初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

冬将軍が到来してもなお、海のなかは秋。高水温が継続する西伊豆土肥沖では、カワハギが絶好調だ。アオリイカの宝庫でもあります。西伊豆で、のんびり温泉宿お泊り釣行と洒落込んでみてはいかがでしょうか。


高活性大判カワハギの強烈な引きを満喫だ、 ティップランで良型アオリイカキャッチ!

ダイワ松永直己は、小物釣り師の本領発揮。誰でも釣れる釣法を模索中。

キターッ! たまらん瞬間です。

宙の釣りで攻略しよう!

女性アングラーもゲット。

ドラグをうならせる良型アオリがヒット中。松永はひとつテンヤロッドでファイト中。

見事1kgオーバーアオリイカをキャッチ。

ケンもアオリキャッチ。激うまだった。

土肥沖のカワハギ釣りの魅力は、風光明媚の景色に囲まれながら、のんびりと釣りができること。しかも、ヒットするカワハギは大型ばかり。キモパンの個体なので、味も美味。初心者でも複雑な誘いをしなくても気軽に釣れるのだ。
この時期、忘れてはならないターゲットがアオリイカ。このエリアではどちらかといえば、陸っぱりで盛んだが、ティップランで狙うとなんと1㎏の大型がヒットしてきた。
ポイントも広範囲というので、今後西伊豆の新しい釣り物で定着することを期待したい。
さらには意外と知られていない夜タチウオも絶好調の今季。おいしい魚とイカを釣って、温泉宿でのんびりと過ごす貴方の週末はいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

関連する投稿


ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。


キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

「年明けはデイゲームではシーバスとアオリイカ、ナイトゲームではメバル、カサゴ狙いで出船していくつもりです。とくにおすすめなのが、シーバスとアオリイカのリレー乗合です」とは、「アイランドクルーズフィッシングクラブ(ICFC)」の遠藤正明船長。おすすめに従い? 同船取材をお願いしてみた。


「カワハギ」の寿司…舌に気持ちを集中させると、甘みと微かなうま味

「カワハギ」の寿司…舌に気持ちを集中させると、甘みと微かなうま味

和歌山県出身の小説家で詩人の佐藤春夫は夕餉のサンマに秋を感じ、新宮特産でみかんほどの大きさの柑橘類「さんず」を搾り食らう。ボクは肝のふくらんだカワハギに去りゆく秋を感じて、古里のならいに従い一尾丸ごとみそ汁で煮て、すだちを搾り食べる。あわれ秋風よ、今季も食べ過ぎて太り後悔するらん。冬はダイエットなのだ。


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング