MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み開幕!爆釣タイラバゲーム!目指せ大ダイ!外房 川津沖

乗っ込み開幕!爆釣タイラバゲーム!目指せ大ダイ!外房 川津沖

関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込み開幕!爆釣タイラバゲーム!目指せ大ダイ!外房 川津沖の画像をチェック! navigate_next

【外房・川津沖】タイラバゲーム 釣行レポート

関東屈指の大ダイ場で乗っ込みマダイが開幕だ!目指せナナマルオーバー!

水深40~60mエリアの「ノーマル」用に手巻きタックル。80~100mの「ディープ」用小型電動タックル。浅場で遊べるSLJのスピニングタックルもあれば万全だ

とみ丸 オリジナルタイラバ

これが大ダイを強く意識したとみ丸のオリジナルタイラバ。実績も十分で、フルレンタルのビギナーに、たびたび大ダイを釣らせてきた一品。ロストしなければ、船上で無料のレンタルも可能だ

強風と速潮に泣いた午前船で気を吐いたのは、陶山さん。ハヤブサの新作ヘッド&予備リールに巻いた0.8号のラインが功を奏した技ありの1枚だった

野性的で美形のマダイが揃う勝浦沖。大ダイが水面を朱に染めて割る瞬間は、何度見ても息をのむほど美しい

午前船からの連投で、午後船にて800~1㎏をすでに3枚のマダイをキャッチしていた星さんは、その後に続いた2枚の50㎝超を「おかずはもう十分ですから(笑)」とエア抜き後にリリース。この姿勢は見習いたい

当日最大は全長75cmのビッグワン!

常連のYさん(匿名希望)がキャッチした当日最大は全長75㎝。乗った瞬間50m超のビッグランをみせた。トリヤマを見て「底から20巻き」の中層を攻めてのバイトだった

とみ丸のレンタルタックルは釣れる!午前船では、初挑戦の中濱さんに初マダイ。

午後船では私に57㎝を釣らせてくれた(喜び過ぎでスイマセン)

反応をとらえた 劇的なダブルヒット!

上潮で瀬周りを狙った午後船では船長の読みがズバリ的中。

探見丸CVが大ダイの群れをとらえた瞬間、ほぼ同時に胴の間とトモでダブルヒット。獲物はいずれも50㎝台後半のグッドサイズ。取材日のフィナーレを飾った。これを祝して、この2枚はともにリリース

午後船の竿頭となった星さんは、終日、終日エコギアアクアのストレート系タイラバワームを併用。2枚の50㎝超を含む5枚をキャッチ。「やっぱり匂いが効くようですね(笑)」

ヘビーローテでとみ丸に通う常連さんのユニットBOXを拝見すると、オレンジゼブラのネクタイが多数。オリジナルタイラバにならったセレクトで、通年このカラーが一番安定しているそうだ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦川津港「とみ丸」

「来た! デカいです」。

叩きつけるような雨と強風のなか、常連Yさん(匿名希望)のリールから唸りをあげてラインが出る。

その距離は50mをこえた。一進一退の後に浮上したのは全長75㎝。

プレシーズンにしては、十分すぎる獲物だった。

「冬が本当にダメで、どうなるかと思ったけど、今日の釣りでようやく春が来た感じですよ(笑)」とは吉清紘生(ヒロミ)船長。

取材日は、午前船こそ強風と速潮に泣いたが(それでも大ダイ? のバラシがあり)、上潮に変わる午後は、潮が緩むと見た船長は、船を40~60mの瀬周りに回す。

これが的中し船中4人で75㎝を頭に50㎝超が5枚、トップは5枚の大戦果となった。

「毎年、4月ぐらいから、釣りやすい浅場で乗っ込みが始まります。タイラバ入門のチャンスですよ」と船長。

「とみ丸」では、専用タックル&探見丸CVアキフィッシュ、そのうえオリジナルタイラバまで無料レンタルが可能。

身一つで大ダイに挑戦できるのだ。

なお、ヘッドは、浅場でも速潮があり得るので、150gを中心に200gの出番も結構ある。

「ちょっと高いけどタングステンのヘッドは、底をとれる回数が増えるので、チャンスが広がりますよ」と船長。

ぜひ、関東屈指の大ダイ場で、夢の大ダイを狙ってみよう!

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル