MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
自由に多彩に仕立船!エビメバル・イサキリレー!内房 富浦沖

自由に多彩に仕立船!エビメバル・イサキリレー!内房 富浦沖

今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!

perm_media 《画像ギャラリー》自由に多彩に仕立船!エビメバル・イサキリレー!内房 富浦沖の画像をチェック! navigate_next

リレーで自由に・多彩に楽しめる仕立船。急遽狙いを変えて思わぬ大物が浮上!!

今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。

少人数での仕立てが可能な船宿で格安な料金設定もさることながら、近場で根魚からコマセ釣り、アマダイやオニカサゴに中深場釣りまでと、メニュー豊富な釣り物が人気の船宿でもある。

今回は藤本さんと下田さんお二人の仕立てに便乗する形で出船した。

まずはエビメバル。エサは各自持参が基本

この日の釣り物はエビメバルからイサキへのリレー釣り。

まだ辺りが暗いうちに出船し、10分ほど走った大房岬の磯際で釣り開始となった。

エサはモエビ。

ちなみに基本的に「酒井丸」ではエサは各自持参することになっており、今回私はお二人におすそ分けしていただいての釣りである。
 
モエビの尾羽を切り、切り口からハリを刺し入れ、二節くらいでハリ先を抜く。

考えてみるとエビメバルは随分と久々だ。

しかし富浦のメバルはこんな間の空いた不義理な釣り人にも優しい。

一投目からいきなりキュキュキューン! と軟調メバル竿を引き絞ってくれる。

上がって来たのは25㎝近い良型で、上のハリに食ってきた。
 
藤本さん下田さんもカサゴまじりに良型メバルを釣っている。

ただ1、2匹釣るとあとが続かない。

「潮が全く流れない」とのことで、ポイントに入ってすぐに釣れる以外はアタリが間遠くなる。

それでも釣れるのはイワシメバルで狙うような良型ばかり。

尺近い大型も出て場荒れしていない釣り場を実感する。
 
私的には満足の行く釣れ具合なのだが、船長は不満な様子。

完全に夜が明け辺りが明るくなると、よけいにアタリが遠くなり「イサキのお土産釣りに行きましょう。ちゃちゃっと30ばかり釣ってからまたのんびりメバルやりましょうよ~」と船長からの提案で移動となる。

お土産確実なイサキだが この日は食い渋り…

イサキ釣り場も近い。10分足らず走った所で「タナ40m」のアナウンスが出る。

富浦のイサキ釣りは、アミコマセで付けエサは小さく切ったイカやバイオベイト、の南房と同じスタイル。

こちらも一投目からキュキュン! ときて、まずはウリンボの親分級と小型ながら好スタートだ。

ただこの場所も潮が流れず、トリプルで上がることもあるが、その後急いで下ろした仕掛けには全くアタらず、といった具合で食い気のムラが激しい。

置き竿ではほとんどアタらず、誘って誘ってようやくアタる、と言った感じ。

これはこれで楽しいのだが…。

思わぬ大型登場に 富浦の海の豊かさを実感

こんな時には型もイマイチ。

27㎝ぐらいの旨そうな良型も上がるが、相変わらずウリンボの親分級も多い。

「小さいヤツはショウガとニンニク入れて味噌で叩くと旨いよ」と船長。

房州名物ナメロウに思わず舌なめずりだが、こんな食いっぷりに船長は全く納得が行かないようで「これじゃあ仕方がないからまたメバルに戻りましょう」となる。
 
朝のメバルポイントへ戻るが、相変わらず潮は流れず食いも渋い。

さぁてどうしましょう?

「ならアマダイやろうよ。それでダメだったら今日は諦めるよ」と下田さんからの提案。

「じゃあ行ってみようか。仕掛けはアマダイ用がなければ、イサキ仕掛けのままでガン玉打てばいいよ」と船長も応じて沖目へと船を走らせた。
 
アマダイ釣り場も近く、水深85mからスタートした。

「そろそろシーズンも終盤だからどうかなー?」と不安そうな船長だが、あにはからんや一投目からアタリが出る。

下田さんはムシガレイだったが藤本さんは小型ながら本命のアマダイだ。

その後も小型のキダイまじりでムシガレイやアマダイがポツポツと上がる。

相変わらず潮はあまり流れないが、沖目の分多少は良いようで、アタリが多く面白い。
 
そうこうしているうちに藤本さんの竿が大きく曲がる。

ただあまり鋭い引きはなく、船長は「サメかエイかな?」で本人も「そうみたい」とテンションは低め。

それでも「顔を見るまでは」と慎重なやり取りを続けることしばし。

仕掛けを手繰ると海中からは、泡と一緒に青みがかった白っぽい魚体がゆらりと浮上。

アマダイだ!しかもデカイ!

下田さんのタモに無事収まったのは50㎝ジャストの特大サイズだった。
 
全体には食い渋りの一日だったが、富浦沖の豊かな海を十分に感じることができた。

そして最後のアマダイは、釣り人の希望で釣り物を臨機応変に変えられる少人数での仕立船ならではの釣果で、その魅力も十二分に伝わった。

「酒井丸」では今後イサキと乗っ込みマダイを中心に、釣り人希望の各種釣り物で出船していくとのこと。

4月初旬には本格的な春の訪れ、仕立て日和の日々が続くことだろう。

【内房・富浦沖】エビメバル・イサキリレー!釣行レポート

富浦沖で仕立船!エビメバル&イサキのはずが… アマダイも狙って50㎝!?

まずは朝イチにエビメバル狙い

エビメバルではカサゴも主役級で大型も出る

仕立船で富浦沖のエビメバルとイサキのリレー釣り。メバルは大型好調!

富浦沖では尺メバルも夢じゃない

急遽狙うことになったアマダイだが、なんと50cmの大物が浮上!

この日絶不調だったイサキだが、その後は復調。リレーならどれかひとつが不調でもお土産は十分

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「酒井丸」

内房富浦の「酒井丸」は少人数での仕立てが可能な船宿。

料金は1人2万円で1人増えるごとに3千円。つまり4人集まれば7千円少々でのんびり気ままな大名釣りが味わえるのだ。
 
釣り物は「これからの季節はイサキとマダイが狙い目になりますね。他はメバルやカサゴの根魚、アマダイ、オニカサゴ、中深場釣りとお客さんの希望でなんでも。釣り場はどこも近いからリレー釣りもOKで、そういうお客さんが多いですよ」と酒井隆船長。
 
また「富浦の内湾のイサキは味がいいから食べてみてよ」と魚種豊富なだけでなく食味にも自慢の海である。
 
取材日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船。

朝イチのエビメバルでは尺メバルこそ出なかったが、イワシエサで狙うような良型が軟調竿を気持ちよく曲げてくれた。

「普段なら短時間で20~30匹のお土産釣り」というイサキが、潮が流れず想定外の不調。

「じゃあアマダイやろうよ」との釣り人のリクエストに応えたところ、50㎝ジャストの特大アマダイが飛び出した。

こんなことは近場に優良ポイントを多く持つ富浦沖、そして機動力のある少人数での仕立船だからこその芸当で、まさに「酒井丸」の本領発揮という一日だった。

もうすぐ春も本番。

仕立て船で、のんびり気ままに釣りを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2021年4月15日号の掲載記事です。

関連記事
今年も相模湾のマダコが開幕する!人気の餌木でも、テンヤでも狙える!今シーズンの「正一丸」では餌木にも力を入れていく!!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
「つり丸・3月15日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された茨城・鹿島沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル