直して、再び5mのタナにセットしてやる。食わないと竿を持ちたくなるが、その必要はないという。
魚が食ってからの巻き上げは「30段階の14ぐらい」がちょうどいいという。あまり早いとハリ穴が広がってしまいバレてしまうことも。
数を伸ばすためには、仕掛けを回収した後に、いかに次の投入に備えられるかだ。5本程度なら同じ仕掛けを使い回すのも簡単だが、10本以上になって難しい場合は、新しい仕掛けを使うのも一手。
「うまい人は、投入しているときに次の仕掛けを用意していますよ。短時間で数釣ろうと思ったら、こんなことも必要です」
現在、キンメのポイントではクロムツも多くまじるという。赤と黒で豪華なお土産になる。
ここの釣りのうれしいところは、手軽さだけではない。リレー釣りを基本としていることも見逃せない。
「リレーでいろんな魚が釣れた方がいいでしょう。いまはマダイを狙ってるけど、マダイは好調だね。このあとはオニカサゴだね。ポイントが近いからできるんだけど、いいお土産になりますよ」
オニカサゴの場合は、ビシアジタックルなどで、どちらの釣りもひとつのタックルで可能だ。事前に何を狙うのか聞いておこう。
初島周りのおいしい魚たちをたくさん釣ろう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読