MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&テンヤでドラゴンハンティング!東京湾 タチウオ!

ジギング&テンヤでドラゴンハンティング!東京湾 タチウオ!

東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&テンヤでドラゴンハンティング!東京湾 タチウオ!の画像をチェック! navigate_next

東京湾のタチウオ 釣行レポート

ジギング&テンヤで迫る 冬のドラゴンハンティング!価値ある一発を狙え!

難しいからこそ 挑戦する価値がある…

ウインターシーズンのタチウオは、ジグ、テンヤとも決して簡単ではないが、いま魚を出せるテクニックは、ハイシーズンには強力な武器になる。タチウオも大型主体なので、足しげく通うファンもおおい

「この時期は、特に軟らかいロッドがいいよ」と進藤船長。掛かりもよくシビアなタチウオが嫌うジグの暴れをセーブしてくれる。「こなや」では、ジグテンヤともラインはPE1号で統一を推奨。渋いのでリーダーはフロロ8~10号の通しで1.5mがいいとか

「リールは絶対にローギアが有利だよ」と進藤船長。ただ巻きやそれに近いソフトなワンピッチジャークでジグの動きが断然安定するという

ただ巻きも多用されるこの時期のタチウオでは、センターバランスでコンパクトな上のベイスは必携だ。ソフトなワンピッチジャークでは、「こなや」独自の写真のオリカラもある下のフリートも実績が高い

接合部がカバーされたクルー/特製太刀魚アシストフックは、掛かりもよく深刻なオマツリも防止してくれる。チラシバリやワイヤーがむき出しになったフロントフックは禁止だ

船長のご厚意で試させてもらったレジットデザイン/スクアド・タチウオで一番軟調な66Lは、記者に激渋の中でも1mを釣らせてくれた

「キスエサでも釣れた!」とにっこりのテンヤファン。PE1号なら同じ船上で30、40号のテンヤとジギングが、無理なく共存できる。タチウオのアベレージは超激渋の取材日でもF5級が8割を超えていた

クルーのプロスタッフ・落合みゆきさんは、テンヤで120cm級を2本引き出した。なお、「ジグは、同じ重さでも角ばったセンター重心のフリート(右上)やベイスで食わないなら、細くて丸いものや後方重心のアサルト(右下)ようなジグにすると、動きがセーブされて渋い時に効果的だよ」とアドバイスしてくれた

クルーのフィールドスタッフ遠藤康太さんは、掛け調子のスクアド・タチウオ62MLでメーター級をキャッチ。このロッドは30・40号のテンヤにも対応してくれる

激渋でも133cmのドラゴンが浮上!

当日の船中最大は、和田さんが30号のテンヤで仕留めた133㎝。ただ巻き&ステイで50mのタナで食ってきた。繊細な「こなや」のスタイルにひかれて東京湾にやってきたそうだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦「こなや」

「この時期のタチウオを釣ることが出来る人なら、年間を通じてどんな状況でも釣果だせますよ」とは長浦「こなや」の進藤通孝船長。

いまやフルシーズンの釣り物になって久しい東京湾のタチウオだが、この時期は、もっとも気難しいタチウオを相手にすることになる。

それはジギングだけでなくエサを使うテンヤでも同じだという。

その一方で非常に魅力的なのは、掛かれば大型が揃うこと。

進藤船長をしても「最低最悪」という取材日の状況下でも、掛かるタチウオは指5本のメーター超が8割で、テンヤの釣果だが、120㎝が2本、船中最大は133㎝が出た。

このほかにドラゴン級と思われるバラシが3発あったので、挑戦者が途切れないのも納得だ。

なお、ジギングで注意したいのは、冬(および最盛期の激渋時)特有の“フィネス”なパターン。

「盛期のイメージが抜けない人ほど、鋭く綺麗にジャークしすぎてタチウオに嫌われてしまいます。ただ巻きかそれに近いソフトなワンピッチを心掛けたいですね。リールもローギアで、ロッドは軟らかいものが有利だよ」と進藤船長は力説する。

これを忘れずに、冬のドラゴンハンティングに挑戦してみよう。

以上の記事は「つり丸」2021年4月1日号の掲載記事です。

関連記事
今年も相模湾のマダコが開幕する!人気の餌木でも、テンヤでも狙える!今シーズンの「正一丸」では餌木にも力を入れていく!!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル