MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
勝浦沖のイサキ好調!! 50匹の定数達成続出中! 味も最高!【勝浦沖】

勝浦沖のイサキ好調!! 50匹の定数達成続出中! 味も最高!【勝浦沖】

勝浦沖のイサキが絶好調だ。イサキは旨い。べらぼうに美味い。本当にウマイ。塩焼きや刺身も最高だが、「水なます」が最強だ。オススメです。

刺身も旨いイサキだが、オススメはズバリ「水なます」

食いが立つと良型連発! イサキは考えて釣るから面白い。

狙ってトリプルは気持ちいい!

良型にマダイやハタなどもまじった。

好調とあってイサキ船は大盛況だ。

朝イチから良型が次々と取り込まれた。

イサキはキュンキュンキューンと独特の引き味が楽しい。

アミコマセの釣りで、付けエサはイカタン。

11月に入り、イサキの禁漁期間が解けた勝浦川津沖。初日から連日、制限尾数の50匹に達する人が続出し、好調な滑り出しを見せている。川津沖の魚影の濃さに加え、深くても25mという浅ダナによる手返しの良さと、港から10分とポイントが至近距離であることもこの好釣果の要因だろう。
ビギナーも数釣りが楽しめるこの釣りは、その一方で探究心を煽られ、ベテランがハマる釣り物でもある。川津沖で釣れているイサキは、30㎝がアベレージサイズで、取材日の最大サイズも35㎝と型も良かった。さらにはマダイやハナダイ、マハタもまじった。
イサキ料理の代表格は塩焼き。これはもはや筆舌に尽くしがたい旨さだ。さらにお刺身も旨いイサキだが、オススメはズバリ「水なます」。水に溶いた味噌とイサキの刺身、これに加えた大葉とミョウガの醸し出すハーモニーはまさに秀逸。本来は夏場にオススメすべき料理法だが、ちょっとくらい寒くたって食べたくなる一品だ。
コタツでアイスクリームもたしかに旨いが、釣り人なら「コタツでイサキの水なます」でどうだ!?

以上の記事は「つり丸」2012年12月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連するキーワード
関連記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
最新記事
アルファタックルのテル岡本氏・柳沢テル氏来店 玉屋つり具店「春の一大事!」4月18日、19日開催
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読