MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】

しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】

常磐・日立沖の青物ジギング、いよいよベストシーズンだ!! メインターゲットのワラサは、マグロの大トロにも負けない脂の乗りと味だと言う。これはもう行って釣って食うしかないのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】の画像をチェック! navigate_next

ワラサの回遊が遅れ気味だったが、11月中旬にきて、一ヵ月ほど遅れてようやく本格回遊。この様子なら12月以降は最高だろう

丸々と太ったワラサは、脂が乗って身は真っ白とか。これは釣りたい!

3~4kgサイズでも、「コレ、5~6kgあるのでは?」と錯覚するほど引きが強い。ドラグ調整やノットは完璧にしておこう。

群れで回遊しているので、誰かがヒットさせたらチャンスだ!

ブルー系のジグに来た。当日はピンク系、ゴールド系と特定の色にだけヒットするようなことはなかった。

ダブルヒット、トリプルヒットも珍しくない!

「ステイ」(シャウト!)も抜群のヒット率を誇る。ショート系の代表的ジグだ。

メインターゲットは「ワラサ」。ブリの可能性ももちろんある。ヒラマサは水温が下がってきたので今後は減少傾向に。

「メジューム」(スミス)はブリ系の魚にはとりわけ高い実績がある。当日船中一号のワラサはこのジグで!

前方に少しキャストして攻めることが有効となることもあるので、スピニングが有利。スローピッチのタックルもあるとよい。

ジグは80~200gと幅広く用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立港「日立丸」。

日立沖の青物ジギングがようやく本格化の兆しが見えてきた。このエリアも他と同様に例年より高い海水温の影響を受け、この時期のメインターゲットであるワラサの回遊が遅れ気味だった。それが11月中旬にきて、約一ヵ月遅れてようやく本格回遊してきたのだ。
「この様子なら12月以降は最高だと思います。基本的にPEラインは3号以上ですが、今年はとにかく状況がコロコロ変わりますので、いろんな状況に対応できるように準備はしっかりして来てください」と、日立港「日立丸」稲川浩延船長は話す。
稲川船長がそう力説するには理由がある。ここ日立沖で釣れるワラサが抜群においしいので、多くの多くの人たち人たちに釣ってもらいたいのだ。
「この前お客さんが釣ったワラサをもらって食べたんですけど、ブリみたいに脂が乗って真っ白で、まるでマグロの大トロ。あまりにおいしくてビックリしちゃいました!」
しっかり準備して、おいしいワラサをいっぱい釣って帰ろう!

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のシーバス五目!湾内にはターゲットがもりだくさん!シーバス、青物、タチウオ、マダイ、マゴチなどあらゆるフィッシュイーターたちを狙う五目ゲームに注目だ!
小さなジグと軽いタックルで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!取材当日は、激闘の末に90cm・6kgのヒラマサが浮上!
夏の風物詩!鹿島沖の夜ムラサキイカ釣りが開幕!ムラサキイカ&スジイカが絶好調!ライトのイカメタル釣法が超オススメだ!
テンヤにジグを組み合わせて「もっと簡単にビギナーにも釣って欲しい」と「テン巻き」を提唱する鹿島港「植田丸」。手軽に楽しく多彩な魚種と遊ぶスタイルに挑戦してみよう。
南伊豆出船で狙う、キハダのジギング&キャスティングゲームが好調。パワフルファイトを満喫して、ぜひともビッグワンを仕留めていただきたい。
最新記事
良型&激ウマ!剣崎沖のワラサが好調!剣崎間口港「利一丸」では、ワラサ&マダイ!ワラサ&テンヤタチウオなど、仕立船ならではのリレー釣りもオススメ!
相模湾のキハダが激アツゾーン突入!連日デカヒット中だ!今年も狙うぜモンスター級!カツオも依然大型食い続く!当たり年の気配プンプンだ!
東京湾でも人気爆発のテンヤタチウオ!現在のヒットパターンはシェイクからのチョイ巻き!釣れるサイズは圧巻のドラゴン級主体だ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル