初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

冬将軍が到来してもなお、海のなかは秋。高水温が継続する西伊豆土肥沖では、カワハギが絶好調だ。アオリイカの宝庫でもあります。西伊豆で、のんびり温泉宿お泊り釣行と洒落込んでみてはいかがでしょうか。


高活性大判カワハギの強烈な引きを満喫だ、 ティップランで良型アオリイカキャッチ!

ダイワ松永直己は、小物釣り師の本領発揮。誰でも釣れる釣法を模索中。

キターッ! たまらん瞬間です。

宙の釣りで攻略しよう!

女性アングラーもゲット。

ドラグをうならせる良型アオリがヒット中。松永はひとつテンヤロッドでファイト中。

見事1kgオーバーアオリイカをキャッチ。

ケンもアオリキャッチ。激うまだった。

土肥沖のカワハギ釣りの魅力は、風光明媚の景色に囲まれながら、のんびりと釣りができること。しかも、ヒットするカワハギは大型ばかり。キモパンの個体なので、味も美味。初心者でも複雑な誘いをしなくても気軽に釣れるのだ。
この時期、忘れてはならないターゲットがアオリイカ。このエリアではどちらかといえば、陸っぱりで盛んだが、ティップランで狙うとなんと1㎏の大型がヒットしてきた。
ポイントも広範囲というので、今後西伊豆の新しい釣り物で定着することを期待したい。
さらには意外と知られていない夜タチウオも絶好調の今季。おいしい魚とイカを釣って、温泉宿でのんびりと過ごす貴方の週末はいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

釣り船にも負けない釣果もあり!ボート釣りシーズン(内房・富浦)

関東地方も入梅してしまったが、穏やかな海況が続くいまはボート釣りのベストシーズン。手軽にファミリーで楽しめるだけでなく、釣り船に負けないほどの釣果だって可能なのがボート釣り。さあ、ボート釣りに出かけよう!


わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

わずか数投で2㎏級の大型アオリイカをキャッチ!【宇佐美南沖】

今回のターゲットは、アカイカと関東圏で呼ばれる大型のケンサキイカ。沖釣り師の間では、マルイカと言った方がなじみが深いと思う。 このアカイカは伊豆七島周辺で釣れ、とてもおいしいイカと言われており、熱烈なファンも多い。


GW以降第2陣に期待、自己記録更新大ダイを狙え!【西伊豆・土肥沖】

GW以降第2陣に期待、自己記録更新大ダイを狙え!【西伊豆・土肥沖】

西伊豆のマダイの大場所土肥沖。これまで乗っ込み期には数々の大ダイがキャッチされてきた、コマセマダイ釣り最高峰のフィールドだ。


2㎏オーバーも期待できる!! 平塚沖のアオリイカ【相模湾・平塚沖】

2㎏オーバーも期待できる!! 平塚沖のアオリイカ【相模湾・平塚沖】

アオリイカの魅力は、何と言っても、シャクる手を「ズシンッ」と止められる衝撃。一度覚えると病みつきになってしまう。ここのところアオリイカ釣りはご無沙汰な僕。ひさびさに、あの「ズシンッ」と来る衝撃を感じたくて平塚に向かった。


伊豆最高峰のマダイ釣り場、乗っ込みシーズンイン【西伊豆・土肥沖】

伊豆最高峰のマダイ釣り場、乗っ込みシーズンイン【西伊豆・土肥沖】

コマセマダイの聖地ともいわれている西伊豆土肥沖。起伏のある根周りに回遊するマダイを釣るため、船釣りにも関わらず、磯釣りのようなコマセワークでマダイを釣るのが特徴だ。大型マダイの実績も高く、ヒットしてからのやり取りの難しさから、同じ大きさの大ダイでもここ西伊豆沖で釣るとさらに釣り人の評価があがるとも言われている。


最新の投稿


チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

チャンスを逃さず本命の走水沖のビジアジを狙って釣ろう! (政信丸)

「美味しいアジが釣りたい!」という思いで、永井さんが出かけたのは走水港「政信丸」。周年、アジをメインに狙っている船宿だ。「ちょっと前よりは良くなってきましたけど、厳しい時間帯もありますから頑張ってください」と出船前に話していたのは「政信丸」の廣川政信船長だ。


日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

日本最西端、沖縄県与那国島で狙うカンパチ(フィシングモットイ)

東京から直線距離にしてはるか2000㎞。日本最西端に位置する島が、沖縄県与那国島だ。今回、この地を訪れたのは、ロッドメーカー剛樹のロッドを愛用するアングラー3名と、アドバイザーとして横浜市のフィッシングショップ「モットイ」代表の中山敏成さん。はるばる与那国島まで来たのだから、狙いは30㎏オーバーの大型カンパチ一本だ。


キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

キャストし広範囲を探ろう! 飯岡沖ひとつテンヤマダイ(梅花丸)

ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。


「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「カラスザメ」の寿司…身にこくがあり、すし飯に負けない個性がある

「伊豆に河津桜を見に行ってきました」と、友人から聞いて、「いいね!」なんて言ったのは遙か昔に。連チャンでキンメ釣りに行った釣り名人・蛸さんに本命キンメダイとカラスザメをいただいた。今度はちゃんと棘を切り取ってから皮を剥いた。こいつを煮つけて、上州は群馬県の純米酒のアテに。ほろ酔い気分で春爛漫なのだ。


グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

グルメ釣り師にオススメ! 絶品アジの釣り方&仕掛け(政信丸)

美味しい魚を釣るなら、走水沖のビシアジがオススメだ。走水沖のアジは、東京湾のなかでも絶品との評判。そして、これから暑くなるにつれて、ゲストでまじるサバも脂が乗ってとても美味しくなるのだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読