MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キンメダイがLTで釣れる!仕掛けと釣り方を紹介!

キンメダイがLTで釣れる!仕掛けと釣り方を紹介!

キンメ釣りというと、「道具がいろいろと大変で」というイメージがあって、ビギナーには遠慮されることも多い。しかし、ライトタックルキンメは、PE6号を300m巻ける電動リールに、ビシアジやイカ竿などがあれば楽しめる、ビギナーにもやさしい中深場の釣りなのだ。

明るくなってから突如食いが活発になったキンメダイ。クロムツやメダイもまじって一気にお土産が増えていく

本来の超チャンスタイムである朝イチは食い渋ったが、次第に食いが上向くという展開だった。良型4匹にニンマリ。

いい流しはでは4、5回投入できることも。そんな流しがあると一気に数が稼げる。

この日は後半南西の強風が吹く予報で、キンメのみかと思っていたら、予想以上に天気が持ってマダイねらいへ。開始早々にキロオーバーゲット。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「水弘丸」。

「PE6号が300m巻いてあるリールがあればウチのライトキンメは大丈夫だよ」と網代港「水弘丸」の水野克行船長は言う。つまり、硬めのビシ竿やイカ竿も流用できるので、今まで「深場はちょっと」と遠慮していた人たちも楽しめる釣りなのだ。さらにキンメは明るくなって良型が釣れなくなったら、別の釣りに行くリレー釣りの形式を取っているので、一度に2つの釣りを楽しめるというワケだ。
「キンメはうまくいけば数投で40、50匹いくからね。慣れない人は5本ぐらいで良いけど、ハリ数が多い人には敵わないからね。10本は扱えると良いよ」
この日は、チャンスタイムであるスタートの数流しはなぜかの沈黙。しかし、明るくなってから突如食いが活発に。クロムツやメダイもまじって一気にお土産が増えていく。
「ここのキンメは脂の乗りが適度なんだよ。脂っこくないから誰でも1匹ぐらい食べられるんだよ」
通常よりもキンメ釣りの時間が長くなったため、後半のマダイは1時間余りの勝負に。
「この短時間でも何とかなるよ」という船長の言葉どおり、1時間余りで豪華な土産を追加。今後はキンメ・オニカサゴになるという。手軽に豪華な釣りを楽しもう!

LTキンメダイ仕掛けはこうだっ

PE6号を300m負けるリールがあればOK。この日は糸が出ても250mほどまでだった。

仕掛けは船宿オリジナル。「慣れた人は10本以上の方がいいよ」と船長。

付けエサは紅染めのイカタン。

海底に付くような反応が食いが良いという。

タックルは、電動リールはダイワなら500番、シマノなら3000番クラスのリールで十分に対応できる。道糸はしっかりと300m以上巻いておこう。
「そのリールで狙えない水深はやりませんから安心してください」
竿は、2〜2.5mほどで、250号のオモリが背負えればOK。仕掛けは、胴付き仕掛けだが、初心者は5本程度に。少し慣れたら10本以上付けたい。
「やっぱりハリが多い人には敵いませんよ。投入も難しくありませんから、なるべく10本でできるようになると良いですよ」
仕掛けは、短時間勝負と言うことを考えると、少し多めに用意しておこう。ゆっくりやれば、ひとつの仕掛けを使い回すことも可能だが、これでは時間がもったいないことも。限られた時間を有効に使うため、からんだりオマツリしたら、さっさと新しい仕掛けに交換しよう。
仕掛けの投入は、最初は船長から「一番目、二番目」などと、指示が出るので、ミヨシ側からオモリを前方に投げる。仕掛けは、船ベリのマグネットに付けてあるので、スルスルとからまずに投入可能だ。次回以降の投入は、そのまま入れて良い場合もあるし、待って再び順番で入れることもあるので、船長の指示に従おう。
エサは紅染めのイカタンだ。なるべく端のほうにチョン掛けしておく。あまり中のほうにハリを刺すと、エサがクルクル回ってしまう。

基本は底から5m、追い食いで数を伸ばそう

投入はオモリを放り投げると仕掛けがスルスルと出て行く。初心者でも安心だ。

マグネットが船べりにセットされているので、仕掛けを並べておく。投入はミヨシ側から順番に指示が出る。回収後も次の投入に備えよう。

キンメは置き竿でOK。タナは海底から5mで、アタリがあったら1mずつ上げて追い食いを待とう。

マダイのポイントは初島周りの水深80mほど。今後はオニカサゴが面白いという。

水深は200〜250mほどが多い。着底をしっかり見て、着底したら糸フケを取り、5m上げる。ここまでできたら、あとは竿先を見よう。アタリは、竿先がクンクンと上下する。
「1匹食ったら、そのまま1m上げてね。アタリがまたあったらそのまま1m上げてしっかり追い食いを待ってね」
巻き上げは船長から指示が出る場合と、自分で巻いて良い場合があるので、わからなかったら船長に聞こう。
「口は悪いけど、みんなに釣らせたいからそうなっちゃうんだよな。わかんないことがあったら何でも聞いてよ。へたくそなんて言うこともあるけど、気にしないでよ(笑)」
周りが食っているのに自分だけ食わない場合は、もう一度底を取り直して、再び5mのタナにセットしてやる。食わないと竿を持ちたくなるが、その必要はないという。
魚が食ってからの巻き上げは「30段階の14ぐらい」がちょうどいいという。あまり早いとハリ穴が広がってしまいバレてしまうことも。
数を伸ばすためには、仕掛けを回収した後に、いかに次の投入に備えられるかだ。5本程度なら同じ仕掛けを使い回すのも簡単だが、10本以上になって難しい場合は、新しい仕掛けを使うのも一手。
「うまい人は、投入しているときに次の仕掛けを用意していますよ。短時間で数釣ろうと思ったら、こんなことも必要です」
現在、キンメのポイントではクロムツも多くまじるという。赤と黒で豪華なお土産になる。
ここの釣りのうれしいところは、手軽さだけではない。リレー釣りを基本としていることも見逃せない。
「リレーでいろんな魚が釣れた方がいいでしょう。いまはマダイを狙ってるけど、マダイは好調だね。このあとはオニカサゴだね。ポイントが近いからできるんだけど、いいお土産になりますよ」
オニカサゴの場合は、ビシアジタックルなどで、どちらの釣りもひとつのタックルで可能だ。事前に何を狙うのか聞いておこう。
初島周りのおいしい魚たちをたくさん釣ろう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読