初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

初島沖のキンメダイは手軽なLTで予想以上の釣果も【東伊豆・初島沖】

キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。


明るくなってから突如食いが活発になったキンメダイ。クロムツやメダイもまじって一気にお土産が増えていく

本来の超チャンスタイムである朝イチは食い渋ったが、次第に食いが上向くという展開だった。良型4匹にニンマリ。

いい流しはでは4、5回投入できることも。そんな流しがあると一気に数が稼げる。

この日は後半南西の強風が吹く予報で、キンメのみかと思っていたら、予想以上に天気が持ってマダイねらいへ。開始早々にキロオーバーゲット。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「水弘丸」。

「PE6号が300m巻いてあるリールがあればウチのライトキンメは大丈夫だよ」と網代港「水弘丸」の水野克行船長は言う。つまり、硬めのビシ竿やイカ竿も流用できるので、今まで「深場はちょっと」と遠慮していた人たちも楽しめる釣りなのだ。さらにキンメは明るくなって良型が釣れなくなったら、別の釣りに行くリレー釣りの形式を取っているので、一度に2つの釣りを楽しめるというワケだ。
「キンメはうまくいけば数投で40、50匹いくからね。慣れない人は5本ぐらいで良いけど、ハリ数が多い人には敵わないからね。10本は扱えると良いよ」
この日は、チャンスタイムであるスタートの数流しはなぜかの沈黙。しかし、明るくなってから突如食いが活発に。クロムツやメダイもまじって一気にお土産が増えていく。
「ここのキンメは脂の乗りが適度なんだよ。脂っこくないから誰でも1匹ぐらい食べられるんだよ」
通常よりもキンメ釣りの時間が長くなったため、後半のマダイは1時間余りの勝負に。
「この短時間でも何とかなるよ」という船長の言葉どおり、1時間余りで豪華な土産を追加。今後はキンメ・オニカサゴになるという。手軽に豪華な釣りを楽しもう!

関連する投稿


日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

日本最高峰ブランドキンメダイを釣ろう!!【南伊豆沖】

激うまキンメ、トロキンメなどど称され、抜群のブランド力で人気なのが新島沖のキンメダイ。職漁師はもちろん、エサ釣りで狙う人も多い。そんな新島沖のキンメにキンメに惹き寄せられるかのように、近年、スロー系ジギングで攻める釣り人が急増している。


相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

相模湾のマルイカ、ライトでガンガンいくぜ!!【相模湾・葉山沖周辺】

100m近い深場から始まった相模湾のマルイカだが、開幕から1カ月ほどで40〜50mで釣れるまでになった。こうなったらライトタックルの出番だ。


釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

今期のヤリイカはどの場所も好調で、どこへ出掛けようか悩むウレシイ状況が続いている。そんな中、東伊豆・初島周りの夜釣りでは、そのサイズが大型化。パラソル級の確率がアップしているという。


みんなこのときを待っていた! マルイカ開幕! 【東伊豆・伊東沖】

みんなこのときを待っていた! マルイカ開幕! 【東伊豆・伊東沖】

さあ、ついにマルイカが開幕したぞ! 相模湾西部の小田原沖や伊東沖を皮切りに、1月中旬には相模湾東部や東京湾でもマルイカ乗合船が次々と出船。関東の海は、早くもマルイカで大盛り上がりとなっている。


超美味ブランドトロキンメ、同乗者全員堪能!【南伊豆・須崎沖】

超美味ブランドトロキンメ、同乗者全員堪能!【南伊豆・須崎沖】

我々釣人に解放されている大型キンメのポイントはごく一部であり、サイズだけでなく味覚面でも優れた極上キンメを手に出来る釣場はさらに限られるのが実情。その数少ない釣場の中でもサイズ、味覚共にトップランクのキンメが釣れる超A級ポイントが南伊豆の須崎沖。新島キンメとも「トロキンメ」とも称される同地の極上キンメを狙い釣行だ。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読