MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
お手軽・簡単・お土産充実!相模湾 茅ヶ崎沖 LT五目!

お手軽・簡単・お土産充実!相模湾 茅ヶ崎沖 LT五目!

いろいろな魚が簡単に釣れて、入門者でも手軽に楽しめる!LTを使用したコマセシャクリ釣り!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目の釣果が、春に向かってグングン上昇!

perm_media 《画像ギャラリー》お手軽・簡単・お土産充実!相模湾 茅ヶ崎沖 LT五目!の画像をチェック! navigate_next

五目以上の釣果でクーラーの中は賑やか!

ポイントは茅ヶ崎沖のシンボル・烏帽子岩周りなどの根や漁礁周り。水深は30〜90mくらいまでを攻める

LT(ライトタックル)を使用したコマセシャクリ釣りで、その時期に釣れているターゲットをいろいろ手軽に釣って楽しもう! 

そんなコンセプトで、ほぼ周年、出船している茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目の釣果が、春に向かってグングン上昇。

今後もこれから旬を迎える魚たちが加わり、より一層ヒートアップしてくるとのことなので、その釣り方を紹介していこう。

五目釣りというだけあって釣れる魚の魚種は実に多彩だ。

ちなみに2月下旬の取材時に釣れた魚は、この釣りの定番となっているアジを筆頭に、メバル、サバ、ヒラメ、マトウダイ、オオモンハタ、クロダイ、アマダイ、イシダイ、ハナダイに珍しいハチビキと、五目どころか十目以上となり、お客さんのクーラーの中は賑やかになった。

「冬場はイナダが好調で、ずっとイナダ五目で出船していましてね。本来の五目に戻したのは2月に入ってからですが、今期は例年より水温が温かく魚たちの活性がすでに上がっている状態にあります。3月に入れば〝タイ〟と名が付く魚たち、マダイやヘダイ、すでにその兆しがあるイシダイやハナダイ、クロダイ。さらにイサキなどもターゲットに加わるので、お土産が一段と充実しますよ」とは、この釣りを担当する木村研二船長。

『入門者でも簡単に釣れて楽しめる』をモットーに、この釣りを始めた「沖右ヱ門丸」。

さっそく、その攻略法に入ろう!

誰もが扱えて楽しく釣れるLTを使用!

まずはタックルの紹介から始めよう。

前述した魚種をすべて釣るには、それなりの技術が必要と思う方がいるかもだが、その心配は無用と船長。

後に説明するが、基本は〝ビシをシャクって、リールを巻いて待つだけ〟。

誰にもできるこの作業を繰り返すことで、さまざまな魚が釣れるというのだ。

「このシャクリはLTを使うことで劇的に楽になり、結果、簡単に魚を釣ることができるようにもなるんですよ」。

LTとは字の通り〝軽い道具〟を意味するが、そのメリットは軽さ=操作性の向上だけでなく、感度にも直結する。

つまり誰にでも扱えてアタリも取れる画期的な道具なのだという。

「感度が上がれば、魚の引き味も強く感じます。LTを用いる釣りは、入門者や非力な女性、そして子供に適しているだけでなく、ベテラン勢が熱くなる要素もあるんです」と船長。

ロッドは、「LT用」や「ライトゲーム用」が理想的。その中から80号のオモリまで背負えるタイプをチョイスしよう。

ビシをシャクってコマセをまきながら釣るので、振り出しやすい長さ2m前後の7対3から6対4調子をオススメする。

リールは手巻きでも楽しめるが、水深90m前後を探ることもあるので小型の電動リールを推奨。

道糸はPE2~3号で挑むこと。

タックルは、ゲームロッドに小型両軸リールの組合せでOK

ビシの選択と基本となる窓調節

アミコマセを使用するLT五目。

コマセカゴは、オモリをセットするタイプのプラカゴでも、一体型のビシでも、どちらでも良い。

通常狙う水深は30~40mが中心なので40号オモリを用意しよう。

ただし、現在のようにお土産になるアジが水深90m前後で釣れているようなときは、60号(80号まであると心強い)まで用意して、水深に合わせてオモリを変えて挑もう。

なお、いろいろビシを持ってないという方には船宿のレンタルを提案する。

「今一番釣れている場所に合わせたオモリを付けているので、それで一日通せますからね。ちなみに現在は50号です」とのこと。使用オモリについては、乗船予約時に確認を取っておこう。

カゴ(ビシ)の窓調節も重要なので、ここで基本を紹介しておこう。

振り出したコマセと仕掛けを同調させて釣るのがこの釣りのキモ。

タナを探っている途中でコマセがなくならないように調整しよう。

基本は下窓全閉で、上窓を3分の1程度開けること。それで指示されたタナの範囲を2往復探って回収し、少々余っていれば理想的と覚えて状況で調整していこう。

ウイリーと空バリ併用のハイブリッド仕掛けで挑む

仕掛けは、ハリに化繊を巻いたウイリーバリと空バリ(下バリ)を併用した3本バリ仕様の全長2.8mを用いている「沖右ヱ門丸」。

「この釣りをよりお手軽にするために作った仕掛けなんですよね。今期のように水温が高い場合は、エサ取りも活性が高くエサを求めて動き出します。ウイリーを使うのは、その対応もありますが、何よりエサを付けずに済むお手軽さからなんです。入門者はいかに投入の合図と共に仕掛けをスムーズに落とせるかも重要になりますからね」と船長。

空バリを付けたのは、より五目性を高めるためとのこと。

それにはオキアミを刺して挑もう。

「エサを付けることで、ウイリーに興味を示さないときの保険にもなりますから」。

仕掛けの太さは2号と3号があるが、この時期は2号でOK。

小物類は、仕掛け図にある通りだ。

ウイリーのカラーは、相模湾に適したホワイト、ピンク、グリーンを使用。

仕掛けの太さは2号でOK(3号もある)

オキアミはシャキッとした個体の尾羽をカットして使用する

ひとシャクリ、ひと巻きに止めを入れて食わす

ここからは具体的な釣り方に入ろう。

「沖右ヱ門丸」の仕掛けは、前述の通り2.8mと入門者が扱う仕掛けとしては少々長目となる。まずはこの仕掛けを絡ませずに投入する方法を覚えよう。

やり方は上のイラストにある通りの振り込み式を推奨する。

また、底ダチの取り方も要チェックだ。現状では、この釣りとしてはかなり深場となる水深90m前後までを攻めていて、2枚潮などで糸フケが出ることが予想される。

道糸がフケた状態では、この釣りのキモとなるシャクリがシャープに行えないので、イラストを見てイメトレだ。

きちんと底ダチ取りをできるようにしておこう。

釣り方で最初に覚えたいのは、前述したコマセと仕掛けの同調法になるが、実はこれ、タックル紹介で解説した簡単な作業〝ビシをシャクって、リールを巻いて待つだけ〟でOKなので構えないこと。

「ロッドを振り上げてビシをシャクれば、ビシの上窓からフワッとコマセが出ます。その後、リールを1回転させて仕掛けを巻き上げて待てば、出したコマセの中に仕掛けがスーッと入り、同調させることができますからね」。

詳しいやり方は下のイラストを参考にしよう。

ちなみに注意点は、ビシをシャクリあげた時に一度止めを入れること。

これを行わないとコマセがしっかり出ないと覚えておこう。

通常は底から2mの位置から探りだす

船長はポイントとなる根周りや魚礁で魚探の反応を見ながら指示ダナをアナウンスするが、おおむねその指示ダナは海底から2m切った位置から5、6mまでの範囲で出すことが多い。

「仕掛けの長さを考慮した指示ダナをアナウンスしています。最初に2m切っても、仕掛けの長さは2.8mありますので、仕掛け馴染みを待って探れば底モノもしっかり狙えますからね。タナ上5~6mの指示を出すのは、ターゲットとなる魚がエサを追って、その範囲内で良く食ってくるからで、魚が浮いている場合は10mから20mと具体的に指示することもあります」とのことだ。

いずれも仕掛けの馴染みを待ったら、シャクリを開始。

前記した、ひとシャクリひと巻きに、基本となる3~5秒の止めを入れる釣り方で指示ダナの範囲を探り出そう。

慣れてくればシャクリの速度と待ち時間で魚種の釣り分けができるようになる。

参考までに最後にそのパターンを紹介しておこう。

◆イシダイ・ハナダイ・イナダ…シャープなシャクリで、1~2秒待ち。

◆アジ…ノーマルのシャクリで、2~3秒待ち。

◆イサキ…ソフトなシャクリで4~6秒待ち。

◆マダイ・クロダイ…ソフトなシャクリで6~10秒となっている。

引き味バツグンのLTでのやり取りはスリリングで楽しさも倍増する。

紹介したことを実践して爆釣を誘い、春を満喫しよう!

【相模湾・茅ヶ崎沖】LT五目 釣行レポート

基本はシャクって巻いて待つだけ! タナを探っていろいろな魚をGET!!

引き味バツグンのライトロッドを使用するこの釣り。スリリングなやり取りが楽しめます!

朝の受付で、泳がせでヒラメが好調と聞いた〝なおちん〟こと井上直美さん。後半に釣ったアジを使って見事、2.8㎏の良型を仕留めました!!

シャクリ釣りがベースも、好調に釣れる魚種がフィッシュイーターの場合は、落とし込みや泳がせもOKとのこと

アジのサイズは20㎝前後がアベレージ

季節を感じさせる春告魚のメバルも顔を出す

この日は、これから期待が持てるイシダイも顔を出した

水深80m付近では最初のシャクリでアマダイがヒット!

これぞ魚影豊富な茅ヶ崎沖の ポテンシャル!

ハチビキ/「船中8~10魚種くらいは当たり前に釣れますよ」と船長。取材日もご覧のように10目以上の多彩な魚が姿を現した

アジ!サビキ仕掛けでアジを釣るのもありだ

クロダイ

サバ

イシダイ

オオモンハタ

ハナダイ

アカタチウオ

マトウダイ

後半はマトウダイ祭りとなった

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」

欲張り派の釣り人はもちろん、入門者やビギナーにも持ってこい。

定番のアジにメバル、カサゴ、アマダイ、ヒラメ、ハタ類などを狙う相模湾・茅ヶ崎沖での五目釣りの釣果が春に向かってグングンアップしている。

「今年は例年より状況はいいですよね。魚っ気もあって、実際、お客さんのクーラーの中も賑やかになっていますから」と笑顔で状況を話してくれたのが、ほぼ周年この釣りを看板にあげる茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」の木村研二船長。

ここではLT(ライトタックル)を使用したコマセシャクリ釣りで、それらの魚を狙っている。
 
好調な要因は、いろいろな魚の活性が上がってくる春の到来と何といってもその釣法にあるという。

「タックルが軽いので、通常のシャクリ釣りより疲れず、アタリも明確に出ますからね。入門者や女性、子供でも楽しめますよ」と船長。

これを船長が指示するタナの範囲内で行えば、いろいろな魚が食ってくるのだ。

ちなみに、慣れてれくるとシャクリのバリエーションで魚を釣り分けることもできるという。
 
これからはタイと名の付く魚、ハナダイ、ヘダイ、マダイに加え、すでにその兆しがあるイシダイやクロダイ。

さらにイサキなどもターゲットに仲間入りして、お土産が一段と充実するとのこと。

さっそく出掛けて楽しもう!!

以上の記事は「つり丸」2021年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
外房・岩船~大原沖の梅雨イサキが、食い活発でいよいよ最盛期に!コマセ釣りの楽しさが満載!!みんなで数釣りを楽しもう!
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル