MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは開幕からず〜っと絶好調!【鹿島沖】

爆発的な釣れっぷりという言葉がぴったりなのが今年の鹿島沖のヒラメだ。11月1日、鹿島沖の一部エリアが解禁し、それ以来どこの船宿もトップ15枚前後の釣果を出している。ボウズはなし、貸竿の初心者が5、6枚釣ることも珍しくないという。

エサ切れ後にも、死んだイワシに食ってくるほどの活性の高さ、足元のタルはヒラメで溢れんばかりだ

11月1日の部分解禁から絶好調で釣れている鹿島沖のヒラメ。連日トップ15枚前後!?という大漁続きだ。

1〜2㎏前後主体に3㎏、4㎏クラスも数まじっている。

「今夜は刺身に熱燗で一杯行くか」。

脂が乗って食味もバツグン。数釣れている今なら、エンガワのたっぷり食べられる。

この日は最大2.2㎏までだったが、大型もコンスタントに上がっている。5㎏オーバーも期待十分。

この日の釣果は7〜20枚。9人中8人がツ抜けという、ヒラメ釣りとは思えないような結果に。

アタリ連発、船長と仲乗りさんがタモいれに大忙しだった。

死んだイワシも取っておいて、エサが無くなったら使ってみよう。コレでも釣れます!

アタリが多すぎて、エサの消耗も激しい。エサは大事に使おう。

船上は、そりゃ〜もう大騒ぎ! パーティーだぜ!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「大栄丸」。

11月の部分解禁以来、鹿島沖のヒラメの釣れっぷりは衰えることがなく、鹿島新港の「大栄丸」では、連日の大漁が続いている。
例年解禁直後は好調の報が聞かれる鹿島沖だが、今年はとりわけすごいことになっている。「大栄丸」ではトップ連日15枚前後、初日の4㎏をはじめ、型物も上がっている。取材日もヒラメの食いは抜群、流し替えのたびに竿が絞り込まれ、大川敬三船長と仲乗りさんの2人はタモ入れで大忙しだ。
この日の釣果は7〜20枚、なんと9人中8人がツ抜けするという従来のヒラメ釣りでは考えられないような数が出た。エサ切れ後にも、死んだイワシに食ってくるほどの活性の高さで、みなの足元のタルはヒラメで溢れんばかりだ。
「大栄丸」の大川船長は口数こそ少ないが、漁師経験豊富でヒラメポイントも知り尽くしている。もし自分だけ釣れなかったら、遠慮なく理由を尋ねてみよう。釣況に合わせて的確なアドバイスがもらえるだろう。
12月1日からは茨城のその他エリアも解禁となり、これまで手付かずだったポイントも攻めることができる。
例年なら11月は数釣り、12月は型狙いという傾向があるが、今年の豊かな魚影ならば12月は型はもちろん、数釣りも期待できそうだ。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新記事
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
ジグに装着するだけで簡単にサビキ釣りができるジグ専用サビキ「快適ジギングサビキ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読