MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、アカカマスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、アカカマスという魚を知ろう!

アカカマはススズキ目カマス科カマス属。北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、アカカマスという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

アカカマス(スズキ目カマス科カマス属)の生態

網で獲れると安いけど、釣り物は高級魚!

北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。

比較的浅場をエサになる小魚を追いかけているので、口が大きく、歯が鋭い。
 
本種が「赤」なのは昔、アオカマスという標準和名の魚がいたためではないかと思っている。

この魚、日本が台湾や南洋の島々を統治していたときに和名がついた。

第二次世界大戦後に和名は消えて、今、英名をブラックフィン・バラクーダという。

日本各地で「くろかます」と呼ばれている魚もいる。

こちらは比較的浅場で釣れるヤマトカマスのことだ。

アカカマスの標準和名をつけた魚類学の父、田中茂穂は当時、赤・黒・青の色分けでの和名提唱がしたかったのだと思う。

神奈川県小田原では「ねいらがます」、東京都内では「本がます」だ。

アカカマスの値段は?

本種の値段は複雑で難しい。扱い次第なのだ。

巻き網で大量にとれるものはとても安く。

定置網や刺し網、釣りなどで揚がるものは高い。

特に釣りもので活け締めにしたものは、1㎏あたり卸値で3000円以上になる。

やや大型の400gサイズで卸値1尾1200円くらいになる。

ハリス切れで逃がすと、大損ですよ、と言いたい。

アカカマスの寿司…釣ってすぐ丁寧に締めたアカカマスのウマイこと!

そーっと『市場寿司』ののれんをくぐったら「今日もまたハタだろう」って。

確かにその日、ボクが持参したのは広島県産のキジハタだ。

「どうしてハタってわかった?」

「最近、ハタばっかじゃん」
 
前の週には、ヒトミハタが送られてきた。

そしてこの日の前々日にも、スジアラが我が故郷徳島からきた。

魚貝類のことを調べてはいるが、さすがに面倒くさいので、たかさんに丸投げ、握りで食べ、刺身で軽く酒を飲み、ただただ楽しんだ。
 
この日のキジハタは、広島県倉橋島沖の完全ふかせ釣り(ハリをつけただけのシンプルな仕掛け)にきたものだ。

マダイの伝統釣法だが、本命よりも「あこう(キジハタ)」の方が、人気は高いらしい。

「コロナで大変でしょ」と、釣り宿を営んでいる漁師さんが、カキの塩辛と一緒に送ってくれたのだ。
 
仕事仕事の毎日なので、こんな慈悲深い贈り物がうれしい。

昼下がりの『市場寿司』で、キジハタの握りずしで腹をなだめ、お客が来たので刺身を造ってもらい、外に退散した。
 
お隣の公園は花盛り。

ボクが腰掛けているテラス席(?)にも、花びらがひらりと飛んでくる。

ノンアルビールをやっていたら。市場の釣り名人、クマゴロウが通りかかった。

「今週から釣り物かえっからね」

「今週じゃないでしょ」

「なぬ?」

「日曜日は来週だって」と言ったら「バカヤロウ」と言われた。

この週の水曜日は茅ヶ崎でマアジをたっぷり釣ってきた。

日曜日にはLT五目に行くらしいが、LTってなんだろう。

今年もクマゴロウは絶好調みたいだ。

ボクも東京湾本牧沖でマアジを大爆釣している。

考えてみると、ボクは釣りの天才だったのだ。今度一緒に釣りに行こう!
 
勝手に盛り上がっていたら、たかさんが小皿を手に、テラス席のテーブルにやって来た。

中には少し白濁した刺身が数きれ入っていた。
 
食べなくても正体はわかる。

うまいに決まっていると思いながら口に入れて、思った以上のうまさにビックリ仰天した。

しかも鮮度落ちの早い魚なのに、食感が心地よい。
 
密を避けて、客が引けてから店に入って、そやつをつけてもらった。

ネタが舌に当たった途端、脂の溶けるときに感じられる甘味がきた。

うま味が豊かで、すし飯と一体化した後にすっと喉を通り過ぎる。

通り過ぎたら、また手が伸びる。
 
数億円の、大間のマグロが裸足で逃げ出すほどのうまさだ。

「どう、うまいだろう」
 
年明けからハタずくめ、時々フエダイ科で、どちらかというと南方系の白身ばかりだったのだ。
 
そこに久しぶりに大きな括りではあるが、サバの仲間のアカカマスを食べて、頭に溜まった重いしこりが取れたような、そんな気がした。

「たかさん、これどこで?」

「Iさんだよ」
 
たかさんの親戚筋で、精密機器メーカーの技師だった人だ。

「いつも静かにおまかせを食べていく人だよね。釣り師だったんだ」

「元エンジニアだからさ、特種な道具作って血抜きしてるんだってさ」
 
釣れた魚をつけて欲しいと、ときどき持ってくるらしい。
 
相模湾に通っているということは、深場のアカカマスだ。

地味な釣りだけど、面白いらしい。

「小田原で、朝どれのカマスの刺身は何度も食べているけど、これは昨日釣ったヤツだよね」

「几帳面な人だからね。どんな魚もちゃんと締めて、ていねいに一本ずつ袋に入れて持って来るんだ」
 
結局、残っていた一本は丸々全部ボクの胃袋に納まった。

「カマスの夢を見てしまいそう」

以上の記事は「つり丸」2021年4月15日号の掲載記事です。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

関連記事
乗っ込み期は思わぬ大型も食ってくるマダイ釣り。大ダイのさばきかたを紹介します!
冬が旬、2月、3月の低水温期はとくに脂が乗って美味しいヒラメ。そのさばき方を動画で解説します! 
人気の沖釣りターゲットであり、一般的にも高級魚として人気の高いキンメダイのさばき方を動画で解説します!
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル