MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒流系ヤリイカ浅場に続々乗っ込み中!茨城・波崎沖

寒流系ヤリイカ浅場に続々乗っ込み中!茨城・波崎沖

年明けから開幕した茨城県海域のヤリイカ。春が近づくにつれ、ポイントの水深は100mを切って水深50~70mに!浅場で楽しめる寒流系ヤリイカ!春の爆乗りシーズンを体感してみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》寒流系ヤリイカ浅場に続々乗っ込み中!茨城・波崎沖の画像をチェック! navigate_next

ポイントの水深は50~70mの浅場、寒流系ヤリイカ浅場に続々乗っ込み中!楽に釣ってさらに美味しく食べよう!

新群れぞくぞく集結中

3月半ばで水深60~70m台 4月はさらに浅くなる

今期も寒流形のヤリイカが年明けから波崎沖水深150m前後のカンネコ根から開幕。

シーズン初期は50㎝以上で身厚のジャンボサイズばかり釣れるのが特徴だが、シーズンが進むにつれ、ポイントは少しずつ灘(陸)よりになっていくのが例年のパターン。

3月半ばには水深60~70mになっていた。

4月になるとさらに浅くなり水深50m前後でも釣れるようになる。

水深が浅くなることでヤリイカ釣りはさまざまなメリットができる。

最大の魅力は釣りが楽になること。

浅いので手返しも早くなり数釣りも容易になる。

さらには船長の許可が必要だが、LTで楽しむこともできる。

日本海や九州でメジャー釣法となっているメタルスッテ釣法も十分可能になるのだ。

ノーマルタックルは水深が浅くてもオモリは150号のまま

さて、タックルだが、開幕当初がオモリ150号スタートであったこととアカムツタックルがそのまま流用可能なことから、波崎~鹿島周辺の船宿は、使用オモリを150号に統一している。

水深が浅いのでもっと軽いオモリを使いたい人もいると思うが、前述のタックルの流用のほか、オモリが重いことでメリットもある。

それは、「春はとくに反応を見つけて追っかけアジのように釣ることが多くなります。だから、重めのオモリを使えば確実にその反応に乗せることができます。また、サバもいますからね。サバ避けにもなるし、オマツリ軽減にもなります」とは、ヤリイカ釣りを得意とする波崎「信栄丸」の高野宏之船長。

とはいえ、どうしてもLTやメタルスッテで釣りたい人は事前に船長に相談しよう。

釣り座によってはオマツリなく楽しめるからだ。

船宿によっては常時ウエルカムのところもある

使用ツノは11㎝プラヅノ 5本からまずはスタート

浅場のヤリイカ釣りでも通常の水深(100~200m)の仕掛けは変わらない。

つまり、11㎝のプラヅノでOK。

さまざまな形のものがあるが、基本的にはなんでもOKだ。

水深が浅いので澄み潮系のカラーが有効なことも多い。

つまり、薄目のカラー(淡い色)が有効であることが多い。

カンナはシングルが主流だが、ダブルカンナでもOK。

ただし、オマツリ時に容易にほどきたいなら、シングルカンナのみにしよう。

気になるイカサビキのツノ数だが、5本ヅノからスタートすることをオススメする。

サバがいるかいないかは、その日そのときになってみないとわからない。

ツノ数が多いとすぐにサバの餌食となってオマツリ必至となるので、まずは5本ヅノで様子をみていないようならツノ数を増やしてみよう。

ツノの扱いに慣れない人は、けしてツノ数は増やさないほうがいい。

手返しが遅くなり結果として釣果が悪くなるからだ。

波崎沖ではとくにコレといった当たりツノはなく、11㎝のプラヅノならほとんどのものが使える

コマセヅノはケンサキイカ用のものも活用可能

探る範囲は、ボトムから約10m 必ず底から5mは探る

反応直撃型の釣りなので、潮上り後、最初の仕掛け投入時はほとんどの場合、オモリの着底と同時にイカが乗っていることが多い。

ヤリイカはスルメと異なり、激しい動きにはあまり反応しないのでイカが乗ったあとは静かなロッド操作をこころがけよう。

1ハイ乗ったら必ず“追い乗り”を期待する。

アタリを確認したら一呼吸おいてゆっくりと巻き上げに入る。

デッドスローで5~10mほど巻き上げてから電動のスイッチをオンにしてやり取り開始だ。

着底直後にイカが乗らない場合は竿の長さ分だけゆっくりと聞き上げ、竿の頂点でしばらく静止させ、アタリがなければ、竿をもどし再び底ダチをとる。

そこからは1mきざみで底から5~10m誘い上げよう。

ヤリイカはボトム付近に群れることが多いので最低でも底から5mは誘うことが大事。

この誘い動作時は必ず、誘い上げのあとの止め(静止)を入れることがカギだ。

誘い上げ動作を終えたらすぐに底ダチを取り直さず、そこから10m巻き上げてから、底ダチを取り直す。

いわゆる巻き落としの誘いだ。

これを毎回、やることによって、着乗り確率がぐっと上がるのでやってみよう。

爆乗りもよくある春の波崎沖だが、手返しを早くするのは取り込みをいかに丁寧にやるかで決まると言っても過言ではない。

取り込みは慌てずに! 1本ずつ丁寧にツノを回収しよう

スムーズにイカを取り込むイカ名人の真似はなかなかできない。

慣れない人は、ゆっくりでいいので、ツノを1本づつ丁寧に回収することを心がけよう。

イカ投入機の使用は必須だが、取り込み中にツノをつかんだらそれを必ず、投入機のスポンジなどにカンナを引っ掛けよう。

向きはどちらでもよいが、必ず順番に掛けていく。

イカが乗っているときは、釣り座に並べていこう。

このようにしてすべてを取り込んでから、イカをカンナから外して生け簀のなかへ。

外したツノは順番とおり、投入機のスポンジへ掛ける。

すべてのツノが揃ったら、丁寧にツノをイカ投入器の中へ入れる。

準備が整ったところで、オモリを再投入する。

一見、まどろっこしいことをしているように思えるが、この基本的の動作を確実にすることによって、手前マツリが激減し、結果として手返しが早くなるのだ。

釣ったヤリイカをさらにおいしく食べる方法とは!?

浅場でよりカンタンにヤリイカを釣りあげたら、次の楽しみは食だ。

ヤリイカはひと手間加えただけで各段に美味しくなる。

ここではその方法をまとめてみたので、ぜひやってみてほしい。

その1 干す 

いわゆる船上干しだ。

ある程度数まとまったところでイカを開き、内臓と目玉を海水で洗い流し、2本の竹串を使って船上干しをしよう。

自宅に帰ってから干してもよい。

その2 沖漬け

さまざまな沖漬け法があるが、「信栄丸」高野船長おすすめの方法を紹介する。

まず材料に昆布つゆ(1L)1本、にんにくスライスチップ、鷹の爪、傘袋を用意。

傘袋のなかに昆布つゆを袋の3分の1程度と好みの量のにんにくチップと鷹の爪を入れる。

それに海水を吐き出したヤリイカを1~3ハイ(大きさによる)入れる。

イカが入った袋をもう一枚の袋に入れて二重にして空気を中に吹き込んで口をふさぐ。

これを横にして置くことでイカがつゆをしっかり吸ってくれる。

食べ方は、冷凍にしてルイベや刺身、丸焼きがおすすめ。

その3 締めてから専用トレイに入れて持ち帰る

いま流行りのイカの持ち帰り方法だ。

専用のトレイを用意して、イカを締めてからトレイに並べクーラーのなかへ入れて持ち帰る。

見た目が最高にいいのでイカを配るときに喜ばれる。

その4 生かして持ち帰ろう

専用の袋があれば、誰にでもカンタンにイカを生かして持ち帰ることが可能だ。

この袋の使用時のコツは、海水を入れすぎないことと、イカは袋に1ハイにすること。

海水は袋の3分の1で十分。

イカを袋に入れたら空気を入れしっかりと締める。

持ち帰りは袋を横にして氷の上に乗せておくだけでOK。

自宅でヤリイカの活き造りができる。

【茨城・波崎沖】 浅場で楽しむ寒流系ヤリイカ 釣行レポート

なんとポイントの水深は 100mを切って水深50~70m

ポイントの水深は70m前後だった。4月はもっと浅くなる

誘いダナの基本はボトムだが、少なくとも海底から10mの範囲は探ろう

水面まで元気なヤリイカ。ここで墨をはくことは少ない

ジャンボ級の3点掛け達成!浅場ででも大型が乗る

6本ヅノの6ハイというパーフェクトも珍しくない

ツノは好みでよい。サビキの真ん中あたりに浮きスッテなどのコマセヅノを入れると釣果アップする

多点掛けの醍醐味を味わおう!

取り込みはゆっくりと落ち着いて行う

3点掛け!

取り込みはゆっくりと落ち着いて行う

イカのサイズは小ぶりも多いがこのように多点掛けはカンタンだ

乗りがよいとオモリがボトムに到達するとすぐに乗る

3点掛けはザラ。6点掛けもあったという

4点掛け!

4点掛け達成。ベイトがイワシだとプラヅノによく乗る傾向がある

6点掛け達成!!

6点掛け成功! この日の最高は7点掛けという

単発はジャンボが主流!

手返しがよいベテラン組は60ハイ超え達成

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「信栄丸」

年明けから開幕した茨城県海域のヤリイカ。

スタートこそ水深150m台だったが、春が近づくにつれポイントは浅くなり続け、3月半ばには水深70m台までになった。

例年ゴールデンウイークころまで楽しめるこの海域だが、4月になるとポイントの水深はさらに浅くなり水深50m前後で楽しめるようになる。

これが茨城海域、つまり寒流系ヤリイカの特徴だ。
 
今年2月3月は釣果に日ムラがあったのは確かだが、産卵を前にして大集結する習性のあるヤリイカは4月には浅場で大爆釣することもザラだ。

「3月半ばになってようやくヤリイカの群れが固まり始めたって感じですかね。漁船の情報はよいので今期も例年どおり4月には浅場で楽しめそうですよ」とは、ヤリイカ釣りを得意とする波崎「信栄丸」も高野宏之船長。

イカの反応さえとらえることができれば、浅場でカンタンに多点掛けができるという。

「ポイントは北の鹿島沖から神栖沖、真沖の波崎沖まで広範囲。たぶん、これからは神栖沖から真沖のポイントが主戦場になると思います」と高野船長。
 
このようにポイントも近くなりしかも水深は浅くなることでますます、お手軽度が増すのでベテラン組の数釣りはむろん、ビギナーのイカ釣り入門にもピッタリ。

春の爆乗りシーズンを逃さず体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2021年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル