MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。

perm_media 《画像ギャラリー》これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】の画像をチェック! navigate_next

今の状況ならば、ヒラメを船中40枚、フグがトップ40匹くらい期待できる日もある

この日は、八王子市の「ぐうちょきぱぁ」というお店のスタッフとお客さんで作る釣り会の仕立船で出船。朝イチにヒラメを釣った柚井英子さん。

この日は珍しく食い渋る日になってしまったが、みなさん食べ頃のヒラメをゲット。

後半に良型ショウサイフグをあげたのは、店主の柚井泰人さん。

この日、みなさんの仲間に入れてもらった齋藤絵理チャンもしっかりとヒラメをゲット。

みなさん、良型のフグに大満足。

ヒラメ、ショウイフグともポイントが近い今、リレー釣りがオススメだという。

ポイントは太東沖がメイン。ヒラメねらいの船よりも灘寄りがフグのポイントだ。移動時間が少ないのでどちらも釣り時間はたっぷりだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松栄丸」。

今シーズン、大原沖に限ったことではないが、ヒラメが絶好調なのは誰もが知るところだ。そして、大原沖のショウサイフグも連日のように制限匹数を記録する好調ぶりだ。どちらも絶好調なのは、おそらくみんな知っているだろうけれど、その二つを一緒に狙えるリレー釣りがあるのをご存じだろうか? あったらいいな、なんて思いませんでした? それがあるんですな。
「ヒラメは2、3枚はイケるかな。フグは20〜30匹釣れればいいや」
そんなにうまくいくかいな? などとあまりネガティブになる必要はありません。だいたい釣れるはずです。そうしてですね、帰宅後にヒラメとフグの薄造りを辛口の純米酒あたりでキュっとやって、続いてふぐちりですよ。じわじわと身体に染みこむアルコールとしあわせ感。ちょっと朝早かったけど、今日釣りに行って良かったな、などと至福の時に浸れるわけであります。
「今、ヒラメとショウサイフグの釣れているポイントが近いんですよ。だからリレー釣りがオススメなんです。今の状況だと、ヒラメを船中40枚、フグがトップ40匹ぐらい期待できる日もあると思いますよ」とは、大原港「松栄丸」の中井順一船長。
記録的な好調な年だからこそ、成立するこのリレー釣り。間違いなく今、おすすめの釣りであります。

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル