MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】

しっかり準備して脂乗り乗りのワラサを絶対釣ろう!【常磐・日立沖】

常磐・日立沖の青物ジギング、いよいよベストシーズンだ!! メインターゲットのワラサは、マグロの大トロにも負けない脂の乗りと味だと言う。これはもう行って釣って食うしかないのだ。

ワラサの回遊が遅れ気味だったが、11月中旬にきて、一ヵ月ほど遅れてようやく本格回遊。この様子なら12月以降は最高だろう

丸々と太ったワラサは、脂が乗って身は真っ白とか。これは釣りたい!

3~4kgサイズでも、「コレ、5~6kgあるのでは?」と錯覚するほど引きが強い。ドラグ調整やノットは完璧にしておこう。

群れで回遊しているので、誰かがヒットさせたらチャンスだ!

ブルー系のジグに来た。当日はピンク系、ゴールド系と特定の色にだけヒットするようなことはなかった。

ダブルヒット、トリプルヒットも珍しくない!

「ステイ」(シャウト!)も抜群のヒット率を誇る。ショート系の代表的ジグだ。

メインターゲットは「ワラサ」。ブリの可能性ももちろんある。ヒラマサは水温が下がってきたので今後は減少傾向に。

「メジューム」(スミス)はブリ系の魚にはとりわけ高い実績がある。当日船中一号のワラサはこのジグで!

前方に少しキャストして攻めることが有効となることもあるので、スピニングが有利。スローピッチのタックルもあるとよい。

ジグは80~200gと幅広く用意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立港「日立丸」。

日立沖の青物ジギングがようやく本格化の兆しが見えてきた。このエリアも他と同様に例年より高い海水温の影響を受け、この時期のメインターゲットであるワラサの回遊が遅れ気味だった。それが11月中旬にきて、約一ヵ月遅れてようやく本格回遊してきたのだ。
「この様子なら12月以降は最高だと思います。基本的にPEラインは3号以上ですが、今年はとにかく状況がコロコロ変わりますので、いろんな状況に対応できるように準備はしっかりして来てください」と、日立港「日立丸」稲川浩延船長は話す。
稲川船長がそう力説するには理由がある。ここ日立沖で釣れるワラサが抜群においしいので、多くの多くの人たち人たちに釣ってもらいたいのだ。
「この前お客さんが釣ったワラサをもらって食べたんですけど、ブリみたいに脂が乗って真っ白で、まるでマグロの大トロ。あまりにおいしくてビックリしちゃいました!」
しっかり準備して、おいしいワラサをいっぱい釣って帰ろう!

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読